ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

健忘録的なアレ。美形アクター編Part1

アクター編その1

 

いまにもくたばりそうなPCの中で、肥やしになってた画像を、またしても貼らせてもらっても良いでしょうか・・・。
映画を見ていて「うぉぉ!美形!!」とのけぞった時、フレッシュな気持ちを忘れないうちに、役者さんの名前を記録に残しときたいなぁと思いまして、とっさに描きとめておくんですけど、いまんとこ使い道がなくて埋もれていたやつ・・・。

とはいえそのうち、気が向いたとか、何かの拍子に、アクターや映画感想のカテゴリに移動するかも知れませぬが、アタマ中身の整頓前の、一時的置き場ということで、お見逃しをお願いいたします・・・。

 

ジェイミー・キャンベル・バウアー

 

シャドー・ハンターのジェイミー・キャンベル・バウアー

シャドウハンター

シャドウハンターのジェイス。
シャドウハンターのお話自体には、そこまでそそられなかったんですけど(コラ)ケヴィン・デュランドの存在が愉快なのと、リリー・コリンズやっぱ可愛いっ!ってなるのと、なによりジェイミーのすばらしき透明感と、おデコの面積にココロをば打たれますので、メモしておくべき理由はあります。

とどのつまり、ジェイミー・キャンベル・バウアーいいよね、って話です。

 

シャドウハンター [DVD]

シャドウハンター [DVD]

 

 

 

ジョン・キューザック

 

トゥルー・カラーズのジョン・キューザック

 トゥルー・カラーズ

かのトゥルー・カラーズをアマゾンプライムで発見しまして・・・・、ジョンキューザック可愛いっ!!可愛いっ!!!って収拾がつかなくなりまして・・・・。
ちなみにコレ、共演のジェームズ・スペイダーも美しくて、画面にがぶり寄ってスリスリしてしまいそうになる映画なのでございます。
ジョンのキャラ、ピーターは、育ちの引け目によって、ガツガツと生きてしまうんだけど、この可愛さで全てが許せてしまいます。

 

 

トゥーレ・リントハート

 

青い棘のトゥーレ・リントハート

 

青い棘

青い棘は、アウグスト・ディール目当てに見た映画で、もちろんアウグスト美しい!!・・・のはまぎれもないが、更にトゥーレ・リントハートを発掘できたというタナボタ感。
あのウルリッヒ・ミューエの娘さんだという、アンナ・マリア・ミューエも可愛くて、お話自体も思うところが多いので、いずれ感想を書きたいなあと思いつつ、なんとなくそのまんまになってるやつ・・・。

 

青い棘 [DVD]

青い棘 [DVD]

 

 

ザビン・タンブレア

 

ルートヴィヒのザビン・タンブレア

 

ルートヴィヒ

狂王と呼ばれたルートヴィヒのお話なんですが、ザビン・タンブレアに一目ぼれしてしまいました!! 

な、なんてまばゆいんだ~~~~!!
なのに、「現実」ってやつに翻弄されて、どんどん輝きを失っていくストーリーの痛ましさたるや!!

ルートヴィヒは、ヘルムート・バーガー版が有名ですけど、ザビン・タンブレア版もぜひ!

 

 

ということで、今回は以上です。

つーか、PCマジやばい・・・。
ブログにアップするより、バックアップせえよという話かも・・・。

ドント・ブリーズ

Don't Breathe

ドント・ブリーズ

あらすじと感想

「デトロイトの過疎地域に住む、ひとり暮らし退役軍人おじいちゃんVSコソ泥3人組」というバトルもの?

青コーナーのおじいちゃんは事故で娘を失っていて、その示談金をガッポリ持ってる、という個人情報をコソ泥めらに握られて、ターゲットとしてロックオンされてしまったのです。

しかもこのおじいちゃんには、盲目というハンデキャップがあって、チンピラたちにとってはおいしいカモ鍋に見えた模様。もちろんネギは山盛りで。

 

けど、そのおじいちゃんというのが、スティーヴン・ラングさんなんですよ。盲目とはいえ、ナメてかかれる相手じゃないのではございませんこと?

赤コーナーの強盗たちは、せめて「必殺処刑チーム」とか、「コナン・ザ・バーバリアン」ぐらいは目を通し、覚悟を決めてから押し入れよ!って話ですよね?

しかも、このおじいちゃん、人生に絶望し、信仰を放棄しています。
それが何を意味するかと言うと、もう怖いものなんてない!ってことじゃーないのでしょうか。
強盗に、オーシャン並みのスキルがあらばこそ、所詮コソ泥の分際でチャレンジを試みるには、ワナオトコのお宅に次いで、敷居が高い案件ですよね。

 

ワナオトコ [DVD]

ワナオトコ [DVD]

 

 

続きを読む

特捜部Q -檻の中の女-

Kvinden i buret

特捜部Qのカールとアサド

あらすじ

ユッシ・エーズラ・オールスン原作のミステリー。

とある捜査で、やらかしてしまって心と体に深い傷を負った刑事カール。
もともと同僚に好かれるスキルがない不器用なキャラなのに、奇跡的にカールを理解してくれていた部下2人を、自らの強引な捜査によって失ってしまったのです。

職場復帰後、「まだ来なくていいのに」みたいに言われ、「お前とは誰もペアを組みたくない」とまで言われ、結局唯一の居場所の捜査一課みたいなトコから外されて、特捜部Qに追いはらわれます。

特捜部Qとは、捜査が終了した事件の整理をする部署で、厄介な刑事をとりあえす放り込んでおく最果ての窓際みたいなトコなんですけど、アサドという可愛い部下を得て、書類に目を通すうち、敏腕刑事としての勘がうなりをあげる事件を発見、勝手に再捜査を始めてしまうカールさんなのでありました。

再捜査の対象は、フェリーからの「投身自殺」で片付けられていた、一人の美人議員ミレーデの、失踪事件であります。

 

続きを読む