ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

十三人の刺客

13 Assassins / 三池崇史

十三人の刺客<Blu-ray>通常版

十三人の刺客<Blu-ray>通常版

 

 三池崇史監督すごすぎる!!

13人の刺客

三池さんは大好きな監督です。
が、ちかごろあまりにも働きすぎておられるので、なかにはやっつけの仕事もあるんじゃないだろうかと、根拠もなしに疑って、ちょっと遠ざかっていたんよね……。
でもこの「十三人の刺客」は、大好きな人たちから次々とオススメされたので、せめてDVDででも、いますぐ見なきゃ!という思いに駆られた。そして一目見るなり、反省しました。
うおおおお!映画館で見たかった!!と。

名作のリメイクであるにもかかわらず、どこをどう切っても、三池監督らしさがすごく濃い、金太郎アメみたいな時代劇だね!!
さぞかし大金がかかってそうなのに、その大金がドブに落っこちることもなく、ビタ1文に至るまで、活かされていると感じましたヨ。アタイがスポンサーだったら本望だな!
ねえ!「みなごろし」の文字ひとつとっても、ゲージツですやん。
だから、決してワンマン映画じゃなく、数多のゲージツ家たちの才能に、三池崇史がタクトを振った、オーケストラみたいな娯楽映画、という印象です。
見終わって、あ~おもしろかった!あ~すごかった!っと満足感ハンパない。

 ■続き

冒頭、間宮図書のハラキリのシーンから。
静けさのなか、間宮が覚悟を決めて、腹をさぐる。場所を確かめて、ぐっ!といく。
直接的な描写なんか無いんだヨ!表情と、わずかな動きと「音」ね、「音」。それで、今、なにが起こっているのかがもうええっちゅうほどわかるんです。見苦しい醜態はなく、このシーンだけで間宮というサムライの人物像が垣間見える。介錯はない。血の海に倒れ、息絶えた姿をカメラが上から。なんてえげつない導入部だろう。ホレボレするよ!

でもって、キャストがとてつもなく豪華なことに目がくらむ。
アタイは正しいミーハーだから、まずは、なにはさておきゴロちゃんですよね!

ゴロちゃん演じる斉韶さまは「将軍の弟」という、純粋培養された特権階級のお方です。
当然シモジモの気持ちを汲む、なんちゅー必要もまるでなく、「将軍の弟」としてわが道をいくのだが、なんせ「生きてる」ということに不感症。なにからなにまでつまらない。
肉を切って血にまみれたり、ハタと思いついて犬食いしたり、斉韶さまなりにいろいろお試しするのだが、なかなか「面白い」ことにめぐり合えない。
殿目線の裏切り者を皆殺したり、殿目線の据え膳と戯れて、殿目線の無礼者を切って、 あげく「山猿の骨は硬いのう」などと、素直すぎるコメントを発しながら、淡々と自分探し。
ぶっちゃけ、武士の信念をかけて、殿を最期まで守り抜く鬼頭半兵衛さんですら、「殿ヤバイ」と額に汗しておるのです。
そういうキャラを、飄々と、だがウェットに、チョンマゲ姿のゴロちゃんが怪演しておられるのだ!
ぶっちゃけゴロちゃんラスボスですよ!しびれるじゃないか。
ゴロちゃん渾身の演技に、世界の極東からアタイが愛を叫ぶよ!!

十三人の刺客

そしてやっぱり、岸部一徳さんですね(笑)。
与えられたキャラの香ばしさもさることながら、ハマりっぷりがまさしくビンゴで、今回も手堅く、ミーハーのハートを総ナメしてくれました。た、たぶん。
考えてもみておくれ。
もしこのキャラを、竹中直人あたりがやっていたら、話なかばで詰んじゃったと思う。
やぱし、岸部イットクは偉大だ。

あと松方弘樹という、存在。
アタイは成人するぐらいまで、ダラダラ日舞をやっていたので、ちょびっとだけだが、「型」が目につく性分なのだす。
だいたい、こんなイマドキ俳優さんの多いメンツで作ってながら、槍の名手が、食堂のおばちゃんだ!!ってことに気を取られもせず、堂々の時代劇として、これほどの貫禄を見せ付けてくれる映画になってるなんて、相当スゴイことだよね。
そのからくりのひとつとして、キッチリとした殺陣を見せてくれる、ヒロキがエライ!!……んじゃなかろ~か、とアタイはウットリ感じました。
そのことが逆に、「浮いてる」と思えなくもないんだけど、それすら意図のひとつクサイなぁ、とか、三池作品だけに、ちょっと油断できないモノがある(笑)。

お話から、感じるテーマはかなりくっきり明確で、わざわざ武家社会とは、身分とは、などと考えなくとも、娯楽映画を楽しんでるうちに、自然と投げられたボールを自分なりにキャッチできるような、仕掛けになってたと思います。
私のバヤイは、あ、これは死んでいく侍のほうを、(愛を持って)コケにしてる感じもするな、とか、自然にいろいろ腑に落ちていき、しっかり、「何か」を刷り込んでもらってる、本人の努力いらずの睡眠学習みたいな感じでした。

ともあれ、「怖い」と「痛い」、そして死と直面して、はじめて生きている実感が得られた斉韶さまの頭部がコローンと、厠の隅に転がって、小弥太がピコーンと生き返り、このしばらく後、徳川時代が終わるとか。
まったくもって、お見事でした。
たとえ、哀川翔が出てなくても、2010年、日本映画のベスト1!!だと思いますっっ。

2011年8月

 

「十三人の刺客」データ

13 Assassins  2010年 日本

監督//

三池崇史

出演//

役所広司 島田新左衛門(御目付七百五十石)
山田孝之 島田新六郎(新左衛門の甥)
伊勢谷友介 木賀小弥太(山の民)
沢村一樹 三橋軍次郎(御小人目付組頭)
古田新太 佐原平蔵(浪人)
高岡蒼甫 日置八十吉(御徒目付)
六角精児 大竹茂助(御徒目付)
波岡一喜 石塚利平(足軽)
石垣佑磨 樋口源内(御小人目付)
近藤公園 堀井弥八(御小人目付)
窪田正孝 小倉庄次郎(平山の門弟)
伊原剛志 平山九十郎(浪人)
松方弘樹 倉永左平太(御徒目付組頭)
吹石一恵 お艶(芸妓)/ウパシ(山の女)
谷村美月 牧野千世(采女の嫁)
斎藤工 牧野采女(靭負の息子)
阿部進之介 出口源四郎(明石藩近習)
上杉祥三
斎藤歩
井上肇
治田敦
高川裕也
辰巳ヒロシ
桜井明美
茂手木桜子(「みなごろし」の女)
神楽坂恵
内野聖陽 間宮図書(明石藩江戸家老)
光石研 浅川十太夫(明石藩近習頭
岸部一徳 三州屋徳兵衛(落合宿庄屋)
平幹二朗 土井大炊頭利位(江戸幕府・老中)
松本幸四郎 牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰)
稲垣吾郎 松平左兵衛督斉韶(明石藩主)
市村正親 鬼頭半兵衛(明石藩御用人千石)