ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

アメリア・ワーナー

Amelia Warner

アメリア・ワーナー

ミラクルな美貌!

ともかく、個性だの、魅力だの言う言葉をひっぱり出して来るまでもなく、もう写真をポンと置くだけで、誰もが瞬時に理解する、この美貌よね!
どっからどう見たって誰が見たって、満場一致で、ぶっちぎりのべっぴん様です!
キレイでかわいくってファンタスティックでアンビリバボー。
ブラボーでハラショーでエクセレントでミラクル! 


それだけでも世界一なのに、プラスαがまたすごい。
何といっても、髪の毛のサキッポまでモレなく完備された、イロケね。
もーおぢさんはメロメロですわ。(って、おぢさんじゃなかったっけ、私!)
そんなワケで、このような美女を一瞬でも独占したコリン・ファレルは、すごい幸せモノなのでは?たとえスピード離婚だったとしても!

 ■続き

アメリア・ワーナー

 

ぶっちゃけ、どんな色眼鏡をつけようが、ケチのつけようがない最高級な美貌は、アタイ的にナタリー・ポートマンと同じぐらい王道。
けどナタリーのストイックで品のある魅力に比べ、イロケに清純さがシモフリに配合された、妖しくなまめかしいアメリアの魅力は、ある意味、正反対っぽくも思える。


それというのもやはりクイルズの幼妻役の後遺症かな?!
あれに、ゾクゾクしないやつなど、正しいオヤジとは言えないってもんよ!(って、オヤジじゃないってば、私!)

しかも、妙に文学的なにおいがする。ゴージャスでありながら、そのオリエンタルな色をした瞳は、若いのに、哀愁を帯びた遠い目がよく似合う!

というわけで、現在ダントツ☆10コ!!なんならもう10個おつけします。

2004年6月

アメリア・ワーナー

データ

  • 1982年6月4日イギリス生まれ
配偶者
  • コリン・ファレル(2001年)
  • ジェイミー・ドーナン(2013年~)

出演作

  • クイルズ(2000)
  • ドン・キホーテ ラ・マンチャの男(2000)
  • ナイン・ライブス(2002)
  • リトル・イタリーの恋(2003)
  • ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男(2005)
  • イーオン・フラックス(2005)
  • 光の六つのしるし(2007)
  • 519号室(2008)

 

クイルズ (特別編) [DVD]

クイルズ (特別編) [DVD]

 

 

リトル・イタリーの恋(字幕版)

リトル・イタリーの恋(字幕版)