ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

エンジェル

Angel  (2007年) / フランソワ・オゾン

 

映画エンジェル

 

そういえばこの映画、最初に見た時、ちょっとした嫌悪感みたいなのを感じて、ドヨ~ン!と沈んだものでした。

原作者が作り上げたヒロインもヒロインなんですが、こういうヒロインをスクリーン上に、ドーンと描きあげてくれちゃった、オゾン監督に苦手意識が湧いたというか。

でも、不思議と「二度と見ない!」ってわけじゃなくて、コンディションのいい時に、また見直してみることで、きっと認識が変るだろう、という確信もありました。

ということで、二回目の鑑賞。

 

 ■続き

 

あらすじ

夢見る乙女エンジェルは、その類まれな想像力と、文を紡ぐ才能によって、若くして一躍流行作家に成り上がります。

崇拝者を得、ハンサムな夫をゲットし、憧れだった屋敷の女主人となり、まさしく世界はエンジェルを中心に回っていたのです。

ただ、視点の位置を少々ずらすと、その世界は一変します。

エンジェルの信じた幸せは、エンジェルの想像力が見せた、エンジェルにとって、都合のいい解釈の賜物でした。

その魔法がとけたとき、あらわになった現実は、エンジェルにとってあまりにも残酷なものでした。

 

感想


想像力に満ちている、ということは、クリエイティブな才能に恵まれている、ということですよね?
モノを作りたい人間にとって、喉から手が出るほど求めて止まないその才能!
なのに、まぶしく輝くその才能に、こんなトラップがあったとは!

 

自慢じゃないけど、アタイにも、「もし自分が水戸黄門様だったら、お前なんか助さんと格さんに言いつけて、控えおろう~~~ってしてもらうかんな!!!」ぐらいの妄想力はございます。
いや、近所にね、狭い道ですれ違うとき、シモジモのアタイがバックするのが「当然」みたいな顔をして、自分はぜったいにバックしない、レクサス乗りのオッサンがいましてな・・・。

が、エンジェルに比べるまでもなく、アタイの想像力の小っささは自覚済み。
水戸黄門トリップにしろ、せいぜい5分程度しか、持続性がないのです。

だがこの映画を見たことで、「アタイ、凡人で助かった!」と我にかえることができました。
妄想の、出口がないのは、アタイの感覚では不幸です。

 

 つーか、才能というものは、あればあるほど渾身の制御が必要とされる、モンスターなのかも知れませぬ。
その力を、自分が支配できるならいいのだが、エンジェルのように想像力に支配されてしまったら、それは「生きる」というよりも、昏睡状態で夢を見ているようなモノなのでは・・・とか思う。

 

最後の最期まで幸せだったら、本人は別にそれでもいいんだろうけど、周りの人は大変だろうな・・・・。
なんせエンジェルのようなエキセントリックなキャラが、長く幸せでいられるためには、せめて誰かによほど深く愛される必要がありますよね?
しかし、その役目を果たしたのは、エンジェルが目もくれなかった相手であった、という皮肉さ。


ただ、このお話の残す傷跡が、妙に美しく感じられるのは、その皮肉ゆえのことなのかも・・・。

 

エンジェルとエスメ

 

 

ちなみに、エンジェルは、自信過剰で自己中心的で鼻持ちならないキャラなので、好きになれといわれても困るしかないんですけど、演ずる ロモーラ・ガライが可愛いので、不思議な魔法がかかってます。

ところがアンジェリカ(パラダイスのもとお嬢様)と並んだとたん、エンジェルの魅力が、ものの見事にさーっと褪せます。
その対面シーンは第三者の目による「現実」の最たるもので、「辛らつ!」と言う以外言葉が出ませぬ。

ぶっちゃけこれで、アタイのごとき小心者は、オゾン監督の人の悪さに、やられてしまうのでタチが悪い(深めの意味で)。

 

そうそう、お話の中で、エンジェルの想像力によってコーティングされたシーンは、徹底的にウソっぽく描かれているので、意図はわかりやすかったです。

プロポーズに答えるエスメとか、光あふれるアトリエを、受け入れるエスメとか、マイケル・ファスベンダーの表情ひとつに翻弄される。

あと、エンジェルのまとう、場違いであろう衣装とか・・・、チクチクとした見どころが、随所に仕込まれていてなんとも後をひくお話であります・・・。

 

憧れの豪邸「パラダイス」は、エスメに「巨大な棺桶」みたいな呼ばれ方をするんですけど、主人が移り変わることで、パラダイスの役割もまた変わり行く、ラストシーンのせつなさよ・・・。

 

 

エンジェル [DVD]

エンジェル [DVD]

 

 

「エンジェル」データ

  • Angel (2007)イギリス・ベルギー・フランス

監督

  • フランソワ・オゾン

出演

  • ロモーラ・ガライ(エンジェル・デヴェレル)
  • シャーロット・ランプリング(ハーマイオニー・ギルブライト)
  • ルーシー・ラッセル(ノラ・ハウ=ネヴィンソン)
  • マイケル・ファスベンダー(エスメ・ハウ=ネヴィンソン)
  • サム・ニール(セオ・ギルブライト)
  • ジャクリーン・トン(エンジェルの母親) 
  • ジェマ・パウエル(アンジェリカ) 
  • ジャニーン・デュヴィツキ(ロッティ叔母さん) 
  • クリストファー・ベンジャミン(ノーリー卿)