ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ビヨンド・ザ・リミット

BEYOND THE LIMITS / オラフ・イッテンバッハ

ビヨンド・ザ・リミット

なにはともあれ、「好き」のパワーがスゴイ

あの、えんえんとゴリゴリグチャグチャな作風が持ち味で、撮る映画撮る映画全て本国では上映禁止 というドイツの若手こまったさん監督のオラフ・イッテンバッハ、いつのまにやら、こんな新作とってたんですね……。
しかもこれ、 公式サイト まであったんですってば(驚)。

関係ないけど、オラフさん更に「POISON」なる新作も撮ってるみたい。ミクシにコミュまであったりするし、もしかして、出世しちゃったんでしょうか? オラフ・イッテンバッハが出世するなんて、もう、スプラッタ界に良心はないのか???
いや、スプラッタに半端な良心を持ち込む方がキモいと私は思うので、オラフ映画はどこか人目につきにくい離れ小島で、好きなように暴れたらいいとは思う。

つーわけで、今回のオラフは、「拷問もの」ナドとゆー、いかにも好きそうなジャンルを、かなりノビノビ張り切って作りこんでる模様です。
見所は、当然血の海しかありませんが、強いてもうひとつ挙げるなら、このキャラの濃さ!!なんではないでしょうか。もしこのメンツが、 そっくりそのまま文芸作品に出ていたとしても、例えば2日酔いの日などには、金輪際見たくないもんね。

ラクガキを描きながら思うには、私は多分、オラフ作品のキャラクターの、コスプレちゅーか、七五三?みたいなはしゃぎっぷりが、好きなのかもしれない。こんだけキャストがたくさんいるのに、いちいち名前がついてる点も、無駄にエネルギー濃っ!!!と、やや好感(笑)。

ビヨンド・ザ・リミット

お話は、永遠の心臓を巡って巻き起こるスプラッタなすったもんだが、現代と中世の二部構成で語られていきます。
前半は何がすごいって、小学生の悪ノリのような、どんでん返しに次ぐどんでん返しをやっちゃうところ。
「結局わけわからん!!!けどまあいいか!!」などと、妙にはぐらかされてる自分が可笑しい。
ただしスプラッタ度は笑い事じゃないっ……つーか、殺し屋が、中には鉗子とか注射器とかノコギリなんかがズラリという、拷問グッズ満載のアタッシュケースをパコンと開け、手術用手袋をパチンとハメる一瞬とか、まだスプラッタシーンに入ってもいないのにもう泣きそう!!
あと、殺し屋さんのいるところに行く時はくれぐれも、てっぺんに丸ポチのある銀ラメキャップなどかぶらないように気をつけなければ!!あれは確かに、上からみるとまんまるこくてかわいくて、いかにも「トンカチで殴って下さい!!」といわんばかりの形じゃん?

このキョーレツな殺し屋ペアは、マジ怖いです。
リック役の人は、この作品の脚本家でもあり、音楽も担当してるみたいです。スプラッタに特化した、才能が有り余ってるのなら、お近づきにはならんでイイけど、きょ、きょ、強化ガラス越しになら、ちょっと日常を見てみたいかも・・・・・。

BEYOND THE LIMITS

ともあれ、後半は中世編。別になくてもいいようなラブシーンなど取り混ぜながら、ぎこちないながらもまるで普通の映画みたいに、ストーリーが存在してます。
まあ、そのストーリーとは、「神に不信を抱いたデミング様のワガママに、みんなが振り回されて死ぬ」というだけの話だけど、「スプラッタを見せるためのストーリー」と割り切れば、もうぜんぜんオッケーですよね!!
あとは、イイヒトたちのバリエーション豊かにして壮絶な末路に反して、悪役の死に方がことごとくあっさり控えめなとこなんか、これ絶対確信犯よね。

まあ、前半と後半で気分が変わるとはいえ、いいかげんゲンナリでマンネリな血の海が、最後のひでぇ地獄絵図で、シュっとリフレッシュしますんで、今回のオラフさんはイガイと、ハタ迷惑ななにかが向上してるのかもしんない。

2004年6月(追記2006年2月) 

ビヨンド・ザ・リミット [DVD]

ビヨンド・ザ・リミット [DVD]

 

 

「ビヨンド・ザ・リミット」データ

BEYOND THE LIMITS 2003年 ドイツ

監督//
  • オラフ・イッテンバッハ
出演//
  • ダレン・シャラヴィ(デニス)
  • ラッセル・フライデンバーグ(トム・ブリュースター)
  • ハンク・ストーン(ジェームズ・フリン)
  • クリス・クリーシャ(フレデリック)
  • キンバリー・リーヴ(ビビアン)
  • トーマス・リトマー(リック)
  • ゼニア・シーバーグ(クラリス)
  • ダリル・ジャクソン(ロバート・ダウニング)
  • ジョー・クック(ポール・バトゥーチ)
  • マシアス・ヒューズ(ビッグ・ブロンド・ナイト)
  • ロバート・シーマンス(パトロールマン)
  • ジェフ・マザーヘッド(ハワード)
  • マリカ・エレナ・デビッド(デニス)
  • サイモン・ニュービー(モーティマー)
  • メーメト・ユルマズ(クリストファー)
  • ジェームズ・マシュー・ピェシャ(ジミー・レビンソン)
  • メラニー・シグル(ラウラ)