読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

クリムゾン・リバー

映画感想「か」行

The Crimson Rivers / マシュー・カソヴィッツ

クリムゾン・リバー

ジャン・レノとヴァンサン・カッセルの組み合わせって豪華かも

舞台はフランス、アルプスのふもとの大学町、ゲルノン。
そこで起こった猟奇殺人……。
こんな死に方するぐらいなら、死んだほうがまし!!……とゲッソリするようなおぞましさ。

事件を解決するために、派遣された刑事ピエール・ニルマン(ジャン・レノ)。
いかにもいわくありそうな、憂いのある表情が一見クールで、敏腕なのか?とまぎらわしい。
どうでもいいけど、ジャンレノ髪型変えたのね、でも役作りと言うには何の効果もないっつーか、べつにいつもの髪型でいいじゃんっつーか。かえって気が散るので、余計なことはやめて欲しいなあっつーか……。
そして血の気の多い若手刑事(ヴァンサン・カッセル)の追う事件、一見無関係なふたつの事件が、やがてつながったりもつれたりしちゃうお話なのであった……。

 ■続き

いや、面白かったんよネ!ホント!!ホント!!
オープニングの執拗な映像も良かったし、いろんな意味で閉ざされた、田舎町のどんより~~とした雰囲気を、ナミナミとたたえる、ぞっとするような冷たい風景……陰気だ、そして美しい!!
そんでひとつひとつのシーンにいちいちピカリと見応えもあり、登場人物のバラバラ感も、これはパズルだ!!バラバラなピースがやがてきちんとまとまって、いつか必ず完成するんだ!!と目にキラ星を発生させて、血湧き肉を踊らせました。なんたって、一見全てに内容があるように思えたもん。

ところが、縦横無尽に張り巡らされた伏線のなかに、さも伏線のように見えながら、実はたいして意味もない「雰囲気だけ」のシーンもちゃっかり潜んでいたりして。
ジャン・レノの犬怖いよ~とか、カッセルのバーチャファイトとか……、何か深い意味、あったっけ?な、な、ないよね?わずか106分、ストーリーの説明も足りない状態で、こんな道草、なかなかできないよ!!カソヴィッツ大物!!

もちろん、あんまし皮肉じゃないです。アタイは、無駄と隙のある映画が好きなので、そういう遊びはオッケーです。つーかむしろ、20億円とゆうフランス映画にあるまじき大金をかけながら、札束が空振りするようなシーンほど、何かオモロイ。

ただ、最初が面白かっただけに、どんどん尻窄みになっていくのがけしからん。
だって、 ショッキングだったのは、ひとつめの死体だけなんだもん。
やはし、猟奇殺人と言うからには、最後の1人の死に方にまで手を抜かず、きっちり描写してくれないとな!!

そして、えええっと仰天のラスト。
それまでどろーんと盛り上がってきたまがまがしさを、スコーンと台無しにしてしまうあっけらかんなラスト。
見始めはたしか知的ミステリー映画だったのに、見終わってみたら筋肉アクション映画になってたヨ!
なんじゃそりゃあああ!
好みの問題もあるだろうが、アタイはショックを受けました。

そしてアタイのとぼしい情報処理能力では、ラストもオチも犯人も見たというのに、「ん?あれがこうでこうなって……?」と、いまだ事件がスッキリ解決していないのであった……。
それって、2で、アタイにもわかるように解決してくれるつもりなんかなぁ?

(2002年2月)

クリムゾン・リバー デラックス版 [DVD]

クリムゾン・リバー デラックス版 [DVD]

 
クリムゾン・リバー1&2 ツインパック [DVD]

クリムゾン・リバー1&2 ツインパック [DVD]

 

「クリムゾン・リバー」データ

Les Rivieres Pourpres / The Crimson Rivers 2000年 フランス

監督//
  • マシュー・カソヴィッツ
出演//
  • ジャン・レノ
  • ヴァンサン・カッセル
  • ナディア・ファレス
  • ドミニク・サンダ
  • カリム・ベルカドラ
  • ジャン=ピエール・カッセル