読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ダークマン

映画感想「た」行

DARKMAN / サム・ライミ

ダークマン

「ダークマン」って「ファントム」だよね(笑)。

ダークマン・イラスト

この映画って、昔よくTVとかでやってた気がする。
Bだけどメジャー!みたいなカンジですよね。
うん、このころのサム・ライミさんはエネルギッシュで良かったな~。

つか、今がダメってわけじゃないけど、「新作が出たら、出来はともあれ、ダッシュで駆けつけて見ようと思」わなくなってきたのよね……。なぜかなぁ・・・アタイも大人になったのかなぁ?


ともあれ、「ダークマン」は、珠玉の名作、とは口が裂けても言いようがないが、テレビとかで流れてたら、とりあえずどんな作業中でも手を休めて見ちゃうような、お気に入り映画なのです。
この悲しさせつなさ無情さ理不尽さおかしさたるや、ファントム好きなら食いつかずにはいられないって。

 ■続き

廃墟に住み、醜い顔を包帯で隠し、マントひるがえしカートを押すペイトン。
ピンクの象さんに対する執着とか、おしてはかえす、果てしない悲哀は、人ごとなんでつい笑っちゃうけど、これをサム・ライミ以外が作っていたら、絶対一生見ないまま終わってたよね。
なんたって、怒りのアドレナリンで超人化するヒーローってアンタ!!!サムライミ大バカ!!そして天才!

助手の柳本青年とか、マンホールで車に轢かれる部下とかの、どうでもいいような存在もまた抜かりなく、スミズミまでアホらしく、どこまでも困ったモンだし、アクションも、勢いがあって活き活きと楽しい!!

ダークマン


そして、リーアム・ニーソンやフランシス・マクドーマンドがシリアス顔でバカやってるってだけでも、しばらく思い出し笑いできるよねえ。
しかも、ブルース・キャンベルのカメオ出までついてて豪華!!!

うんうん、若気の至りってこういうことやね!!

この映画の実績によって、リーアム・ニーソンやフランシス・マクドーマンドは出世したのに違いないよね!と、アタイは心から信じています。

2005年3月

ダークマン [DVD]

ダークマン [DVD]

 

「ダークマン」データ

DARKMAN 1990年 アメリカ

監督//

•サム・ライミ

出演//

•リーアム・ニーソン
•フランシス・マクドーマンド
•コリン・フライエルス
•ラリー・ドレイク

▼続編あります・・・

seicolin.hatenablog.com