ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

デイ・オブ・ザ・デッド

Day of the Dead / スティーブ・マイナー

デイ・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

デイ・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

 

ミーナ・スヴァーリ伍長!!

ロメロ版デイ・オブ・ザ・デッド、つまり「死霊のえじき」のリメイクというふれこみなので、見るしかないよね。
リメイク、リメイクて、映画界、よっぽど深刻にネタ切れなのかぁ~~~。などと、ホノボノ思ってる場合じゃなかった。
リ、リ、リメイクだと?こっこっこっこっこれがっ??世も末か?やっぱしね(爆)!
……というほど、別のモノ

まぁでも、サラとかローズ大尉とか、あとバブ的スタンスのゾンビ~ノがいたりするから、リメイクと言っていえない事もないのかなぁ。
けど、なにも「リメイク」って開き直ったりするよりも、せめて「好きだから題名だけパクっちゃったんだよ~ん」ぐらいの奥ゆかしさが欲しかったよ……。
全力で100歩譲っても、せいぜい「オマージュ」ぐらいまでちゃうん。

 ■続き

私は別に、舞台設定やストーリーなんていうのはどう違ってたってイイんだよ~。
ただし、少なくともテーマと世界観ぐらいは共通してなきゃ、リメイクとは言わないような気がするなぁ。
だから、ロメロさんがよく訴えなかったなぁ、と感じてたけど、なんと公式が胸を張って、この映画をリメイクと宣言しているではないか……。ま、ま、まさか、ロメロさんの了解済み?ドヒャー。

いや、サンゲリア2の例もあるから、証拠もなしにうろたえてはいけない。
きっと、ロメロさんが細かいことに関心のない、大人物なだけなんだろう……。と思っておこう。

ところでこの「なんちゃってディ・オブ・ザ・デッド」、ぶっちゃけ、アタイは何度も見ています。それも1度や2度じゃなく、少なくとも4~5回は見たんじゃないかな。本家死霊のえじきより、下手したら見た回数が多いかも。ナンデって、そりゃあこの映画が、何度も見ずにはいられないほど大好きだからさ!!

……な~~~んてことが、あるわけはない。
このパッケージを見かけるたびに、見た内容がよく思い出せなくて、「あれっ!そういえばこれってまだ見てなかったよね?」と、ツタヤで借りては、結局何度も見直すハメになってるだけだよ。
そして、最後までみてやっと気づくのです。このラストシーンは確かに何度も見た覚えがあるわい、と。
まあそんでもいちいちラストまで見ちゃうからには、きっとそれなりに面白いんだろうと思うんですけど、さすがにこんなモンのためにこれ以上、時間を浪費したくはないので、そろそろここに記しておきます。

ぶっちゃけこれって、心に残るテーマがないので、単に印象が薄いだけで、べつに「ダメ!」とか「ムリ!」ってわけじゃーナイんですよね~。
なんつっても、「スパン」の熱演も忘れられない(笑)ミーナ・スヴァーリちゃんですよね!!
ミーナ・スヴァーリが主役であることに異存はないが、問題は彼女の役の階級で、なんと、軍の伍長なんですよ伍長!!
えええええ、フルメタルジャケットの鬼軍曹と、3階級しか違わないだって~~~~!!?
であえ!!狼藉だ!!!!

このこのぜったいありえんキャスティングっぷりは映画「スタンダール・シンドローム」における、「アーシア・アルジェントの警部補」に匹敵するほど、ステキなんじゃないだろうヵ。
しかも伍長、武器すら持ってないんだが……、カワイイからいいか、いいよね、気にしないよ……。

そして、リッカーなみの素早さを誇るゾンビ!!こんなモンが襲ってきたら、そりゃ~~~怖いに決まってるよね。
ホラーというよりもモンスターパニックアトラクションみたいなね、うん。
絶対死ぬはずの状況になった脇役のニック・キャノンも、もちろん不死身に決まってました。
だって、マライア・キャリーがバックについてるからね。あたりまえだね。うん。
マライア・キャリーにだけは、沈黙のおいさんですら勝てる気がしないもん。
マライアが、アナコンダとか素手でつかまえて、丸焼きにして食らいついてても、アタイは別段驚きません。革をむしれば、高級バッグも作れるしね。

とりあえずモタモタとドンくさい私が、ゾンビだらけの世の中で、もし生き残りたくなった時のため、マライア・キャリーはまあおいといて、せめてベジタリアンの友人を増やしておこうと思います。そんな目からウロコの、実生活に役立つ教訓を得られた点、もしかしたら相当良作だったのかもしんない。

2011年6月

 

「デイ・オブ・ザ・デッド」データ

Day of the Dead (2008年/アメリカ)

監督//
  • スティーブ・マイナー
出演//
  • ミーナ・スヴァーリ
  • ニック・キャノン
  • ヴィング・レイムス
  • マイケル・ウェルチ
  • スターク・サンズ
  • アナリン・マコード
  • クリスタ・キャンベル