読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ドッグ・ソルジャー

DOG SOLDIERS / ニール・マーシャル

いいよね、ニール・マーシャル

三頭身のバケモノが、みょーにかわゆく、ほほえましい。 私もあんなの、かぶりたい。

しかし軍曹さんにとっては、たぶんそんなのんきな話じゃなくて、絶好調においたわしい!!
なんせハミ出した腸を、なんか勘違いしたワンコに引っ張り出されたり、かと思えば逆に治療と称して強引に押し込まれたり、あげく傷口を、瞬間接着剤で大真面目にはっつけられたりするという、スプラッタの中でもけっこう異色で不意打ちな体験。
だからといって、いいかげんなジョークでお手軽にごまかしている感じはないので、こちらとしても礼儀正しく膝を正して、

おいおい、
場所はそれでええんかい。順序はそれでええんかい。

ちゃんとネジらんように気をつけて詰めたんか?(腸のことです)
……ナドと、真顔でツッコんでしまいます。(腸じゃなく)

だってね、命より健康重視の昨今ですよ。
腹のなかにおける腸の状態は、おもいっきり一大事!単なる内臓下垂でさえ、健康第一番組で、もったいぶって取りざたされるぐらいだし、あまりいいかげんな腸の配置で、軍曹が一生便秘になったり、ここぞの時に下痢ピーしたりじゃいたたまれない。
せっかく好意でお手当てしたクーパーさんの責任問題も気になるしなぁ。
だって、クーパーさん、男前だしさ!
とりあえず、映画が終わるまでは、アタイクーパーさんの味方なのです。

いや、話がそれてるね。
さんざん、腸の話題を引き伸ばしてナンなんだけど、なんと、これは大腸映画でも、小腸映画でもないのである。
この映画の主役たるべきバケモノの正体は、ぶっちゃけ「狼男」なのである。 

狼と言うからには犬の一種なんで、「さあっ!とってこい~!」なんか言われて、棒を投げられたりもしちゃってるのが可愛いだよね。
いつか、私が狼男に襲われた暁には、きっと必ず身をもって、やってみよ~っ、とか思ってます。

とはいえ、映画のジャンルは、決してギャグではありませぬ。
笑っちゃうのはこちらの勝手で、映画の路線は、あくまでもシリアス寄りのホラー。
ただ、作り手の「ユーモア」がハミ出ちゃってる、「シリアス」なのかな。
ぶっちゃけ、さぞかし低予算なんだろうけど、イキの良さがハジけてて、とっても、面白かったです。

監督はニール・マーシャルね?アタイ、次の作品も、絶対見るよ!! 

ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]

ドッグ・ソルジャー デラックス版 [DVD]

 

「ドッグ・ソルジャー」データ

DOG SOLDIERS 2002年 イギリス

監督//
  • ニール・マーシャル
出演//
  • ショーン・パートウィー(ウェルズ軍曹)
  • ケヴィン・マクキッド(クーパー)
  • エマ・クレズビー(ミーガン)
  • リーアム・カニンガム(ライアン)
  • トーマス・ロックヤー(ブルース)
  • ダーレン・モーフィット(スプーン)
  • クリス・ロブソン(ジョー)
  • レスリー・シンプソン(テリー)