ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

エドワード・ファーロング

Edward Furlong

エドワード・ファーロング

素材まるごと神レベル 

名作、ターミネーター2の、絶世の美少年。
もぅ、なんたる美しさなんだろう!!・・・と誰もが思いましたよね?
アメリカンヒストリーXぐらいまで、誰がこの美貌のゆくすえを、疑うことができたろう!!
実際、エドワード・ファーロングの、素材の完璧っぷりは神レベル。

でもこの世に人の子として生まれた以上、どんなに素材がカンペキでも、オンとオフってものがある。


人間、オン状態には、気合が必要。
背筋を伸ばし、目力を放ち、顔筋をキっと緊張させる。衣服を選び、毛並みを整え、表情を作り、360度完璧なよそいきとなるのだ。そうだ、美しさとは一発芸。
エドワードクラスの素材でさえ、オンとオフでは雲泥の差が。

 ■続き

スイッチオン

アメリカンヒストリーX

 

▲まず、オン(一発芸)の写真を検証しましょう。
文句のつけようがないほど、美しいですね。
スキンヘッドで、こうまで美しいのはホンモノ中のホンモノだと思う。

 

スイッチオフ

そして、じゃじゃ~~ん。これは誰?

エドワード・ファーロング


いわゆる、エドのそっくりさん?つーか、に、に、似てないよ!!
どんなに好意的に見繕っても、ターミネーターやアメリカンヒストリーXがカモシカなら、これカピバラ?ってほど緩んでる!


体型は百歩譲るとしても、いくらなんでもそのトレーナーはないだろう!

しかも、「デトロイト・ロック・シティ」では、オフのままで仕事をしてる!!
いや美形のオフだから可愛いんですよ、腹をボヨンと緩ませた、オバカな美人男が脱ぐんですよ。病んだ心にトドメを食らうような、衝撃の可愛さなんですよね、これがまた。

だからアタイは、オフのエドも愛しております。

生まれ持った格

やはりネ、太ろうがフヌケようが、生まれ持った素材の格がちがいますよね。最終兵器は鼻ね、鼻。
エドワード本体がどんなに脱力して緩んでも、この美しくも涼しく鋭い鼻の軟骨ひとつで、もう全てが許せるのです。

エドワード・ファーロング

ともかく、スイッチがオンになりさえすれば、パーツ骨格、毛並み色ツヤ、いちいち全部、DNAレベルでカンペキに美しいんだから、人生なにが起こってスッコケちゃっても、その美しさを武器にがんばってほしいっす。

さしあたって、 脱ジャンキーが、おめでたい!

(2004年1月)

 

まさかのアンディ・サーキス化?

 

エドワード・ファーロング

・・・と、思ってたら、脱してなかった?私生活の部分はよくわかんないが・・・。

それはともかく、なんと、30超えたエドは、突然アンディ・サーキス化していた!!!
まさか二人が同カテゴリだったとは、アタイもビックラこきました。
たぶん、誰あろう本人同士が1番ビックリしてるんじゃないかと思うけど・・・。


ただ、Tシャツのこの柄を見れば、エドの中身が、昔のままだと思えます。ここ、たぶん安心するトコ。

(2011年6月追記)

オススメ映画

 

ペット・セメタリー2 [DVD]

ペット・セメタリー2 [DVD]

 

 

アメリカン・ヒストリーX [Blu-ray]

アメリカン・ヒストリーX [Blu-ray]

 

  

デトロイト・ロック・シティ [Blu-ray]

デトロイト・ロック・シティ [Blu-ray]

 

 

オススメしない映画

なぜかというと、ウーヴェ・ボル作品だからなんだけど、アタイ最近、ボルちゃんへの偏見を、いったんリセットしようかな、とは思ってます。

Stoic [DVD] [Import]

Stoic [DVD] [Import]

 

 

ウォールストリート・ダウン [DVD]

ウォールストリート・ダウン [DVD]

 

  

エドワード・ファーロングDATA
  • 1977年8月2日 アメリカ
出演作
  • ターミネーター2(1991年)
  • ペット・セメタリー2(1992年)
  • アメリカン・ハート(1992年)
  • 母の贈りもの(1993年)
  • ブレインスキャン(1994年)
  • リトル・オデッサ(1994年)
  • 判決前夜/ビフォア・アンド・アフター(1995年)
  • グラスハープ/草の竪琴(1995年)
  • I love ペッカー(1998年)
  • アメリカン・ヒストリーX(1998年)
  • デトロイト・ロック・シティ(1999年)
  • アニマル・ファクトリー(2000年)
  • ナイト・オブ・ゴッド(2001年)
  • マーダー・ネット(2002年)
  • L.A.アンダーグラウンド(2005年)
  • インターメディオ(2005年)
  • クロウ -真・飛翔伝説-(2005年)
  • 悪魔と天使(2006年)
  • コベナント(2006年)
  • BIOHAZARD デス・プラント(2006年)
  • オーディション2(2008年)
  • STOIC (2009)
  • グリーン・ホーネット(2011年)
  • フローズン・ライター(2011年)
  • モンスター・スパイダー(2011年)
  • ギャング・イン・L.A.(2012年)
  • キング・オブ・ゾンビ(2013年)
  • ウォールストリート・ダウン(2013年)