ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

エミリア・ヴェルジネッリ

Emilia Verginelli

Emilia Verginelli

青い目にもほどがある!

「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い」で出会いました!!
うおおお、このあまりにも美しすぎる女優さんはだれ~~~~~~??と。

ググってみて、とりあえず、名前はわかった。エミリア・ヴェルジネッリという舌を噛みそうなお名前。
けど、検索で他の出演作がヒットしないのだよねぇぇぇ。
そんなワケで、いまはまだ何のデータも収集できていませぬが、おそらくテレビなんかに出ている人かな?
よくわかんないのです。
まぁ、今回素性とかキャリアはどうでもいいのだ。

 ■続き

まずは、ドンジョヴァンニの、衝撃のシーンを見ておくれ。ねっねっ、コレだよコレ。アンネッタですよ。ギャーーー!!なんたる美しさ~~~!

 

エミリア・ヴァルジネッリ

 

これを見て、当然アタイは「絶世の美女やん!!」と由緒正しく興奮しました。
だがしかし、興奮状態にある人間は、おうおうにして、丸いものが四角に見えたり、ピンクの象がクローゼットにぎっしり詰まっていたり、ジャン・レノがどらえもんに見えたりするのであります。
そのような幻覚を周囲にまき散らかさないためにも、ここはやっぱり、アタイいったん落ち着こう。


スーハー。スーハー。<深呼吸


さて、平熱を取り戻してもう一度。いやぁ~~~発熱のフィルターを抜きにしても、やっぱり断然の美しさ。
ただひとつ、スリルを感じるとしたら、ややヒラリー・スワンク似???という点でしょうか。ホネの雰囲気が中性的かも。

まぁ、それならそれでノープロブレム。
「立体的な造詣ゆえの長所なのだね!」と、むしろ、愛を深めるのに好都合。

表面的にも、将来あまりやせすぎず、ほっぺにお肉をたたえてくれれば、それほど事故は起こらないよね。
いやいや、でもでも、ホホがコケ、骨格があらわになればなるほど、すっごいハンサムボーイ(コラ)に化けそうなヨカンもするなぁ。結局どっちでもまぁいいか。シモジモのアタイがどんな妄想を膨らまそうが、所詮、びくともしない美形なのよね。

 

エミリア・ヴェルジネッリ

 

そんなエミリアさまのオフィシャルサイトはコチラ
いまはまだ、発展途上と思われるけど、根気よく、新情報を待つんだもんね!

2014年6月

 

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い [DVD]

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い [DVD]

 

 

出演作

  • ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い (2009)