読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

パリより愛をこめて

映画感想「は」行

FROM PARIS WITH LOVE / ピエール・モレル

パリより愛をこめて

スキンヘッドの熊、もとい、ジョン・トラボルタ出演と聞いて……

トラボルタ見たさに見ました。
大事なことなので二度言います。
寅坊見たさに見ました。

まぁ題名からして、うすうすヨカンはしていたのだが……

ギャハハハハなんだこれ。小学生の書いた脚本かっっっ!
トラボル太演じるワックスは、まさしく男子小学生が頭に描く「カッコイイ男」そのもの?のように思える……。
いや、私は男子小学生だった経験はないから、断定できないけど・・。
でも少なくとも、そういう男の子の語る理想像を、「バッカじゃないの?」と、殆どの女子小学生が思っていたことは確かに知ってるワケなのだ。

ともあれ、こんな映画の引き合いにしてごめんよ、などと小学生の皆さんに懺悔をしつつググってみて、真相を知る。

ベッソン原案か!!どおりで!!!

ええと。
そうとわかったら言わせてもらおうかな・・・。
やいやい、これを、B級映画のつもりで作ったとしたら、B級映画に謝れ!
そして、ラズベリーには、自ら立候補するように!いくら矢面がトラボル太だからといって、バトル・フィールドアースと比較したらまだまし、などというあっちむいてホイ!で、問題をはぐらかさないように!ちなみにアタイはバトル・フィールドアースのほうはわりと好きだ!
なので、くれぐれも、サイエントロジーはひっこんでるように!

「ストーリーがない」、それはいまさらとやかく言うまい。ベッソン原案と知ったからには、なまじストーリーがあったほうが怪しいもんね。
でも、ストーリーがなくてもいいのは、映画が「面白かったら」の話だよ!
友人との会話で笑うレベルの、適当な小ネタぐらいじゃだまされないぞ!
スキンヘッドで破天荒に暴れまくる、セガール仕様のトラボルタ、という、最も安定のスタイルを用意しながら、トラ坊が学芸会のお遊戯に出てはしゃいでる!としか思えないできばえの映画を見せ付けてくるなんて、ハッキリ言って、罪だと思う。すべてにおいて、薄っぺらいにもホドがある!

なんだかねえええ、「だってベッソン&モレルだから」という寛大にならざるを得ない心理を利用した、確信犯ぶりが目にあまるよ!
それが通用するのは3度までだと、ホトケの顔も言ってるゾ!とエスターハスが言ってるかもだゾ!

つーかトラ坊のワックスは、全力でバックアップすれば、もっとちゃーんとかっこいいキャラになってたはずと思うと惜しすぎる!

トラ坊に、単に突飛なことをさせ、その行動を起こしたワケをすかさず説明!みたいなのを、テンポのよさナドとは、アタイは呼べぬ。
これじゃ、思いついたタネ証しを、展開の期が熟すまで待ちきれないだけやん!
おかげでキャラの軽々しいこと!

パリより愛をこめて

ともかく、これのおかげで、アタイの中のジョナサン・リース・マイヤーズは終了しました。デコボココンビが全く魅力的に描かれていない以上、今回のジョナサンは、いっそいないほうが話が早かったのでは……と疑惑する。
第一、花瓶を持ち歩く以外に、なんのミドコロもない主役なんてあんまりだ(爆)!

この映画ゆいいつのお楽しみは、やっぱカーチェイスだと思うので、アタイの脳内でのワックスの相棒は、あのスゴ腕の運転手さん、と決定しました。

ただ、こんな薄暗いご時世です。
もしこの映画が数年後、007の風下にでもそっと生き残ってたりしようもんなら、世界の寛大さに、ほっと涙するかもしれないなぁ。

2011年8月

パリより愛をこめて [DVD]

パリより愛をこめて [DVD]

 

 

「パリより愛をこめて」データ

FROM PARIS WITH LOVE 2010年 フランス

監督//
  • ピエール・モレル
出演//
  • チャーリー・ワックス/ジョン・トラボルタ
  • ジェームズ・リース/ジョナサン・リース=マイヤーズ
  • キャロリン/カシア・スムトゥニアク
  • ベニントン大使/リチャード・ダーデン
  • ニコール/アンバー・ローズ・レヴァ
  • M・ウォン/イン・ビング
  • ラシード/シェムズ・ダマニ