ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヘルレイザー3

HELL ON EARTH / アンソニー・ヒコックス

ヘルレイザー3

エリオットとピンヘッド

待望の、新セノバイトのデザインが、あまりにも手抜きでアホっぽかったばっかりに、かなーり幾久しく、「しょうもな~。」……という感想を抱き続けていたこのレイザー!!見返して味わえば、じわじわと面白く思えてきました!

確かにピンヘッド以外のセノバイトはジャージを着て「きざんで漬けてもんだだけ」の浅漬けみたいなもんだけど、それゆえのシンプルイズ一点豪華ってもんがあるかもしんない!

なにより肝心のピンヘッドさん、シリーズ中出番が最も多かったのが嬉しすぎる!!そしてアゴといい腹といい、まだ贅肉のない、平らなラインが美しい!
いまさらながらに、「地獄に歯磨きはナイ!」ってことを擦り込んでくれるような笑顔もキュート!!

しかも、「ピンヘッドin真昼のお花畑」という、他では絶対見られない映像まであるからには、3だからとか言って、スルーしてる場合じゃない!まだ見てない人は、いますぐ見ましょう!

 ■続き

お話は一応前回からきれいに続いていて、美人キャスターを主役にするという、大衆融合路線をとりつつも、ピンヘッドのなりたちが、ナニゲにいろいろ明かされていきます。
アタイは修道士たるや神秘的であるべきよねっていうスタンスなので、どっちかっていうと明かされない方がよかったんだけど、すでに問答無用で明かされてるので、見ないわけにいかないちゅーか、だったらまぁ、開き直らせていただきます。

前回、人間の記憶を取り戻して死んだゆえに、今回はピンヘッドの人格が、明(エリオット)と暗(ピンヘッド)に分かれているとこから始まっていて、エリオットという、「分別」の部分がスコーンと抜けたピンヘッドが、やりたい放題な、暴走アサッテ野郎と化していました。
教会のシーンなどでは、ピンヘッドがアタマのピンを引っこ抜くと、ピンに刺さった中身(イモムシ状脳味噌)がうにゅるっっっと出て来たりする。別段、必要とも思えないシーンゆえ、逆にリアルといえなくもない。
リアルとなれば、回りまわって、気持ち悪い!
うーん、私にも1本抜かせてくれ~!!とこっちも思わず映画の中に入り込む。

けど、脳味噌ひっこ抜いて、オツムの隙間は大丈夫かなぁ?ただでさえ、やること暴走してんのに、脳味噌の半減したセノバイトなんて、シャレにならんと思うけど!

思うんだけど、ピンヘッドは、IQ高めで気が狂ってるからいいんだよ!
だからして、もし私がピンヘッドなら、脳味噌の再生など狙いつつ、それを食っちゃうとか、押し戻す、とかするんじゃないかなあ。
でも、今作のピンヘッドは、さほど変態じゃなかった模様で、単に手のひらに突き刺すだけの奥ゆかしさ。
そのかわり、胸肉をちぎって牧師さんに食わせてしまうという意外性。
うーん、ピンちゃん流最後の晩餐は、まことに高蛋白低脂肪!!

ま、そりゃーよくよく考えると、話自体は月並みだけど、その分自分の脳内で、カスタマイズしたキャラが、どんどん発酵してオモシロイので、最後には「あーおもしろかった!!」と充分錯覚できました。

個人的にはテリーのくちびるの魅力だけで、ゴハン3杯いけそうです!!

(2004年)

ヘルレイザー3(Blu-ray Disc)

ヘルレイザー3(Blu-ray Disc)

 

「ヘルレイザー3」データ

HELL ON EARTH 1992年 アメリカ

監督//
  • アンソニー・ヒコックス
出演//
  • ケビン・バーンハート
  • ローレンス・モートロフ
  • テリー・ファレル
  • ケン・カーペンター
  • ダグ・ブラッドレイ

▼前2作