読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

テキサス・チェーンキラー・ビギニング

映画感想「た」行

HOBOKEN HOLLOW / グレン・ステファン

テキサス・チェーンキラー・ビギニング

正しいチェーンソーの使い方とは?

ギャハハハハ!!題名見た?見た?ワナじゃん!!これは間違うよ、絶対間違う。誰だ邦題つけたやつ!!!ジャーキーにしてやるから出てきやがれ!!
しかもパッケージにはデニスホッパー保安官の顔写真!!ぶわっはっはっは~!!
全くもう、イマドキのレンタル店、こんなのがテキサスチェーンソービギニングの棚の中に、しれっと紛れ込んでいたりするから、油断も隙もあったもんじゃねぇのよね。
商魂たくましいにもホドがある!!

いやでも実は全く怒ってないよ!!見つけた時、思わずブハってなった以上、チャラってことで、もういいよ。

確かに、力いっぱいダメ映画だとは思います。つーか地味。あまりにも地味。何が地味って、舞台が農家。でもって出てくるキャラ出てくるキャラ、不精ヒゲヅラのむっさいヤローばっかり!!女性キャラはいるにはいるけど、いなくても状況は何も変わらん。
ともかくそのムワーンとむっさくるしい野郎どもが、ムンムンむっさいヤローにコレデモカとスタンガンでいたぶられ、やめてくれええええいと泣き叫ぶ!!!……ン?なんですと?スタンガン?

 ■続き

コワモテの兄さんが不敵に勝ち誇り振りかざす拷問器具、それは……泣く子も黙るスタンガン!!あー、あの痴漢撃退でビリビリするやつね!!!そりゃ怖いよね!!逆らえなくて、殺されちゃうのも無理ないよね!!<棒読み

あっ、でもチェーンソーはちゃんと出てきます。
もちろんチェーンソーというからには、木を切るシーンがあるのです!!
こ、こ、これは目ウロコ!!!

私はツネヅネ、ホームセンターのチェーンソー売り場で、「こんな恐ろしいモノを売って!!」などと背筋が寒くなるんですけど、腕を組み、よくよく冷静に考えてみたら、チェーンソーって木を切る道具だったんですよね!!正しいチェーンソーは、別に人肉なんか捌かないんだよ!!
そんな常識を思い出させてくれる名シーンがこの映画にはあった!思わずありがとーーー、ナムアミダブツ!!と拝んどく!!!

そうそう、一応チェーンソーで木を切ってる本人が、何の意味もなく(サービス?)かすり傷を負ったりするから、この人を食った題名も、根拠のないただのワナ、と言い切れないのが確信犯です。
つーか、題名あくまでも「チェーンキラー」だからなぁ!!どこにもチェーンソーなどとゆー活字は入ってなくて、そこで文句が言えないという、ふざけた仕組み。

そんなこんなで、スプラッタ度はゼンゼンだけど、靴下をはいた「足だけ」とか、かなーりツボにはまるカットもあったことだし、私的にはまあいいか!!っと満足してます。

しかも、デニス・ホッパーをはじめ、マイケル・マドセン、トーマス・ハウエルと、豪華なようで、なんか微妙な役者陣も、ちょっとした余禄なのではあるまいか。主演のジェイソン・コネリーは、ショーン・コネリーの息子なんだって(笑)!!うん、やっぱり微妙!!とその微妙さに笑っちゃう~。

つーか、これって「実話」がモトって謳いなんだけど、「実話」と思えばこの地味さが逆にリアルかもしんないです。身寄りのない外国人旅行者などが、コツゼンと消えても誰も気にとめない現実って怖いもんなぁ!!

ちなみに原題はホーボーケン・ホロウなので、苦し紛れすぎる邦題をつけた犯人は極刑に値するとしても、映画そのものには、つまんない以外の罪はない模様なのです。

まぁでも、何がホンキで恐ろしかったかといえば、あのかたそうでスジっぽそうで、キョーレツにバッチィ足もジャーキーになって、どこかの誰かが食ったのであろうか(汗)??ってことなんだけど!!!!

(2007,4月)

テキサス・チェーンキラー ビギニング [DVD]

テキサス・チェーンキラー ビギニング [DVD]

 

「テキサス・チェーンキラー・ビギニング」データ

HOBOKEN HOLLOW 2005年 アメリカ

監督//
  • グレン・ステファン
出演//
  • ジェイソン・コネリー
  • C・トーマス・ハウエル
  • デニス・ホッパー
  • マイケル・マドセン