読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヨウコ・アホラ

Jouko Ahola

ヨウコ・アホラ

頼もしき美形マッチョ

お待たせしました。ヨウコ・アホラさんですよ。
あの、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の、「神に選ばれし無敵の男」にてお会いして、アタイはヒトメボレをしたのだす。
演技はたぶん、大根的な路線なのだが、それがむしろほほえましい!
人のよさそうな静かなまなざしには、アタイのすべてをよろしくお願いしちゃいたい、包容力ってモンがある。


しかも人類カテゴリの中では、頂点に位置するであろうアゴ。
アゴに関しては、猪木や帝のほうがスゴイ!という説もあろうが、問題は、アゴの長さではないのだよ。
ヨウコのアゴには、どんな固めの食料でも、骨ごとバリバリいけそうな、サバイバル向けの安定感と貫禄がある。
だって、生き物系とか、進化プロセス系の、なんかの図鑑で、たしかこんなアゴの化石を見た気がするもんね!

 ■続き

 

そんなワケで、アウストラロピテクス以降の歴史上では、むしろシュワちゃんグループのアゴの持ち主。と、アタイ的には認定しました。
たぶん、20年後のエクスペンダブルズ8あたりでは、シュワポジションで、お見かけしたりするんちゃう?
しかも、シュワちゃんよりは、噛み合わせがよさげやん。

 

すっきりと、端正な鼻!


つーか、思わずアゴの歴史(ちゃうやろ!)を振り返ってしまったが、単なる健康優良で頑丈なアゴだけじゃ、ヨウコ・アホラの顔にはならないのであ~る。
このしっかりしたアゴにもかかわらず、ヨウコ・アホラのイメージが、すっきり端正系で美しいのは、目元の涼しさもさることながら、やっぱ「鼻よね!!」とか思っちゃうわけよ~。

ヨウコ・アホラ


どうよ、この鼻!端正でまっすぐで、なのに冷たさのない美しい鼻!マッチョなキャラにもかかわらず、ガテンな仕事柄でもありながら、おそらく鼻の骨を折ったことなど、一度もないんじゃないだろ~か?
カンケーないけど、アタイでさえ、一度は鼻の骨を折ってるっていうのに!

というわけで、たぶん、てか、絶対、ヨウコの鼻には、神の祝福が宿ってる!
あと、毛並みと生え際が、好みのゾーンに大ビンゴ。
意外とやわらかそうで素直そうな毛並みは、なびかせてヨシ、なでつけてヨシのオールマイティ。
ロンゲにでもしようもんなら、マッチョ特有のなで肩とも、絶妙にマッチする!!!

もうひとつのチャーム・ポイント


そしてもうひとつ、忘れちゃいけないチャームポイントは、ヨウコ・アホラという名前!たかが名前と言うなかれ。
日本人にとって、忘れようにも忘れられない、親しみと悲しみを含んだ発音なんではないのだろうか?
ヨウコちゃんといえばクラスに一人は必ずいたし、お食事時にテレビのお笑いナドを見ながら、「アホラね~」と会話した経験は誰しもあるばす。
なので、アタイがボケ老人になった暁にも、ヨウコ・アホラと、一口(いもあらい)六郎(だれ?)さんだけは、フルネームで声高らかに暗唱すると約束できます。

と、と、ともかく。

「神に選ばれし無敵の男」のときは、マッチョコンテストのチャンピオンという肩書きのしろうとさんだったらしいけど、今もまだ、本業(大工さん?)の片手間の俳優業であるらしいけど、↓こんなふ~に、ボチボチ俳優家業もこなしておられる様子!

ウォー・オブ・ザ・デッド

 

ウォー・オブ・ザ・デッド [DVD]

ウォー・オブ・ザ・デッド [DVD]

 

 

ヨウコ・アホラ最高ですよね!!
ブレイクを待つ!! 

 

2013年3月

 

神に選ばれし無敵の男 [DVD]

神に選ばれし無敵の男 [DVD]

 

 

データ

  • 1970年9月1日 フィンランド

Filmography

  • 神に選ばれし無敵の男(2001)
  • キングダム・オブ・ヘブン(2005)
  • 7 miljonärer(2006)
  • Mal día para pescar(2009)
  • ウォー・オブ・ザ・デッド(2011)

ヨウコ・アホラ