読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ピアニスト

The Piano Teacher

映画ピアニストのイザベル・ユペール

 

これねえ・・・・いろんな解釈が出来てしまうだけに、感想が全くまとまりません。
15年以上前の映画で、いろんな解釈も出揃っているのに、それでも自分なりの落としどころを考えあぐねて、頭を抱えてしまうのは何なのじゃろ~か。

この映画に限らず、ハネケ映画を見てしまうと、少なくとも3日はあとをひくのが常なのですが、よろめきつつでもそれなりの着地ができればまだいいほうで、アタイごときの理解力では、更に3日モンモンとするハメになり、もう、本当にもどかしい。

ということで、今回は、この映画を未見の方にとって、なんじゃこりゃー!みたいな支離滅裂な感想になると思います。
一方、とっくに鑑賞済みの人にとっては、「こいつアホか?」ってなると思うので、「そうなんですよ、アホを助けて!」とあらかじめお願いいたします。

まぁ、正直なところ、解釈作業はもう投げていて、ただ美女とイケメン描かずにはいられなかったので、人助けと思って見てってもらえたら嬉しいな・・・・、って感じです。

 

あらすじ

エリカは、母親の強烈な支配のもと、ピアノひとすじに生きてきて、ピアノ教師として中年にさしかかっている女性です。
母親の支配をくぐりぬけ、「ポルノショップに立ち寄って、前客の残したティッシュをスーハー」とか、「カップルが、車でいたしておる現場を覗きつつ、たまらず放尿」ってぐらいの息抜きを行い、母親とのがんじがらめの共依存状態に、酸素を補給している毎日でした。

そんなある日。

日常の閉塞感、精神を病みかけた神経質な気配を濃厚に漂わせつつ、そうなりに安定した生活を送っていたエリカに、突如人生を狂わせる出会いが訪れます。
とある演奏会で、出合った若く美しい青年からの、まっすぐで情熱的な求愛。
ぶっちゃけ、これは、そこからはじまる、ラブストーリーを、覗き見るお話なんだと思います。
ただし、ハネケ作品なので、当然「えええええ?」という展開が、これでもかとばかり、たたみかけてくるのです。

 

 ■続き

 

感想

もしもエリカを、イザベル・ユペール以外が演じていたら、アタイとしても、こんなに困らなかったと思います。

ワルターとの、出会いのシーンからもうアカン。
キラキラおメメのワルターは、演奏会の余興的に、シェーンベルグを弾くつもりだったのが、エリカとの会話によって予定を変更、シューベルトのピアノソナタ、イ長調を弾くことで、ぐいぐいと攻めてきます。
演奏は見事で、エリカの気持ちを逆撫でしつつ、ぐっと惹きつけてしまいます。

映画ピアニストのワルターとエリカ

 

そんなこんなで、2人のラブストーリーが始まるのですが、なんというか、エリカの奇行が痛ましいのです。
アタイは、この人はなぜ、そう行動するのか?という疑問が解決しそうでしない映画がけっこう好きなので、もし、エリカがイザベル・ユペールじゃなかったら、エリカの性癖に対しても、「まあそんなこともあるわなぁ」と済ませることができたはず。

だけど、エリカはイザベル・ユペールなんですよね。
だからして、かなりこじらせた性癖の人、っていうより、ピアノに対してしたように、男女の関わりをポルノから「学習」したのかもしれない、と思いました。

その学習で得た知識を、実践に移そうとしたのが、あの手紙だったとすれば、その後ワルターに、文面どおりにそうされて、思わず抵抗してしまう理由が見出せる気がします。

ワルターに対する関心が、恋愛なのか、発情なのか、学習なのか、またどのように心境が変化したのか、エリカ自身、自覚なく、ただ翻弄されたのかもしれない。

 

映画ピアニストのブノワ・マジメル

 

今、アタイに言えるのは、この映画のブノワ・マジメルがあまりにも色っぽく、ワルターとしては残酷だったな、ということぐらい。

最後のシーンで、ワルターはエリカを突き放し、エリカは己の心臓に当たる場所を切りつけて、おそらく現実と向き合って、なにはともあれ一歩を踏み出したのかな。
う~ん、やっぱしよくわかんないなぁ・・・。
ハネケ監督、深いからなあ・・・。

 

映画ピアニストのワルター

 

みどころ

トイレのラブ(?)シーンがとんでもなかった。
美しいというか、醜いというか、なにこれ?というか!!
ぶっちゃけ、男性が見たら、耐えられんシーンちゃうやろか!

 

どうでもいいけど、「キラー・コンドーム」の ウド・ザメル出とるよ。

seicolin.hatenablog.com

 

「ピアニスト」データ 

  • La Pianiste
  • The Piano Teacher
  • 2001年フランス

 

ピアニスト [DVD]

ピアニスト [DVD]

 

イザベル・ユペール

監督

  • ミヒャエル・ハネケ

キャスト

  • イザベル・ユペール(エリカ)
  • ブノワ・マジメル(ワルター)
  • アニー・ジラルド(エリカの母親)
  • ウド・ザメル(ブロンスキ)