ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

片腕マシンガール

THE MACHINE GIRL / 井口 昇

片腕マシンガール

そこまでしなくても・・・ってぐらいサービス満点

うーん、もしよ、もし、題名と監督名を伏せられて、スネークプレビューなんかで見ていたら……?
冒頭の、監督自ら体を張ったスリコミ、うんにゃ、レクチャーも、きれいさっぱりカットして。
犯人、うんにゃ、ふんどし野郎を2人並べて、よーっく水にさらして天日に干して。
そうしてあくまでもフレッシュなキモチで、鑑賞に臨んでいたとしたら……。

冒頭のシーンは悪質なイジメだ。こっ、これは許せませんよ、うん!!
そこへセーラー服主人公のアミちゃん登場、イジメッコなど、片腕に装着したマシンガンで、木っ端微塵に成敗してくれるわ!!ズババババ!!……という流れゆえ、
言いようによっちゃ、娯楽作品の形を借りた、現代に巣くう心の闇を取り上げた社会派ドラマ?
不幸な境遇にも負けず、明るく生きようとする姉弟を打ちのめす現実。ただひとりの弟を失った時、セーラー服の美少女は立ち上がり、痛々しいまでに強気に復讐を遂行していく……。
というこのお話に……、
大泣きに泣けた可能性、なきにしもあらず?

 ■続き

……。
……。
ん~~~、ムリよね。ムリムリ!!!なきにしも、ないない!!!
……ってほどの、オオバカ野郎なハジケっぷり。B級?いやいや、どっちかっつーともうヒトコエおまけして、
Bダッシュ級ってのは、どない?もちろん、フォントは極太で!!

だからといって、真性天然のオバカ映画でもないみたい。めっちゃキッパリ、狙ってますよね?
だからといって、もちろん賢くもないよね。
一歩違えば、監督の1人ハシャギ映画になる、キワドイところだと思うけど、2歩間違ったので結果オーライ!みたいな・・・?
なんせ適度な毒気と、サービス精神と、なにより「面白きゃいいじゃん!」的な悪ノリ精神が、すがすがしいほどに突き抜けてるので、こっちとしてもレクチャー通り、「やっぱりバカだね~~~、ウヒャヒャヒャヒャ!!」とポップに楽しんで正解の模様です。

もちろん、イジメッコの首はもげ、頭部まるごと鍋の具になったりするし、血まみれの攻防は家族ぐるみ!!外道の親は、もっとビッグなモンスターペアレント!という、敵と味方のわかりやすさがいいんだけど、まぁよく考えたら、血で血を洗う展開なのでドッチもドッチ!!
PTAや日教組、ヒューマン指向の親兄弟にはなるべく極秘にて鑑賞しませう。

と、も、か、く、
スプリンクラーのごとく、豪気に噴射する血糊ピューピュー、うなるパンチラ、吼えるおっぱい!!
手裏剣が!!ハットリ君が!!フライに見せかけたテンプラが!!ジャージ姿の中学生忍者が!!
ワレワレの網膜を、タテヨコナナメに駆け抜ける!
いよっ、スプラッタアニメの実写版水戸黄門!!<なんじゃそれ
ようするに、めっちゃ、おもろい!!!低予算の星!!でも歴史には絶対残らないので、我が家の押入れ一番の秘境に保存版だぁ!!

ただひとつ、文句があるとすれば、「ガクランの上に、ファーつきフードコートなんぞ着るんじゃねーーーーっ!!」……ってことでしょうか。だって、おかあさん的に、ガクランにファーの抜け毛がついてるのが許せない。
あと、監督のビジュアルが、あまりにも反則。

片腕マシンガール

(2009年1月)

片腕マシンガール [DVD]

片腕マシンガール [DVD]

 

「片腕マシンガール」データ

THE MACHINE GIRL (日本/アメリカ)2007年

監督//
  • 井口 昇
出演//
  • 八代みなせ(日向アミ)
  • 亜紗美(杉原ミキ)
  • 穂花(木村スミレ)
  • 島津健太郎(木村龍二)
  • 西原信裕(木村翔)
  • 石川ゆうや(杉原スグル)
  • 川村亮介(日向ユウ)
  • デモ田中(ヤクザ金子)
  • 菜葉菜(藤井マサコ)
  • 諏訪太朗(ヤクザ)