ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ハイヒールの男

MAN ON HIGH HEELS / チャン・ジン

ハイヒールの男

あらすじ

サイボーグのごときスゴ腕で、無敵の殺し屋警官、ユン・ジウク。
ヤクザのトップにすら一目置かれ、「男の中の男」として、ヤクザの中に隠れファンもいたりする。

そういう濃いキャラですからして、えてして署内ではつまはじきだったりするのが常よね~とか思っていたら、なんとユン様、署内での信頼も厚みバッチリ!という愛されキャラ!

そういうことならノビノビと、思う存分悪者を、ドカドカ血祭りにあげてあげてあげまくりゃー、ええ感じに極悪な、ノワール映画になるんじゃない?

ところが、彼の内面にはその状況に満足できない、知られざる苦悩があったのです。

ある日、おもむろに辞表を出したユン。
その裏には、誰もが予想だにしなかった、切実な目的がありました。

 

 ■続き

 

感想

ええ、ええ、ユンがカッコいいんですよ・・・。

ツカミで、ヤクザのボスが手下どもに語る、サウナで出会ったユン像。「ン?」となる伏線がロコツに仕込まれてるものの、巷の中学2年生も軒並み納得間違いなしの、ニヒルでクールな人物像!!

そこへ本物がバーンと乗り込む!
キレッキレのアクションシーンが、スピード感も絶好調にたたみかける!!

このバトル、華麗なるアート!!
ユンのすらりとした手足が、やりすぎ、ってぐらいスマートに宙を舞い、無駄のない一撃を次から次へと決めていく。

ヤクザの反撃はフォークのみ。

当然、のぼせたアタイの思考力は、温度急上昇により、緊急停止いたしました。

 

ハイヒールの男のチャ・スンウォン

 

ところが、見た目と行動は「男の中の男すぎる男」でありながら、ユンの心は「女」だったのでございます。
しかも、女としてのユンはけっこうナイーブ。
その女子力は、お部屋の整理整頓や、どうしても立たせずにいられない、小指なんかに現れます。

ぶっちゃけ、話自体はガチな性同一性障害ものなので、ユンの苦悩の深刻さに胸が痛み、悲しくなったりもするんだけど、それだけに、随所に仕込まれた小ネタの破壊力がハンパないです。

 

ハイヒールの男のワンシーン

(性転換手術をする場合、途方もなくお金がかかるので、どこから手をつけるかの優先順位は大事なのだね・・・。)

 

あと、ホ・ゴン(ブルの弟ヤクザ)が、ユン宅のガサ入れをするシーンは特に笑った!
ゴンはユンのファンなので、荒らしたお部屋を、部下にちゃんと片付けさせたりとか。

この映画はそういうシーンとシリアスなテーマとハードボイルドを、強引に融合させて無茶が目立つフシもあるけど、癒着部分にヘンな滑らかさみたいなものがあって、なんか、めっちゃ新しいジャンルを見たような、不思議な後味が残るんですよね。

 

みどころ

チャ・スンウォンの背が高いっつーか、長いっつーか、ともかくハイヒールはいて女装をすると、巨大すぎて目立ちます。
なのに周囲の、不自然な自然さがたまりません。

男としてのユンを尊敬していた後輩キムが、女装のユンを見て、「きれいだった。」と言うシリアスなシーンがあるんだけど、見た目だけに関して言うと、説得力まるでなく、アタイ反応に困りました。
ただ、仲のよかった同僚だけに、キムの目には内面もひっくるめたユンの女装が見えていて、なればこそのセリフだろうから、やっぱ深いのではないでしょうか。

そこを押さえておきますと、クライマックスでハイヒールを脱ぎ捨てた、血みどろユンに悶絶します。
化粧はドロドロ、ブラウスはひらひら、血糊べったり!
カッコイイなんてもんじゃないよ!レジェンドですよ!

 

あと、少年時代の回想が、本当に美しくてうっとりしました。
なかでも最大のキモはなんつっても、ユンの襟足、襟足ですので!!!

 

ハイヒールの男の回想シーン

 

 「ハイヒールの男」データ

  • MAN ON HIGH HEELS 2014年(韓国)

 

ハイヒールの男 [DVD]

ハイヒールの男 [DVD]

 

 

監督

  • チャン・ジン

キャスト

  • チャ・スンウォン(ユン・ジウク)
  • オ・ジョンセ(ホゴン)
  • イ・ソム(チャンミ)
  • ソン・ヨンチャン(ホブル)
  • キム・ウンス(パク班長)
  • アン・ギルガン(パク)
  • コ・ギョンピョ(キム・ジヌ)
  • イ・ヨンニョ(パダ)
  • イーエル(トド)
  • パク・ソンウン
  • オ・ジホ
  • キム・ミン・ヘギョ
  • ユンソナ
  • ウォン・ハエ・キム
  • キム・ビョンオク