ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

道士下山

Monk Comes Down the Mountain

道士下山

 

 

あらすじ

山中の道教寺院で育った捨て子のハー・アンシァ。
寺院の食いぶちが増えたため、寺への居残りをかけての戦いで、みごと勝利したものの、法師から「お前の強さなら外界でたくましく生きていけるであろう。んじゃ、達者で。」なんちゃって、背中を見送られ下山します。

ぶっちゃけこれは、そんなアンシアの見た「いろんな人たち」の物語です。

 

 

■続き

感想

まず、監督のチェン・カイコーさんについて、 「覇王別姫」とか「北京ヴァイオリン」なんかによるイメージが強い場合は、そのスリコミを、一旦とっぱらう必要があると思います。
つーか、アタイが思うにチェン・カイコーさんはわりと二人程いますので、どちらかというとこの「道士下山」は、「プロミス」なんかを撮ってるほうのチェン・カイコーさんの仕業かな、とあらかじめ割り切っておくのが吉かと思われるのでございます。

ちなみにプロミスはコレざます。↓
突っ込んだら負け、みたいな超センス、このヒドさ、ラブリーさ。お気に入りです。


seicolin.hatenablog.com

 

悪役がサイコー

ええ、悪役が濃いんです。
ミーハーにとって、そこ最重要ポイントです。

とくに最後にチラっと出てくる、ラム・シューの暑苦しさがたまりません。

あと、ジェイシー・チャンの見どころ多し。
彼は麻薬で捕まっちゃったから、今後の活動が予測できないだけに、本作の露出はかなーりレアだと思われまする。
特にポイズンシーンはアホらしい上にバカなので、よく温めてじっくりと愛でよう。

 

映画道士下山の悪役

悪役なのに、なんか親子愛みたいの見せられるし・・・。

 

スポンサー  

 

f:id:seicolin:20180407170941j:plain

そして、キャストが豪華なのです。
ツイ医師の弟にして間男のダオロン役にヴァネス・ウーとか、たまらん人もいるのでは・・・。 
傾国の美女リン・チーリンも、生足あらわにもうええっちゅうほどサービスして下さいまくります。
ありがとう、リン・チーリン!
たとえ少女コスプレやフリルの暴力に世間の物言いがついたとしても、アタイは一生味方だよ!

 

メインエベント

もちろんメインイベントは、アーロン・クォックとチャン・チェンの二大美形であります!
中国の山奥で、二人っきりで仲睦まじくいちゃいちゃ・・・いや、修行したりしてたんですよ!
ぶっちゃけミラーマンとの違いは、場所がインドか中国かぐらいですよ!

最強の猿撃術習得の過程では2ショットを超堪能、行き過ぎた目の保養で、アタイの目はくらみっぱなし。
んでこのカップルいまは別々の道を歩んでるけど、ココロの中で逢ってるってんですよ!!

やだもうやめて~~~ラブラブじゃん!

 

映画道士下山のアーロン・クォックとチャン・チェン

 

ちなみに、私はやりすぎワイヤーアクションがそもそも苦手だったんだけど、なんかもう、最近は何でも許せる心境に至りつつあるのを実感しました。
ヤバイヤバイ、そろそろ解脱してんのかもしんない・・・。

チェン・カイコー様、どこまでも行くがいいさ!!
私は、なるべくついて行くよ・・・。

というわけで、「道士下山」、「道士下山」をよろしく。
いまならネトフリにありますぞ!

レッツ、ガン見!

 

道士下山 [Blu-ray]

道士下山 [Blu-ray]

 

 

「道士下山」DATA

  • Monk Comes Down the Mountain
  • (2015年)中国 / アメリカ

監督

  • チェン・カイコー

出演

  • ワン・バオチャン(ハー・アンシァ)
  • アーロン・クォック(チョウ・シーユー)
  • チャン・チェン
  • リン・チーリン
  • ファン・ウェイ
  • ユン・ワー
  • ワン・シュエチー
  • ヴァネス・ウー
  • チャン・クォックワン
  • ラム・シュー
  • ジェイシー・チャン