読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ネクロマンティック特別編

映画感想「な」行

NEKROMANTIK / ユルグ・ブットゲライト

ネクロマンティック [Blu-ray]

ネクロマンティック [Blu-ray]

 
ネクロマンティック2 [Blu-ray]

ネクロマンティック2 [Blu-ray]

 

人それぞれの愛のカタチ

ヒトクチで言うなら、世の中にはいろんな人がいるもんだねぇぇぇ~!!……って映画ですよね。
大きくわければ「人類」などとひとまとめに括れる中にも、細かくカテゴリを分けてけば、こういう映画を作る困ったドイツ人もいれば、スピルバーグ監督のような天才もいれば、マザー・テレサのような聖人もいるってことですよねっ。以上!

……。

終わってどうする。

 ■続き

えと、そんなわけで、世の中は広く、それぞれの脳味噌が起こす、バラエティ豊かな神秘は計り知れず、死体を愛するヒトタチも、幸せに暮らしておりました。

死体処理業という、趣味と実益を兼ねた仕事についている、死体フェチのロブ青年。処理する死体から、ささやかに目玉をクスねたりして、こつこつビン詰めの人体パーツの、コレクションを増やすのが楽しみ。

ところがある日、腐敗状態も熟しまくった、ステキな死体をまるごと手に入れちゃったからさぁ嬉しい!GFのベティも大喜びです。
さっそく死体も含めた3Pだぁぁぁぁぁぁぁ!って、3Pの主役は、死体の股間に立てたぼ、ぼ、ぼ、ぼ、棒ですか(汗)?!っていうか棒、ノコギリで切った、テーブル(イスか?)の足だし!
あああああーベティ、いくらなんでもそら痛いやろ!!!<思わず真顔

ま、糸の引きっぷりもねちっこいえっちなシーン自体は、その筋が趣味の人達の、ロマン満開、まさに成人向けキャンディキャンディと言っても良いぐらいだと思います。
こういうのを、水を得た魚、死体を得たネクロフィリアというんだろうなあ。死体の目玉を口に含み愛撫するロブ青年の、恍惚の極みな表情からも、死体に対する愛が、あふれんばかりに優しく描かれていたもんね。

ところが、ロブ青年の、そんな甘く幸せな日々は、ロッカーが、同僚のひんしゅくを買うほどに臭かったのが原因で、あっさり職を「クビ!!」にされたのを引き金に、終わりを告げてしまいました。
なんといっても、死体を調達できなくなったのが致命傷!!
「信じられない!私に死体を探せというの?この死体がいつまで持つと思ってるのよ!」

ナドと怒ったベティは、ロブ青年を置き去りに、慰謝料がわりに死体を持ち逃げ!

一瞬にして「天職と、ベティと、死体」を失ったロブ青年。まさに踏んだり蹴ったりで、ボーゼンとわびしさのテンションを上げていく。
ああ、ロッカーの中の作業服を、せめて洗濯していれば・・・。

というわけで、こんな調子で書いてたらキリもないのでやめますが、絶叫も高らかに、血ドバと死にゆく様がおぞましいスプラッタ映画とはちがって、単に死体を愛でる映画なので、怖いってわけじゃーありません。
極端に言えば、ちょっと珍しい趣味の人の、青春映画のようなもんです。
お花畑でキャッチボール、なんて青春ラブストーリーものの定番シーンもキッチリ入って、違和感なし。
ただ、ボールがちょっと、生首なだけ。

そりゃー、ネクロフィリア映画だから、ウサギもアザラシもムいちゃうし、死体がなけりゃー、死体を作ります。
腐りそうならサバきます。死体の自給自足だってやっちゃいます。
自ら死体になりかけながらエクスタシーも感じるし、死体ゲットのためなら、女だてらに墓もがんがんアバきます。

だってそれがボクらの幸せ!!……と言われれば、世の中の広さを感じつつ、ほっとくしかないですよね。
アキバ好きも女装好きも死体好きも、大きな声じゃ~言いにくいだろけど趣味は趣味。実害さえなきゃ、なるべくそっとしておきたいものだ・・・。

まあ、完全版と違って特別編は、ダイジェスト版のようなものなので感触もライト、独特のペーソスは、捨て置くには惜しいものもありすぎますんで、興味のある方には、とても心の広い時なら、ごらんになってもよろしいんじゃーないでしょうか、と言ってみる。

ただし、納豆の「見た目」に免疫持ってない場合、ちょっとショックかもしれませぬ。

 

 「ネクロマンティック特別編」データ

NEKROMANTIK 1987,1991年 ドイツ

監督//
  • ユルグ・ブットゲライト
出演//
  • ダクタリ・ロレンツ
  • ベアトリス・M
  • ハラルト・ランド
  • スーシャ・スコルテッド
  • モニカ・M
  • マーク・リーダー