読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

サンゲリア

映画感想「さ」行

Zombie2 / ルチオ・フルチ

サンゲリア

ルチオ・フルチさん絶好調


原題いきなり「ZOMBIE2」。じゃあ1はドコ?とか言って、今はなきフルチさんに詰めよりそうになってまう!!
聞けば、誰もが口を揃えて言うココだけの話、ロメロ「ゾンビ」の続編を、フルチさんが作ってあげたのがコレらしい。

もちろん、フルチさん側が気をきかせて勝手にパクった作っただけのことで、ロメロさんにとっちゃ~晴天のトルネード、寝耳に大洪水、ありがたくないストロング迷惑!!……だったんやろな、と察せられます。

ハタから見れば明らかに、フルチさんの、やったモン勝ち。簡潔に言えば、世の中平和だったんだな、ってことなんじゃないかな~~!!
ちなみに、原題は「ゾンビ2」なんだけど、この映画にゾロゾロ出てくる、腐った死体の名称は「サング」という、ヤヤこしいことになっています。ぜんぜんどうでもいいっすね。


 ■続き

話は……別になにもなかった!!
ともかく、美女が脱いだり、ゾンビが出たり、美女がシャワーあびたり、ゾンビが出てきて食いちぎったり、たまに目玉になんか刺さったり、400年もの熟成ゾンビがニョキニョキよみがえったりとかします。

内容は確かにそれ以外になんにもないんだけど、ことフルチ映画というくくりの中に限って言えば、結構内容がまとまっているという異色の出来!!
たまに時々つじつまのハテナなところは、ブードゥ教の神秘ってことで、丸めて収めておくが吉。
まぁ実際にブードゥ教の信者さんなら激怒してもいいと思うけど、実害のないアタイとしてはフルチさんの言い分に歩み寄り、とりあえず、「わけわからん!!!」と吠えずにすんだ感じです。

なんせフルチ氏、サービスがねっちょりクドい人ゆえに、内容はナくとも、余計なところに芸が細かく、見る側がその気になりさえすれば、ミドコロは満載!!
私も一応、眼球めがけて来る!!来る!!来る~!!ウっ!!ん?・・・みたいなシーンとか、ゾンビが奥さん囲んで無言でモグモグ食ってる根暗なランチシーンとか、す、す、好きです。かなり。ごめんなさい。

つーか、フルチさんがあまりにもあの手この手で喜ばせようとしてくれるので、「フルチさんは私たちを誤解していまーすっ!!そのサービスは間違っていると思いまーすっ!!」ナドとムゲにお断りするのも申し訳なくてさ……。
やっぱ、せっかく出してくれたものは、楽しく見せていただく、てのが仁義ってやつかなと思ってね……。


いやでも結構オモシロイのは確かです。
体のパーツがいちいち丸出しになってるワリには、ピンクのキャップだけはきっちりかぶって突然海に潜るオネーさんとか、かなり五体満足な状態のまま、海に潜んでるゾンビとか、ピチピチのオネーちゃんそっちのけで、ゾンビと死闘するハメになる気の毒なサメとか、凡人には思いもよらないネタがテンコで、なかなかあきれた飽きない展開になってます。
その、ピントがヒトアジ違うアイディアと、シモジモとは折り合いにくいであろう独特のテンポが捨てがたく、ヤジりながらもついつい楽しく見てしまう。最後の最後まで見てしまう。

最終的に、ゾンビがあふれてこの世も終末……という絶望的なシーンが一瞬涙を誘いかけるものの、隙間に見える道路では、フツーにブンブン車が走ってたりして、「平和なんじゃん!!」とか思う(笑)。
そんな、「ゾンビのディティールにはうるさいくせに、大事なラストはテキトーにすませる」という偏った仕事っぷりが、ダメながらも妙に憎めない映画……。

(2005年11月)

サンゲリア 製作35周年記念HDリマスター究極版 [Blu-ray]

サンゲリア 製作35周年記念HDリマスター究極版 [Blu-ray]

 

 ▼2もあります。

seicolin.hatenablog.com

「サンゲリア」データ

Zombie2 1979年 イタリア

監督//

ルチオ・フルチ

出演//

ティサ・ファーロー
イアン・マッカロック
リチャード・ジョンソン
アウレッタ・ゲイ
アル・クリベール