読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

案山子男2/復讐の雄叫び

映画感想「か」行

SCARECROW SLAYER / デヴィッド・マイケル・ラット

案山子男2~復讐の雄叫び~ [DVD]

案山子男2~復讐の雄叫び~ [DVD]

 

か、案山子男の続編ですと?

……というわけで、意外にも笑いがとれた前作の評価を、誰かが全力で勘違いしたんでしょうか、何とあの案山子男 に続編が!!
しかし、あの作風を面白がれるのはせいぜい1本、なにも2回もは見んでええ!!でも、私のアイドル、トニートッド出てるし……というプチ葛藤の末、見ました。

寝ました。

案山子男2

……つーか、1と同じ作風の方がまだましだった!!神様ごめん!とか、思わず無関係な神様にザンゲするほど、全く違う作風に!
……まあ、それは続編ならよくある話。
しかし、この作品はあまりにもデキがヒドすぎないかな?
ああトニー!!チェックのネルシャツなんて着て、農夫顔してる場合じゃないんだよ!!
ついでといっちゃなんだけど、そのマグカップはあんまりキャラに似合わないよ!!

なんせ、単に面白くないだけならまだしも、話わけわからん、編集クタクタのヨレヨレ、関係者一同のオツムの中に、鳥の脳みそが入ってる?
つーか、なんでふつーの寮みたいな所に、バズーカまであるんだろう……。それでも寝ては巻き戻し、寝ては巻き戻して見た内容を思い起こせば、あの衝撃のラストシーンが脳裏に浮かぶ……。

 ■続き

そもそも殺人案山子はどうやって出来上がるのか。
前作では、レスターの死の間際、強い念が働いて、たまたまそこに居合わせた案山子に、霊が乗り移ったと思えなくもなかった。
けど、それはどうやら思い違いで、案山子の下で死にさえすれば誰でも案山子になれるということが、今回の作品で、明らかに!!
なんや!!そんなお手軽なことやったんかぃ!!!そうとわかれば、うかうかバカボンパパカカシとか作れないから困るよね!!……って話じゃなくて。

生前、デビッド新案山子には、足のふっとい恋人がいました。
どうやらデビッド新案山子はその恋人と、案山子同志のカップルになって、時々人間を惨殺とかしながら、幸せに暮らすことを夢見ちゃった模様。そして恋人用の案山子をコツコツ制作。
あとは案山子の下で恋人を殺せばいいだけというその時に!!!

生前のデビッド新案山子を横恋慕していた(ここ衝撃の事実)親友カールに邪魔をされ、つい新品の案山子の下で殺しちゃったからさあ大変!!恋人用の案山子の体を、カールに乗っ取られてしまったのだ!!!

そんなわけで、すごくあっさりカール案山子の出来上がり。怒ったデビッド案山子VSカール案山子という案山子同志の死闘となるのです。
いくら情けないいきさつでも、普通だったら「死闘」の部分はクライマックス!!ところがこいつらは藁同志!!!

バサっとかガスっとかカサカサカサカサとか、農業映画のような稲刈り効果音で、ちょっと動き回る映像があるだけ!そこらの棒でチョイと押せば、カール案山子は(たまたまそこにあった)粉砕器で、瞬時にぶおーーーん、ハラハラと散ってしまう!!
一方、勝ち残ったデビッド案山子は、カマを振り上げジャンプした所を、モト恋人にロケットランチャー(え?)で吹き飛ばされ、これまたハラハラと散るのです。

……えと、案山子、クライマックス前に2つとも死んじゃったんですけど?
ま、まさかこれで終わりとか言わないよね???!!!!
・・・終わりでした。

そりゃー、1が1だから、確かに期待はしなかった!!しかしクライマックスが一切ないとは、さすがに思いもよらんかった。だだだだだってトニートッド出てるし……。
ちくしょー。もし、3が出て、万一キアヌ・リーブスとか出てても、もうぜったいだまされないぞ!

2005年3月

 

「案山子男2/復讐の雄叫び」データ

SCARECROW SLAYER 2003年 アメリカ

監督//
  • デヴィッド・マイケル・ラット
出演//
  • トニー・トッド
  • トッド・レックス
  • デヴィッド・カストロ
  • スティーブン・シュルツ
  • ニコール・キングストン

▼前回の案山子

seicolin.hatenablog.com