読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

悪魔のいけにえ2

THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE PART 2 / トビー・フーパー

悪魔のいけにえ2

ビル・モーズリーのチョップトップ最高

 

その浸透力から考えても、ホラーの名作として君臨する、「悪魔のいけにえ」という映画。
しかし、数字が「2」とかつくと、とたんにいきなりうさんくさい。

でも、これがたとえ1とはすっかり変わり果てたドタバタコメディーと化してても、1を作ったご本人がやってるからには、誰も文句なんか言えない空気。特殊メイクにトム・サビーニをむかえたりして、かなーりやる気まんまんみたいだし・・・・・。


というわけで、もちろん文句、ありません!
だって、好きなんですよね!!!ホラーというよりファンタジー?というか、メルヘンと言うか、何が何だか夢があるっしょ!!ねぇ!!
第一、レザーフェイスの恋愛なんか、迷わず胸キュンものじゃんか(し、心筋梗塞とも言う?)!

 

 ■続き

 

さて今回はのっけから、ミイラで二人羽織状態のレザーフェイスが、チェーンソーとは思えない切れ味で、ご迷惑ティーンのオツムをサックリさばいたあたりから、めくるめくファンタスティックワールドに旅立つのです。

なんせバックでうしろ向きに走ってるはずのトラックが、ベンツにかるーく追いついちゃう理由、ファンタスティック以外に何がある?

踊るミイラはいつかどこかで見たような懐かしさをカモしていて、ついつい前作を遠い目で、思い出しちゃったりするシカケ?

いかにもこのミイラ、前作であの世行きになったはずの、ヒッチハイカー(名前はチャーリーらしい)さんじゃーあーりませんか。水分すっかり抜けちゃって、わりかし変わり果てちゃってるけど、その凶暴なまなざし(ないけど!)は昔のままにオンマイマインド!

 

そしてこの事件に食らいついたのが保安官レフティことデニスホッパー!なんと前作の被害者フランクリンのおじさんなのです!
フランクリンの仇をとる、という、いまいち信用できない大義名分を印籠がわりに、美人DJストレッチを囮に仕立て、ソーヤー一家に乗り込んで、思う存分暴れすぎ!

なんたって手には2丁チェーンソー、腰には更に予備チェーンソーという、腰にキクにもホドがある、装備!
見ているこっちも、相手がデニスホッパーである以上、放し飼いにするしかないもんね。反則、反則。

 

ちなみに、ソーヤー一家のお住まいは、ナント遊園地なのでありまする!
その夢のあるイメージにピッタンコとハマる、いかにも蝕まれた世界観が、バージョンアップにてご健在。
めくるめく南妙法蓮ホネホネインテリアの楽しさは、20年近くたった今でも、他の追随を許さないモノが。
そして、あらぬ方向に進化を遂げた、狂ったキャラたち。
トビーフーバーはしゃぎすぎ(笑)!!

 

ともかく、そっとしてよーが掘り起こそーが、どーせ気が狂ってるソーヤ一家めがけて、真顔で迫り来るレフティが、火を見るよりあきらかに火に油!!そこらへんの柱を手当たり次第に、むやみにチェーンソーで切りまくる。
そんなレフティの所業の前では、映画としてどーのこーのと左脳を使うことさえアホらしく、いっそなんでも来なさいと、渾身の胸ポン状態に陥るんだよ!
そしてポンした胸さえむせかえる、登場人物のなかでレザーフェイスがいちばんマトモ!!かもしれない!?!・・・・という衝撃の疑惑。

 

ナドと、感想の収拾のつかなさも何だか独走ぶっちぎり、合わせてDJストレッチ(ヒロイン)の絶叫アンド大口の迫力も、前作サリーに負けず劣らず!
ただもう前作とは別の次元で、鼓膜と角膜にずずずいっと染みいる、第一級ご迷惑エンターティメントな珍品ホラーと思います(ホメホメ)。

ただし、ついつい自然にテンガロンハットをかぶりたい衝動が芽生えた時は、あわてずに呼吸を整えてから、もよりの遊園地病院に相談すべきよね、たぶん。

 

悪魔のいけにえ2

2004年5月

悪魔のいけにえ2(完全版) [DVD]

悪魔のいけにえ2(完全版) [DVD]

 

 「悪魔のいけにえ2」データ

THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE PART 2 1986年アメリカ

監督//
  • トビー・フーパー
出演//
  • デニス・ホッパー (レフティ)
  • キャロライン・ウィリアムス(ストレッチ)
  • ビル・ジョンソン(レザーフェイス=ババ・ソーヤー)
  • ジム・シードウ(ドレイトン・ソーヤー)
  • ビル・モーズリー(チョップトップ・ソーヤー)
▼前回のいけにえ