ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

フレッシュ・デリ

THE GREEN BUTCHERS/DE GRONNE SLAGTERE

フレッシュ・デリ

ちょっとデッサン狂ってますね。すまんすまん。 

あらすじ

ざっくり言うと、肉屋で働く、肉さばき担当ビャン(ニコライ・リー・コス)とお料理担当スヴェン(マッツ・ミケルセン)の、独立細腕繁盛記。

店主のホルガーのもとから独立して、自分たちの店を持ったコミュ障二人が、山を越え谷を越えトラウマを克服し、いろいろ乗り越えてハッピーになるという感動ほっこりファンタジーなのです。

 

ただ、たまたま冷凍庫で凍死した電気屋さんの足を、スヴェンがついマリネにしてしまい、しかもマリネが大ヒットしたりするもんだから、「これを大衆が求めているのか!」と開眼し、結局店の周囲で、行方不明者が増えることになったりはします・・・。

 

フレッシュ・デリ2

 

ちなみに、電気屋さんの死体処理が一件落着して、ほっとしたビャンが冷凍庫の扉を開けると、牛やブタのはざまに、見覚えのある不動産屋さんの死体が、新たにぶら下がっていたりするんですけど、スヴェン曰く、「ゆうべ外に出たら、たまたまあの男が転がっていたんだ!だから冷蔵庫に入れたんだ!」ということなので、な~んだそっか~~~、ってなります。いやなりません、なりません。

 

 ■続き

 

感想

とにかく、ピックアップしはじめたらキリがないほど、ツッコミ倒せるお話ですよね。

誰にも愛されなかったスヴェンが、「おいしいマリネで、お客さんに喜んでもらえるのが嬉しいから」モト妻すら冷凍庫送りにする、ねじれた展開がたまりません。


つまり、人肉マリネは、スヴェンが自己肯定するための手段でしかないので、「殺人だ!!」とか、「カニバリズムだ!!」と大騒ぎするようなお話ではございません。

まぁ、新婚旅行中に飛行機事故にあって、妻を食べて生き延びた司祭(え?)が、「グレイジー(妻)の味がする。」みたいなことを言って、スヴェンをピ~~ンチに追い込んだりはするんですけどそこはそれ。


大筋は、生き辛い者たちが、すったもんだの結果、妙に救済されていく・・・というものなので、細かいシチュエーションのおかしさにヤジを飛ばして楽しみつつ、ラストでじーんとするハメになるんです。

ただひとつ、ビャンがマリネの味見をするシーンだけは、アタイにとって、身の毛もよだつホラーでした。
商売ものの調味料に、ゆ、ゆ、指なんかつっこんでナメるんじゃねぇ!!!
くれぐれも、味見は、スプーンでお願いします・・・・。

 

マッツ・ミケルセン可愛い!!

それにしても、すっかり、人肉お料理ものが定着したマッツですけど、ハンニバルが涼しい顔をしてスマートに料理をするのに比べて、スヴェンは玉のような汗をかきながらお料理をする暑苦しい男、ってところが対照的です。

とにかく、自前の前髪を剃り落としてまで、汗っかきで嫌われ者の、ちっちゃい男役に挑んだ、「デンマークの至宝」の大物ぶりに、まずひれ伏します。
たぶん、マユゲも半分ぐらい剃ってるよね?
けど、前髪やマユゲが別になくとも、生まれつきの麗しさがぜんぜん隠しきれてないマッツに、アタイはひたすらほほえましさを感じます。
あと、エアボーリングのシーンなんか、可愛すぎて萌え死にます。

 

ビャンの弟アイギル

 

フレッシュデリ3

もともと脳障害持ちで、さらに事故で脳死と診断され植物人間と化していた、ビャンの双子の弟アイギル。なんと、生命維持装置を外したとたん、ムックリとよみがえる!

そういういわくつきなので、言動が特殊なんだけど、ニコライ・リー・コスが二役で、すごい演技力を見せてくれます。

超絶動物好きなのに、お兄ちゃんに許しを請うため、でかいニワトリを殺して持って行くシーンは、困ったことに、泣けます。

 

フレッシュデリ4

とにかく、マッツ・ミケルセンファン以外にもオススメできる、良い映画です。
ただ、マリネになった人々のことを考えると、おススメしてはアカン映画かもしれません。

 

フレッシュ・デリ [DVD]

フレッシュ・デリ [DVD]

 

 

「フレッシュ・デリ」データ

THE GREEN BUTCHERS/DE GRONNE SLAGTERE

2003 / デンマーク

監督

  • アナス・トーマス・イェンセン

キャスト

  • ニコライ・リー・コス
  • マッツ・ミケルセン
  • ボディル・ヨルゲンセン
  • リーネ・クルーセ
  • オーレ・テストラップ