ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

東京ゾンビ

東京ゾンビ / 佐藤佐吉

映画東京ゾンビ

 

お試し中のNetflixで見つけてラッキー!Netflix、意外やそそるラインナップで、あれもこれもと見たくなる。
あ~これもう一度見たかった!みたいなのが多い。契約継続しようかしら。

というわけで、この、東京ゾンビも、ずいぶん前に見て面白かったんだけど、今回もやっぱり面白い!!たぶん、数年後に見ても面白いんじゃないかな。
いっそ保存版にしちゃおうかしら。
というぐらい、アタイの「好み」にいちいちビンゴしすぎてて参る。

 

 ■続き

話はまぁ、極めつけにアホらしい

原作は読んでないけど、映画自体はめっちゃゆるくて、シュールで、変態で、どうしようもない世界観。
あ~、これは好き嫌いが分かれるかな・・・というか、「好き」をカミングアウトした、アタイの肩身が狭くなりそうな世界観。

時、近未来。
ミツオとフジオの仲良しコンビは、柔術の練習に明け暮れて、平和に暮らしていました。
まぁ、ムカツク奴を、ポカン!と殺しちゃったりはするけど、ちゃんと埋めて墓標も立てて、ついでに武士の情けもかけておく、という悪意のなさ。
けどある日、家電から死体まで、廃棄物の墓としてそびえ立つ山、黒富士から、ゾンビがモリモリ沸いて出た!!
そういうなりゆきなわけなので、二人は北・・・つーか、ロシアを目指すことになったのです。

ところが深いわけあって、ミツオとフジオは離れ離れに!!

 

・・・・・という、前半の展開が、もう好きすぎてたまりません。
原作者も監督も役者さんたちも、オバカ作りの天才たちが、満を侍して集結し、アホを高めている感じ?

特に、浅野忠信演じるフジオの、ナチュラルなボンクラぶりが超可愛い!
ハゲのミツオの、ハゲとは思えないけどやっぱりハゲてる、真顔の行動もたまりません。
フジオはともかく、なんでミツオがナイトキャップかぶって寝るんだよ!!

 

そんなこんなで、哀川翔の、映画選ばなさにキュンとするし、浅野忠信の、映画選びの天才ぶりにもグっとくる。

ともかく、二人が分かれて5年の月日が、アニメーションや、なめた活字とナレーションによってブッ飛んで、5年前、超ボンクラだったフジオが、なんだか普通のボンクラになってたことは、アタイ的にはやや残念。
でも、ひとりひとりのキャラに、いちいち見せ場があってウフっとなるし、伏線が全部きれいに回収されて、アタイ的には超スッキリ。


つーか、ミツオお前、そういうことだったんかい!!
っていうオチが、バカらしすぎて、よじれます!
にもかかわらず、フジオがバイクで駆け抜けつつあるラストでは、不覚にもアタイ、涙しました。

やばいよね。
その後、別に世界を救ったりする予定とかなさそうなのに、ホント、カッコいいんだもん!!

東京ゾンビ [DVD]

東京ゾンビ [DVD]

 
東京ゾンビ

東京ゾンビ

 

 

データ

東京ゾンビ 2005年 日本

監督
  • 佐藤佐吉
原作
  • 花くまゆうさく
キャスト
  • フジオ:浅野忠信
  • ミツオ:哀川翔
  • ヨウコ:奥田恵梨華
  • フミヨ:松岡日菜
  • 石原:古田新太
  • 本社の藤本:志賀廣太郎
  • ヨッチャン:中村靖日
  • マーさん:曽根晴美
  • ヨッチャンの嫁:高樹マリア
  • ユカリン:谷村美月
  • 秋山先生/王子:楳図かずお
  • 吸血ゾンビ:森下能幸
  • ドンガイラ:橋本さとし
  • マーさん軍団:三浦誠己