読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヴィゴ・モーテンセン

Viggo Mortensen

ヒストリー・オブ・バイオレンスのヴィゴ・モーテンセン

ヒストリー・オブ・バイオレンスより。 

しぶい!可愛い!ぶっちぎりでカッコ良い! 

なんせヴィゴ様でございますので、全てのパーツが一流すぎて、全身まとめてアートなの?と見まごうばかりでございます。神の手抜きが、一切なさそう!

彫りの深い顔面の、奥にまします瞳から、閃光のごとく放たれる、きらめきのピュアなこと!!
し、か、も!!
ヴィゴ様の下顎には、世界一のアゴえくぼが、装備されておるのです!!
そもそもアタイは、どちらかというと、割れアゴは苦手の人間でした。
が、最近は割れアゴ鑑賞の経験を、いささか積みつつありますので、ひと言申し上げましょう。
世の中には、良い割れアゴと、そうでもない割れアゴの二種類が存在します。
割れアゴの二分化の境界線は、単なる主観の問題ですから、アタイの目にそうでもない割れアゴに見えても、市民権はあったはずなのに、「え~!ケツアゴむり~!」などと偏見を抱いた、未熟な時代があったこと、今では恥ずかしく思っています。

しかし、ヴィゴ様を一目見て、ヴィゴケツアゴにスポットライトが当たった瞬間、「なんと美しい割れアゴなのか!!」と、目からウロコが落ちました。
ヴィゴ・モーテンセンの登場が、アタイの割れアゴ感に、さんさんと光明をもたらした瞬間です。

 

 ■続き

 

もちろん、見た目だけのお方のはずはございません。

背後からは、知性という名の後光が差し、横顔からは、憂いがダダモレ状態で、男の中の男というか、人類の最後の希望というか、あえてヒトコトに集約しますと、カッコいいんでございます!!(結論はボキャ貧)

そんなヴィゴさまがひとたび演技を開始しますと、どんなにヤクザな役であっても、ノータリンな役であっても、必ずや深いわけがあるに違いない!!としか思えません。

 

そして、キャリアがとんでもないよね。
俳優で、詩人で、写真家!!!
これまでの俳優キャリアのすごさだけでもとんでもないので、同列に並んだどの肩書きも、ハンパなものでないことは、安易に察しがつきますね。

才能と美貌がワンセット。
もうそろそろ、神を名乗ってもいいんじゃない?

http://theredlist.com/media/database/muses/icon/cinematic_men/2000/viggo-mortensen/002-viggo-mortensen-theredlist.jpg

Viggo Mortensen: Muses, Cinematic Men | The Red List

 

ヴィゴ・モーテンセン出演作ピックアップ5

くどいようですが、ベストというわけではございません。
(この一文を挿入することによって、ちょっとした「間」ができるので、重宝させてもらってます。)

  • 悪魔のいけにえ3レザーフェイスの逆襲
  • イースタン・プロミス
  • ザ・ロード
  • 善き人
  • 偽りの人生

 

悪魔のいけにえ3 レザーフェイスの逆襲

感想は以下に書きました。
もう一度ぐらい見直すと、また印象が変るかなぁ?

ストーリーはともかく、これは、ヴィゴ のエプロン姿が見られますので、ある意味、家宝レベルの映画ざますよ!!
しかもそのエプロン、フリルがついておりますことよ!!
ひらひらなんでございますのよ、お、奥さん!!

seicolin.hatenablog.com

 

イースタン・プロミス

クローネンバーグ監督の名作ですよね。
自らの人生を、ロシアン・マフィアとして全うすることで、内部から組織の壊滅を実現していく・・・という生き方に、号泣させられてしまいます。
個人的には、ヴァンサン・カッセルとの2ショットにゾクゾクします。
サウナでの乱闘は、単なる見せ場どころの騒ぎじゃなくて、たぶん映画史に残るよね。

 

イースタン・プロミスのヴィゴ・モーテンセン

  

ザ・ロード

数多あるディストピア映画の中でも、群を抜く傑作なのではないでしょうか。
絶望が支配する世界で、「生きる」という選択をし、海を目指す親子。
わずかの希望を頼りに、日々をもがき、わが子を守り、生き延びようとするのです。

ヴィゴには、まったく、泣かされますのぅ!!

 

ザ・ロードのヴィゴ・モーテンセン

 

善き人 

これは、けっこうガツンときました。

アタイ、不倫を美化するみたいな映画なんて見るもんか!って割と思ってるんだけど、この映画の不倫カップルは、ちゃんと憎たらしくて良かった。
良かった、というと語弊があるかな。
悪気のない、どこにでもいる善き人なのに、さもありなん、な方向に、ちゃんと運命が狂うのです。

アタイとしては、当然アンというキャラは嫌いだけど、アンに流されるジョンがなんともふがいなくてモンモンします!
大事な人たちに、手をさしのべることさえできなかったことによって、家族との日々、友人との時間、ジョンがそれまで生きてきた足跡が、すべて台無しになってしまうんです。

ヒトラーという悪魔が支配した時代背景があるゆえに、悲惨さはある意味増幅された状態だけど、それがなくとも、自覚なき身勝手は、周囲を根こそぎ不幸にしてしまい、結果的には、うしろめたさを一生背負う、本人が一番不幸なんとちゃうやろか。

でもヴィゴ様やっぱし美しいので、オススメせずにはいられません。

善き人 スペシャル・エディション [Blu-ray]

善き人 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 

偽りの人生

 

双子の二役モノでございますね!
二役は良いです、あっちもヴィゴ、こっちもヴィゴ!!というパラダイス。

そういう意味においては、トム・ハーディファンの方も、レジェンド狂気の美学というパラダイスがあって良かったですね!(なんのこっちゃ)

偽りの人生 [DVD]

偽りの人生 [DVD]

 

 

「ヴィゴ・モーテンセン」データ

  • Viggo Mortensen 1958年10月20日 俳優、詩人、写真家

出演作

  • 1985 刑事ジョン・ブック 目撃者(モーセ・ホッフライトナー )
  • 1987 T.V.サルベーション(ジェローム・スタンプル )
  • 1988 プリズン(バーク/チャールズ・フォーサイス)
  • 1988 想い出のジュエル(グリーン) 
  • 1990 ガン・ヒート/野獣の標的(ハンス )
  • 1990 悪魔のいけにえ3 レザーフェイスの逆襲(テックス )
  • 1990 ヤングガン2(ジョン・W・ポー )
  • 1990 柔らかい殻(キャメロン・ダヴ) 
  • 1991 インディアン・ランナー(フランク・ロバーツ )
  • 1992 ルビー・カイロ(ジョン ジョニー ファロ )
  • 1993 ボイリング・ポイント(ロニー )
  • 1993 カリートの道(ラリーン )
  • 1993 プレイデッド(カール・フレイザー) 
  • 1993 ヤクザvsマフィア(ニック・デイビス )
  • 1994 The Crew (フィリップ)
  • 1994 カッティング・エッジ(ホームレス)
  • 1995 Gimlet Hombre (Man) 
  • 1995 クリムゾン・タイド(ピーター ウェップス インス )
  • 1995 聖なる狂気(クレイ) 
  • 1995 ゴッド・アーミー/悪の天使(ルシファー )
  • 1996 ある貴婦人の肖像(キャスパー・グッドウッド )
  • 1996 アルビノ・アリゲーター(ギィ・フォッカード )
  • 1997 デイライト(ロイ・ノード )
  • 1997 G.I.ジェーン(ジョン・ジェームス‘ジャック’ウルゲイル )
  • 1998 ダイヤルM(ディビッド・ショウ )
  • 1998 サイコ(サミュエル・ルーミス )
  • 1999 オーバー・ザ・ムーン(ウォーカー・ジェローム )
  • 2000 28DAYS(エディ・ボーン) 
  • 2001 ロード・オブ・ザ・リング(アラゴルン )
  • 2002 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(アラゴルン)
  • 2003 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(アラゴルン)
  • 2003 オーシャン・オブ・ファイヤー(フランク・ホプキンス) 
  • 2005 ヒストリー・オブ・バイオレンス(トム・ストール)
  • 2006 アラトリステ(ディエゴ・アラトリステ・イ・テノーリオ )
  • 2007 イースタン・プロミス
  • 2008 アパルーサの決闘(エヴェレット・ヒッチ) 
  • 2008 善き人(ジョン・ハルダー) 
  • 2009 ザ・ロード
  • 2011 危険なメソッド(ジークムント・フロイト)
  • 2012 偽りの人生(アグスティン/ペドロ )
  • 2012 オン・ザ・ロード(オールド・ブル・リー )
  • 2014 ギリシャに消えた嘘(チェスター・マクファーランド )
  • 2014 約束の地(Gunnar Dinesen)
  • 2014 涙するまで、生きる
  • 2016 はじまりへの旅(ベン)