読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ウィラード

WILLARD / グレン・モーガン

ウィラード

主役がクリスピン、という時点で、すでにタダゴトじゃないよね

友達も恋人もいない、孤独な青年ウィラード。
病気の母親と、古い邸宅に二人で住むという薄暗い生活。
孤独ゆえ、罠にかかった家の白ネズミをひょんなことから可愛く思うようになり、ソクラテスなどとお硬い名前をつけて話しかけるうちに、ほんわり心を通わせてしまう。ネズミに餌付けをするうちに、ネズミはうようよ増えまくり、増えて増えて増えまくる。ウィラードはそんなネズミたちを、復讐のコマにしようと思いつく!!

・・・という、1971年にブルース・デイビソン主演で公開されたパニックホラー映画のリメイクらしい。
今回のウィラードは、ハリウッドいち髪の毛の真ん中分けが似合うヘンジン、クリスピン・グローヴァー。
復讐のターゲット、ミスター・マーチンに、あの部下をクソ呼ばわりして一世を風靡した鬼軍曹R・リー・アーメイ。
ともかく、このキャストの顔ぶれの尋常じゃなさだけでも、カルト的成功は約束されてるようなもんですよね。んと、カルト的成功ってことを逆に言えば、興行的には大コケってことになるような気もしますけど・・・・。

 ■続き

まあそのような、押しも押されもせぬエキセントリックB級映画なわけだから、オタク限定でニンマリするような、小ネタがいろいろ仕込まれていたりした。
Xファイル制作コンビが作っただけに、ネコの名前に「スカリー」とかつけてたり、写真に写ってる在りし日の父親が、ブルース・デイビソンだったりという、重箱の隅をほじくれば、うれし楽しいホコリ(情報)が見つかる仕組みであった。

さてこの映画、ホラーはホラーだったけど、ホラーにあらずの部分の随所にも、かなーりホラーな味わいがあってオトク!!

まず、いくらスタイルズ家がネズミ屋敷になっているとは知らんかった!とはいえ、「ネコ」などとゆうナマモノを強引に押しつけて、勝手に自己満足するキャサリンとか、現実にありえるホラーだと思う。
本人は「善行」だと思ってるだけに、ウィラードのような非社交的な男に、断れる甲斐性などあるわけがないじゃーないかっ。罪もないのに大迷惑をこうむって、浮かばれないのはネコのスカリー。ああ、こわいこわいっっ!!キャサリンこわいっ!

それから、ジャッキー・バロウズ熱演の母親は凄かった。メイクといい動きといい口調といいほざいてる内容といい、ついでにオチャメな髪型といい、申し分なくホラーの鏡な存在でした。いずれ、マクファーレンあたりから、フィギュアになって出てくるんちゃうかなぁ。

一方、憎まれ役のBenにはたとえようのない寂しさを感じます。あのつぶらな瞳をちょっとでも、「カワイイ」と思ったからには、Benのその後が気になってしょ~がないのが人情というもの。ジツは1971年版のウィラードには続編があったはずだし、どうせだったら、続編もリメイクしてもらいたいな!
もちろん主演はクリスピンでお願いします!

2005年6月

ウィラード [DVD]

ウィラード [DVD]

 

「ウィラード」データ

WILLARD 2003年 アメリカ

監督//
  • グレン・モーガン
出演//
  • クリスピン・グローヴァー(ウィラード)
  • ローラ・エレナ・ハリング(キャサリン)
  • R・リー・アーメイ
  • ジャッキー・バロウズ
  • キム・マッカミー
  • ウィリアム・S・テイラー