読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ゾンビ3D

映画感想「さ」行

「超立体映画 ゾンビ3D」/ ジェフ・ブロードストリート

超立体映画 ゾンビ3D

超立体3D?

えと、私は、超平面映画しか見てませんけど・・・・。
でも、超立体のこの映画がどうだったかはチョー簡単に想像できます・・・、モゴモゴ、あまし良くない意味で・・・。

ともかく、セロファン仕様のしょんぼりメガネの、いらん(た、たぶん)立体映像を抜きにしても、こりゃーヒドいっつーか、ヒドすぎるっつーか、こんなヒドいの見たことないっつーか、いや、こんなヒドいのはまあいっぱい見てるけどさ、っつーか。
まぁ、ダメに決まってるのは最初からわかってるんでいいんだけど、ダメで面白くない映画の中に潜む、ソコハカとなくワビサビなそよ風も、まるで吹かないという寂しさが悲しい・・・・。

 ■続き

んと、最初オープニングを見る限りでは、ロメロのゾンビのまるっとリメイク!?と思われました。
私は基本的に、リメイクなんて、意味ないじゃん!!と思ってます。
へんにコギレイな絵柄と化した、「ゲゲゲの鬼太郎」の最近アニメを筆頭に、モトネタを凌ぐリメイクなんて、ぜんっぜん見たことないもんね。(知ってる?あれ!!ネズミ男がぜんぜんバッチクないなんてつまらんやろ??!!クリープのないコーヒーどころか、クリープしかないコーヒーやんけ!!<コーヒーちゃうやろ!!)
ゲホゲホ、やっぱり、ナニゴトもオリジナルでナンボ。
でもこの映画に限って言えば、まるごとリメイクだったらどんなにましだったろうとか思う。


ぶっちゃけ、シド・ヘイグが出てきた時点で、狙っているのはお笑いなのね、と、ひとまず悟りを開きました。
スコップを持たせてハマることにかけては、シド・ヘイグの右に出る者なんかいなさそうだし、そこを狙ってこのキャスティングだとしたらスギョイ。

まぁ、リメイクを装ったオープニングから、どんどんオリジナル度が暴走していく時の、期待ハズレっぷりは、お客のいない遊園地の、古びたジェットコースターに乗る恐怖と似てなくもないかなぁ。
途中で空中分解するかもしんないハラハラ感は、ある意味、ホンモノのスリルかもしんない。
設定もすごく適当で思いつきでデタラメなので、逆に先が読めないし・・・。

つーことはつーことは、誰でも先が読めるような、つじつまの合った本格スリラーに飽きたころにお試しすれば、意外と珠玉の思い出の映画になりそうだったりするヨカン・・・。
いや、冗談、それはないない、悪いけど!!!
ほかになにも書くことナイんで、ちょっとゆってみただけだよ!!!


でも、ゾンビ映画を3Dで!!という試み自体は、個人的に、ハラショーだなぁ。
ちゃんと頭のいい人が情熱とお金か手間のどっちかをかけて、マジメに作ったゾンビ3D映画なら、絶対面白いと思うし、最悪、大麻の煙のワッカとかじゃなくて、ちゃんと血しぶきが飛んできたり、飛び出す内臓にむせんだりできれば、たとぃ監督がウーヴェ・ボルあたりでも、劇場で見ようかな、という気にもなるんちゃうかいな・・・。
・・・・・・・。
いや、うそうそ、嘘です。ごめん。ボルちゃんはひっこんでて・・・(爆)。

そんなこんなも、ハッキリ言ってすべてどーでもいいんですけど、どーでもよくないのがただひとつ。
データをググっててショックを受けたのが、シネマトピックスオンラインに載ってたこの解説!!

www.cinematopics.com

たしかにデタラメじゃない、デタラメじゃないとこが確信犯なこの解説!!!プレス向けをそのまま載せてるらしいけど、もし、純真な人が真に受けて、普通に期待なんかしちゃったらどうすんだよ~~~!!

(2009年3月)

ゾンビ3D 【3Dメガネ封入】 [DVD]

ゾンビ3D 【3Dメガネ封入】 [DVD]

 

 ▼わ~なんだこれ!関係ないけど、欲しい!!

「超立体映画 ゾンビ3D」データ

NIGHT OF THE LIVING DEAD 3D (2006年/アメリカ/80分)

監督//
  • ジェフ・ブロードストリート
出演//
  • ブリーアナ・ブラウン
  • ジョシュア・デローシュ
  • シド・ヘイグ
  • グレッグ・トラヴィス
  • ジョアンナ・ブラック