ミーハーdeCINEMA

ミーハーが映画やドラマを見てはあれこれとつぶやいてます。

ヘルレイザー2

HELLRAISERⅡ(1988)トニー・ランデル

ヘルレイザー2

ドクター・チャナード、まじキモい!

 

こっこっこれは、Dr. Channardのダンディな魅力に尽きる。

私は!!チャナード博士のキモさを!!全面的に支持します。

なんせ8まで続編の出ているヘルレイザーの中でも、スプラッタ度の高さと、ディティールのおちゃめさ、ひとり歩きの夜道で出くわしたくないことにかけては、シリーズ中最高のキャラだと思います。


大体、あのダースベイダーが吉徳大光によって五月人形になってるぐらいなんだから、チャナード博士だって7段飾りのどっかに紛れ込むぐらいアリだったんじゃない?

 

クラウドファウンティングあたりで企画してみようかな。
ヘルレイザー7段飾り。
余談だけど、うちの子供のひなまつりソングは、人間椅子の「血塗られた雛祭り」だったけど、「トラウマだった!」と文句いいながらも、スクスク育ってくれましたヨ。

 

ちなみになんと!
この「ヘルレイザー2」では目玉として、レギュラーセノバイトの素顔が出てくるのです!
チャタラーなんて前髪サラリ、ターミネーター時のエドワード・ファーロング似の美少年っすよ美少年。
フィメールもかなりの美女ぶりが明らかになりました!!
バターボールはまぁそのまんまやけど、あのキュートさには需要がありますからね、アタイの。

そして本命ピンヘッドの素顔においては、生え際のことさえとやかく言わなければ、いろっぽいことこの上なしです!!

演ずるダグ・ブラッドレイのうるんだ目元なんてもう、ミーハー心を「心筋梗塞か!」ってぐらい、がっちりつかんで揉み解してくれます。

 

ただ、修道士の正体が割れるということは、セノバイトの持つ、神秘感の喪失であります。
ファンタジーとしてはちょっと勿体なかったのではないのでしょうか!

 

あらすじというか・・・

 

さて今回のお話の舞台は、カースティが強制入院させられた精神病院。

前回自業自得の死を遂げたジュリアが、チャナードというドクターの好奇心によって、前作の苦労はナンだったんだ!とフランクが暴れないか心配になるほど、あっけなくよみがえってしまったのです。

よみがえりたては皮膚がなく赤ムケでヌルヌルのすっぽんぽん、ジュリアも一応女子として、はじらっているのかと思いきや、そこはやっぱし腐っても鯛?三つ子の魂百まで?つーか、ジュリアはやっぱりジュリアなので、血まみれ背骨もあらわに、あられもなくチャナードを悩殺します。

 

第三者の私には、この時点のジュリアが、キモイ人体標本にしか見えないのだが、そんなジュリアに誘惑されて、ちゃんと反応するチャナードは、ある意味「見かけにとらわれない、心の広い人」なのかもしれません。

が、皮膚のないジュリアとチャナードおじさんの濃厚キスシーンを見せられるこっちは、やめてくれえええええっ!!と、スプラッタ指数頂点。

 

そんなヌードすぎるジュリアも、チャナードとつるんでいるうちに、こつこつ皮を取り戻し、自閉症の少女を使って地獄の扉を開くわけなんんだけど、アタイ、キスシーンに驚愕の全てを使い果たしてしまったので、ここらへんではデガラシでした。

困ったことに、デガラシ中は無防備なので、ジュリアの目的は「ジュリアの神リバイアサンに、チャナードを生贄として捧げること!!」だった!!というクライマックス展開が唐突すぎて、おいてけぼりを食らいそうになったりしました。

まぁ、オモシロきゃなんでもありかな・・・と開き直って食い下がり、ギリギリすべりこみセーフです。

 

ともかく、めでたく生贄として捧げられたチャナードが、最悪に痛々しい目に遭って、世にもおぞましいバケモノに変身しました。
そのファッションたるや、手のひらを破ってメカ蛇みたいな触手が生えて、その中からさらに目玉や指や花やドリルが出てくるという、かなり節操のないデザインなんですよ。
もうぜんっぜん美しくない!!

いや、結構好きです、7段飾り推ししてるぐらいなんだから、もちろんです。

泣けるのは、そこまで犠牲を払って変身してるのに、触手が地面に刺さって抜けなくなって、結局リバイアサン(?)につかまれている頭がもげちゃうという、あまりにも情けない最後!!
アタイチャナードさんとの付き合いはないが、チャナードさんらしい最期だと思いつつも、惜しいキャラをなくした喪失感はぬぐえません。

 

どうでもいいけどこの地獄への通路には、フランクさんがひょっこりいたりします。なんでも、女の人とエッチできないのが、フランクなりの地獄なんだそう。
ブハハ笑える。

チャタラー!その姿は一体!

スポンサーリンク  

 

ぶっちゃけ、フランクはまあどうでもいいよね。
ヘルレイザー2には、個人的に大問題があるのです。

なんと、アタイのアイドル、チャタラーさんが、何の予告もなくブタ顔に変形してたんでございます!!

ゆゆしくありませんか?ゆゆしいですよね!
この不幸な事態にえええっとなって、巷で早速いきさつを調べてみると、どうやら途中、地獄の美容室で美容整形手術を受けたりしてたらしい。

そういや子供だったから、そろそろ元服の必要があったのかな?
じゃなくて!!
そ、そ、そんな大事なシーンを、チャタラーファンに無断で勝手にカットしたのかよ??ってハナシですよね。

さすがにそれはありえない!!

他の何を許せても、これだけは断固泣き寝入りお断りな案件です。

つーか、客観的に見てその整形は大失敗以外のナニモノでもなかった……。

でもそれよりも、わざわざ整形までしたのに今作であっさりぽっくり死んじゃって、以後のシリーズにも出てこないという衝撃の事実が、あまりにも脱力ものでした。

この一連の、チャタラー一人にたたみかける不幸なんなの!!厄年なの!!

でも、人気者チャタのことだから、薬師寺あたりで厄払いでもして、きっとスピンオフ映画で主演、というニュースが入ってくるに違いない!!
アタイは一生信じ続けますので!

ただ、それだと甘酸っぱい痛みの青春映画になっちゃうのかもしれないなあ……。

 

2004年

 

ヘルレイザー2 [Blu-ray]

ヘルレイザー2 [Blu-ray]

 

 

ヘルレイザー チャタラーinパズルBOX 並行輸入

ヘルレイザー チャタラーinパズルBOX 並行輸入

 

 

「ヘルレイザー2」データ

HELLRAISERⅡ 1988年 アメリカ

監督

  • トニー・ランデル

出演

  • ダグ・ブラッドレイ(ピンヘッド)
  • アシュレイ・ローレンス(クリスティ)
  • ケネス・クランハム(チャナード)
  • イモージェン・ブアマン(ティファニー)
  • クレア・ヒギンズ(ジュリア)
  • ショーン・チャップマン(フランク)
  • ウィリアム・ホープ(カイル)

チャナードさんのGIFアイコン

チャナードアイコン 万一使い道があれば、ご自由にお持ちください。