ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ジェニファー・ティリー

Jennifer Tilly

ジェニファー・テイリー

 

「悪女」というフェロモン

ああ~、寄せてあげてぇぇぇ~♪
と、まずはババーンと3Dなおっぱいもキョーレツな、ナイスバディに魅了されます!

単にデカイおっぱいを寄せて上げさえすれば、誰もがこのラインをキープできるわけじゃない。
まず、「ふっくらと、しかしアンコのみっちりと入った、ま~るいおまんじゅうのごとき胸」が素材である必要があるのです。

もちろん、二の腕やら太ももも同様なのでございます。ジェニファー・テイリーにおける魅惑の四肢は、さながら、密度の高いバナナカステラではないのでしょうか。

 

ジェニファー・ティリー2

で、フトご尊顔を拝見すれば、ドス赤い口紅の毒々しさ。
くっきりマユゲのウソっぽさ。
くゆらせるタバコの煙と共に、したたかさたくましさがダダ漏れる。

あえて言葉を選ばず言うと、もぅ、頭のてっぺんから足の先まで気品すっぽ抜きのエロス。

にじみ出るなんて可愛い分量ではございませず、顔面の真正面に「ビッチ」とデカデカ書いてあるがごとし。

もう最強。最強最愛の悪女アクトレスでございます。

 

 ■続き

 

そして、敵の思考力を弱らせる攻撃力も絶大な、あの甘い甘い喋り方!!
大概のスケベジジイ、(時々アタイ)は、あれでトドメを刺されますよね。
てゆーか、もし現実にニアミスでもしようものなら「だ、だ、だまされてもイイ!何をされてもいい!何なら縛って!」と、アタリマイに思うんちゃいます?

まぁ、ジェニファータイプに騙されますれば、世間からはペンペン草も生えないぐらいの、ドエリャー酷い目に遭ってるように見られそうです。
魅了されてる本人的には、身包み剥がれるぐらいはまだ生ぬるく、スマキにされてサメの餌!ぐらいの目には合わなくちゃ、逆にだまされる甲斐がないかも・・・。 

なんたって、ふつーの「イイヒト」との人間関係では、絶対にありえない、ジェニファー的絶叫サスペンスを味わうには、ドロ沼に溺れて地獄に落ちて、わぁいラッキー!ぐらいの神経がなきゃ務まりませんね。
ん~、・・・何言ってんだアタイ。

 

ともかく、B級多めに見てきたアタイにすれば、「ジェニファー・ティリー」という女優さんの役柄イメージには、以上のような強烈な印象あります。
チュートハンパに偽善的な感じがしなくて、ある意味すがすがしいぐらい。

一方で、営業用厚化粧の下の素顔が、「悪女はサービス業よ」とかなんとかサバサバ言ってそうな、男前なイメージもあるかも・・・。

 

最近はややボリュームを増してはちきれそうな感じもありますが、同時に色気も増してんのが凄い。
この際ボリュームと、色気が比例して上昇する、という現象に、ティリー現象と名前をつけて、育てあげたいと思います。

 

「ジェニファーテイリー」出演作ピックアップ

なんだかんだ言って、名女優様ですゆえ、名作いっぱい出てるはずよね。
なので、ここで挙げる映画は、決してベストではございません。(決まり文句)
ちゅーことは、他になんぼでもオススメ作があるわけなので、強いておススメもいたしませぬが、アタイ的には好きなやつ。

 

バウンド

個人的に、ジェニファー・テイリーと言ったら、やっぱりこれなのでございます。
コーキーを演じたジーナ・ガーションと共に、「悪女はイイぞ!」と興奮の余り、華麗なる三回転半を決めてしまう映画なのです。

もしも、フィギュアスケーターや、体操選手を目指すなら、必見なのではないでしょうか。  

バウンドのヴァイオレット

 

バウンド [DVD]

バウンド [DVD]

 

 

 

チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁

 

おなじみ、みんな大好きティファニーですよね!
ジェイソンやフレディやマイケルが、孤独に続編、また続編と、コツコツ頑張ってるっていうのに、チャイルドプレイシリーズのチャッキーは、ティファニーと結婚し、子供まで出来る、というリア充路線に振り切ったという、殺人鬼界の裏切り者!!

 

チャイルド・プレイチャッキーの花嫁のティファニー

ティファニーはこう見えて、チャッキー一筋の一途さが、泣けるキャラなんでございます。
仲睦まじい(?)お人形モノでもあるゆえに、ひな祭りとか端午の節句の、上映会にいかがでしょうか。

 

ローズ・イン・タイドランド

かなりぶっとんだダメ親役で、破壊力ハンパないです。

ネタバレですけど、出たと思ったらぽっくり死ぬ!!・・・っていう潔い退場にドギモを抜かれます。

そういうわけで、ジェニファーの出番こそ少ないんだけど、 ジェニファーも出てる鬱映画として、保存版よね、と思ってます。

 

ローズ・イン・タイドランド [DVD]

ローズ・イン・タイドランド [DVD]

 

 

ブロードウェイと銃弾

ジェニファーが、アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたというこのコメディ!

頭は悪いわ演技は下手だわ身持ちは悪いわ自由だわの、はた迷惑づくしキャラなのに、ギャングのコネで役を得て、芝居を引っ掻き回します。

 

赤毛のジェニファー・ティリーがすこぶるキュートでありますので、脳内に祭りを巻き起こしたい時などに、最適なのではないでしょうか。

 

「ジェニファー・テイリー」DATA

  • 1962年9月10日 アメリカ

Filmography

  • チャイルド・プレイ/誕生の秘密(2013)
  • トラブル・イン・カンヌ (2010)
  • ラスベガス、闇の子供たち (2008)
  • マイ・プライベート・ロンドン (2007)
  • ローズ・イン・タイドランド (2005)
  • ホーム・オン・ザ・レンジ/にぎやか農場を救え! (2004)
  • 愛するカノジョを怒らせる10の法則 (2004)
  • リトル・ランナー (2004)
  • オドレイ・トトゥ in ハッピーエンド (2003)
  • ホーンテッドマンション (2003)
  • ブロンドと柩の謎 (2001)
  • ブルー・イグアナの夜 (2000)
  • マイアミ・ガイズ-俺たちはギャングだ- (2000)
  • コード (2000)
  • ぼくが天使になった日 (1999)
  • 小さな目撃者 (1999)
  • ミュージック・フロム・アナザー・ルーム (1999)
  • スチュアート・リトル (1999)
  • チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁 (1998)
  • Mr.デーヴ (1997)
  • ベラ・マフィア/ファミリーの女たち (1997)
  • ライアー ライアー (1997)
  • パーフェクト・ファミリー (1996)
  • リノ・ギャンブル (1996)
  • バウンド (1996)
  • アメリカン・バイオレンス (1996)
  • 乾いた爪 (1995)
  • 噛む女 (1994)
  • 裏切 (1994)
  • ブロードウェイと銃弾 (1994)
  • ゲッタウェイ (1994)
  • シャドウ・オブ・ウルフ (1993)
  • メイド・イン・アメリカ (1993)
  • セックスの義務と権利 (1990)
  • ネバダ・ミステリー/静けさは危険な香り (1989)
  • 恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ (1989)
  • のるかそるか (1989)
  • ジョニー・ビー・グッド (1988)
  • プランケット城への招待状 (1988)
  • 彼が彼女にきがえたら (1987)
  • ハリウッド行進曲/私をスタジオに連れてって (1987)
  • リモート・コントロール/ビデオエイリアンの侵略 (1987)
  • ドライブアカデミー/全員免停 (1985)
  • 恋人ゲーム (1984)