読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

監獄島

The Condemned / スコット・ワイパー

監獄島

スティーブ・オースチンが、ちゃんと台詞を喋ってる!!

WWE Films製作(笑)って!!!何なんだよぅ~~~!!!
さてはWWEに映画部門みたいなのができてんのか・・・。恐るべき多角経営・・・。
つーか、確かに、体育会系の映画を、オレサマたちの筋肉で、自給自足しちゃおうぜ!・・・というプラン自体は合理的というか、いっそエコと呼んでもいいかもしれない。
ということは、普通はオツムを使う部分が、おそらくテストステロンとアポクリン汁あたりで代用されたゆえに、脚本や演出や構成などが、立派に筋肉化したものと思われまする。
そんな臭いたつ原料をグツグツ煮しめて茶色くなったこの話。
映画というより、マッチョでワッショイなアトラクションとでも呼ぶほうが、しっくりくるかもしんないな~。

 ■続き

監獄島

ともあれ、アタイは、個人的にすごく面白かったから感想を書くのですが、ぶっちゃけミーハーのたわごとなので、真に受けないように気をつけて、おおらかに聞いてもらえるとウレシっす。

・・・と、予防線を張った上であえて言うが、これはね!!オススメですよ!!
振り子が振り切れてない地味さはあるが、なんせ、あのスティーブ・オースチンがちゃんと台詞をしゃべってるだけで、なんか感動しちゃいました 。マンネリホラーの見すぎでダラけた脳が求めるのは、エスカレートしすぎた残酷描写なんかより、やっぱこういう新鮮な刺激じゃないのだろうか!!
いや言ってみただけだけどね!

まぁ、レスラー主演筋肉映画と言っても、ピンからキリまで幅広いと思うのだが、たとえばカリスマ二枚目路線の、ザ・ロック主演!!ってあたりの、まだまだ女子供の心を狙える映画と比べれば、こっちのむさくるしさはダントツでした。
だってスティーブ・オースチンがヒーローで、ヴィニー・ジョーンズをはじめとする、その他似たような10人でバトルロワイヤルってんだから、当然画面は脂とホコリにまみれた毛穴を、始終ドアップでみるハメになる。
たまに金髪美人が出てくるときだけ、酸素補給が許される、というアメとムチ。

監獄島

ストーリーは、筋肉製ながらも一応あって、死刑囚を無人島に10人集めて殺し合いをさせて、生き残ったヤツが勝ち!
豪華特典もあげちゃう!
みたいのを、ネットで放送したら、たくさんのアクセスがあるんじゃない?みたいなの。
結局、誰が悪いのか?という、本来は難しいテーマも一応投げかけられてくるのだが、暴力1本でもナンだから、一応映画としての体裁を付け足してみたんだよ~ん、ぐらいの浅い描写です。
結果的に、役に立たない偽善のごときモンなのだが、べつに、アカデミー賞目指してるわけじゃないんだろうし、そこはそっと見逃して、掘り下げないよう気をつける。

つーか、ぶっちゃけ、撮影側の描写なんか最小限でいいから、もっとホコリくさいバトルロワイヤルを、とことん極悪に見せやがれ!!とアタイは思いましたです。
ただ、死刑囚が命をかけてバトロワってるっていうのに、手持ちカメラの撮影班が、現場で体を張ってたのには驚いた!
マクスターリーがマジメな男だから、パッパでモッコリ擬態してる撮影班をちゃんと真顔で殺してくれて良かったものの、もし私がマクスターリーだったら、爆笑しちゃって映画台無しにしちゃってたよね!
つーかそんなシーンがあるならちゃんと言っといてくんなきゃ、あまりにも突然で、アタイビールを吹いちゃったではないか。

あと、WWE製作ってワリに、プロレスくささが少なかったのはちと無念。
スティーブとヴィニー以外の死刑囚は、あまり凶悪犯に見えないし、それほど活躍しなかったしなあ。バトロワは、その他大勢が活躍してこそ盛り上がるんでないのかなぁ?

そいでも、最近見た中では、ヤジを飛ばしながら楽しく見れる、貴重な1本でありました。
コンラッドとマクスターリー以外のキャラでよかったのはグラサンひとつで簡単になつく日本人サイガと、早々にアッサリ刺さっちゃう囚人と、美人女死刑囚の2人でしたっすね!
なんてったって、女死刑囚は、二人とも、おっぱいの形がモリモリで、すごくカッコよかったのが最高。

2012年2月

監獄島 [DVD]

監獄島 [DVD]

 

「監獄島」データ

The Condemned (2007年/アメリカ)

監督//
  • スコット・ワイパー
出演//
  • スティーブ・オースチン (コンラッド)
  • ヴィニー・ジョーンズ (マクスターリー)
  • リック・ホフマン (ゴールドマン)
  • ロバート・マモーネ (ブレッケル)
  • トーリー・マセット (ジュリー)
  • マヌー・ベネット (パコ)
  • マデリーン・ウエスト (サラ・カヴァナー)
  • クリストファー・ベイカー (エディ・C)
  • サマンサ・ヒーリー (ベラ)
  • ルーク・ペグラー (バクスター)
  • マサ・ヤマグチ (サイガ)
  • エメリア・バーンズ (ヤサントワ)
  • ネイサン・ジョーンズ