読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

お気に入りの悪役ピックアップ

フリートーク まとめ的な

オキニの悪役5人

特にウンチクがあるわけでもないんですけど、趣味の悪役落書きが、5人分溜まりましたので、放出させてくださいまし。
今回は、悪役のなかでも、きれいどころ路線でチョイスしました。

やっぱさ~、きれいな悪役描き易いから溜まるのよ、ミーハーだもん、みつを。

ちなみにそのうち、悪女編もやりたい。<(抱負)

 

ピックアップ5

  • スタンスフィールド(レオン)
  • ボジー(コールドマウンテン)
  • 斉韶さま(十三人の刺客)
  • ロイ・バッティ(ブレードランナー)
  • ケヴィン(少年は残酷な弓を射る)

 

  

■続き

スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)

ゲイリー・オールドマン(スタンスフィールド)

 

アタイをはじめ、レオンを見た人ほぼ全てをトリコ(虜ね虜、小松君のいないほう)にしてしまった、ノーマン・スタンスフィールドさん。
名優ゲイリー・オールドマンの、キレキレ演技が絶好調で、こいつの血も涙もない言動に、もうムカツクったらなかったざます!!
言うなれば、さいっこうなのではないでしょうか。

 

レオン 完全版 [Blu-ray]

レオン 完全版 [Blu-ray]

 

 

 

ボジー(チャーリー・ハナム)

チャーリー・ハナム(ボジー)

コールド・マウンテン」は公開当時、飛ぶ鳥を落とすがごとく絶好調の、ジュード・ロウ&ニコール・キッドマンをはじめ、隅から隅に至るまで、豪華絢爛オールスター状態の映画だったけど、そのなかでひときわ、刺さったらさぞかし痛そうな、キラキラオーラを放っていた、色素の薄い冷酷男が、チャーリー・ハナム演じるボジーでした。

ボジーはたぶん、持ち前の冷酷さもあったんだろうけど、若さによる未熟ゆえ、まだこの世への執着案件が芽生える前に、死を恐れないままあの世にいけたんだろうな、と思ったりしました。

ちなみに、「チャーリー・ハナム?誰それ?」というお方には、テレビドラマの、サン・オブ・アナーキーを捧げます。
いまならnetflixにあるからね!探せば、他のサービスにもあるかも!

 

seicolin.hatenablog.com

 

コールド・マウンテン [Blu-ray]

コールド・マウンテン [Blu-ray]

 

 

 

斉韶さま(稲垣吾郎)

十三人の刺客

 

十三人の刺客」のゴロちゃんは、強烈なんて生易しいモンじゃなかった。ド強烈。いや、少々ドを付け足しても、まだまだ足らない気がするドドドドド強烈。つーか、ドドドドドドドドド強烈ぐらいかな。(・・・・イノシシの爆走ではありません・・・。)ちなみに、ドに限りはありませんので、各自、心ゆくまで付け足してください。

ともかくこのお殿様、気まぐれで一人刺し殺すのに、無表情キープ状態で、何度も何度も刀を振り下ろし、あげく、こんな(画像参照)素直な感想を、言ってのけてしまうのです。

アタイはこれを見て、俳優、稲垣吾郎恐るべし!!と、バク転を決めてしまいそうなほど、のけぞってしまいました。

この運痴のアタイがバク転(もどき)ですよ!
SMAP解散しちゃったけど、ゴロちゃんの不滅と栄光は、疑う余地すらございません。

 

seicolin.hatenablog.com

 

ロイ・バッティ(ルドガー・ハウアー)

 

ロイ・バッティ

ブレードランナー」のレプリカント、ロイ。
最後のシーンを思い出すだけで、バスタオル一枚ぐらいでは間に合わないほど、涙があふれて止まりません。
アタイの涙の水溜りで、錦鯉を2~3匹ぐらい養えるんじゃないかな。

似顔絵ぜんぜん似てないけど、描きつつ涙で画面が見えなかったから、しょうがないのじゃ。

もしも、アタイが大富豪になって、趣味の続編を作るなら、ロイを再起動させて、高度な身体機能を生かして大掃除なんか手伝ってもらったりして、アタイと二人で末永く幸せに暮らす映画にするんだもん!

 

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

 

 

 

ケヴィン・カチャドリアン(エズラ・ミラー) 

 

少年は残酷な弓を射る

 

少年は残酷な弓を射る」のケヴィン。
幼少の2人のケヴィンも本当に可愛かったし、成長したケヴィンを演じるエズラ・ミラーの美しさも、ため息ものでございます。

サイコパス、という業を背負ったこの美しい少年の、食べ物の扱いが、ことごとく下品で不快で生理的にムリで、いらだつ母エヴァの気持ちを、めっちゃ疑似体験できるシーン満載なのがすごい。

いつか感想を書きたいというか、自分なりの気持ちの決着をつけたくて、何度も見返す映画なのですが、アタイのオツムの性能では、思ったことを、なかなか整理できずにいます。

感受性がヒリヒリと痛むような鬱映画なのに、ケヴィンやエヴァに、ズルズルと引き寄せられて、保存版。

 

少年は残酷な弓を射る [DVD]

少年は残酷な弓を射る [DVD]

 

 

今回も5人チョイスしたけど、悪役のオキニはまだまだ尽きませんので、今後も騒いでしまうと思います。
大きな害はないと思いますので、どうぞよろしくお願いします。