読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ファントム・オブ・パラダイス

映画感想「は」行

Phantom Of The Paradise / ブライアン・デ・パルマ

ファントム・オブ・パラダイス

ブライアン・デ・パルマさんありがとう

この映画は特別ヨ!
もし、この映画の存在を教わってなければ、アタイ映画の感想を書きはじめたりしてなかったんじゃないかなぁ。
始めて見た時の感動ったらなかったなぁ~。
それまではごくたまにメジャーな映画を見るぐらいだったから、なおさらよく効いたんだよね。

この映画には、アタイがエンタメに求めたこと、見たかったイメージ、聴きたかった音楽がぎっしりずっしり詰まってたから、見れば見るほど、ずんずんのめりこんで、マモー扮する(爆)スワンさえ男前に見えはじめてしまうという、底なし沼。
だって、ポールウィリアムズの曲と声は イマドキ現役で聴いてもラリル。

 ■続き

舞台はオペラ座ならぬパラダイス劇場。
自作カンタータをひっさげて、ミーハーの殿堂に紛れ込んだ作曲家ウィンスロウ・リーチ(ウィリアム・フィンレー) が、若さに執着する大物プロデューサーSWAN(ポール・ウィリアムズ)に騙され、悪魔の契約をしてしまい、あげく曲を奪われる!!

ウィンスロウの命ともいえるほど大事な曲は、聞くに堪えないような低俗ミーハーバンドのものになり、本来歌うにふさわしい人が目の前に現れたというのに届けられない!
作家のプライドは完膚なきまでに否定され、ウィンスローは憤慨!!

・・・という、芸術家と商売人の折り合いのつかなさが、ハタメにはおかしいやら悲しいやら。

「好きなシーン」を語れば、次々ととどまるところもないし、またその好きなシーンを見たくて、何度も何度も繰り返し見てしまう。
もう一度、またもう一度、と見てるうち、「面白い」という言葉とは、また違った感情が、いくらでも芽生えてくるんよなぁ。

そんで、最後の曲なんかもうたまらん。
おまえなんか生きたところで誰も喜ばないよ、でも死ねば音楽ぐらい残るんだから、潔く燃え尽きちゃぇ!!っとそそのかされるから、一瞬死にたくなるぐらい。

でも、好きな映画ができるってことは、やっぱり活力になるだよね。デ・パルマさんほんとにありがとう!アタイ、一生大好きでいるよ!

2005年3月

ファントム・オブ・パラダイス [Blu-ray]

ファントム・オブ・パラダイス [Blu-ray]

 
オリジナル・サウンドトラック ファントム・オブ・パラダイス

オリジナル・サウンドトラック ファントム・オブ・パラダイス

  • アーティスト: サントラ,ポール・ウイリアムス,アーチー・ハーン,ビル・フィンレイ,ジェフリー・コマナー,ジェシカ・ハーパー,ハロルド・オブロン,レイ・ケネディ
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1993/10/01
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

「ファントム・オブ・パラダイス」データ

Phantom Of The Paradise 1975年 アメリカ

監督//
  • ブライアン・デ・パルマ
出演//
  • ポール・ウィリアムズ (スワン)
  • ウィリアム・フィンレィ (ウィンスロー)
  • ジェシカ・ハーパー (フェニックス)
  • ゲリット・グレアム (ビーフ)