読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

キャンディマン

CANDYMAN / バーナード・ローズ

キャンディマン

クライヴ・バーカーの短編小説「禁じられた場所」の映画化!

 

これは、名作だと思います!

時は19世紀、知性も教養も才能もある黒人画家、ダニエル・ロバターユ(次作で判明)。
前途は洋々かと思われたのだが、領主の娘と恋に落ち、妊娠させてしまったことから、「この黒人めが!」と怒った領主に惨殺された。
人間、テンパった時、ホンネがまる出しになったりするけど、まる出しになった領主の差別意識は、あまりにも醜かった。

ダニエルの断末魔は、絵筆を持つ右手をズシャっと切り離され、体に蜂蜜を塗り込められ、うようよミツバチの黒だかりに襲われる……という、とて~もアーティスティックにムゴたらしい内容!!!
そりゃーダニエルとしちゃー、都市伝説になってでも、キッチリ化けて出なきゃおさまらないってもんやがな!!

そーいや、もっとむかーし昔、ゴキブリかなんかに襲われて似たような死に方をした、イムホテップも、さんざんよみがえってはリベンジ誓っていたしな!!!(チョト違う……?)

seicolin.hatenablog.com

 

 ■続き

さてそのようないきさつでもって、「都市伝説」として現代にもなお生きることとなったその存在、その名もキャキャキャ、キャンディマン!!
カガミに向かって名を5度呼べば、モレなく ハチの羽音と共に現れてくれます。ふと見れば、切り口もナマナマしい右手には、絵筆の代わりにかぎ爪が!!!

ただ、キャンディマンが、いかに恐ろしいかぎ爪をふりかぶっても、所詮は「都市伝説」という、人々の恐怖心だけが頼りの、か弱い存在。
そこで人々に忘れられないために、時々罪もない人を殺しては、存在をアピールしていたのです。

そんなキャンディマンの地道な努力を、あっさり否定したのが、都市伝説を研究する、大学院生ヘレン。
否定されるということは、存在の危機なわけだから、そらキャンディマンも、黙ってるわけにいかんがな。ってことで、ヘレンのもとに、文句を言いに現れる!!


そのキャンディマンことトニー・トッドが、むっちゃカッコいいわけよ!!

長身の体にロングコートなどあてがって、静かにのっそりそそり立ち、冷酷な中にハートを潜ませた、ツンデレなまなざしでヘレンを見つめ、彼女の運命を語るんですわ!!その強力な説得力の前には、どんなイヤ~な運命も、ついはずみで受け入れちゃうし、どんな極端ないいぐさも、た、確かにその通り!!なんの文句もございません!!って思うよ、絶対!!もうどうしましょう!!!

しかも、この都市伝説は寝るのです。その寝顔がスペシャルかわいい!!!そしてそのかわいさのはざまに見え隠れする、冷静で残酷な愛……。つか、なまじ顔がふつーなだけに、油断するぶんコワイって!!!


んでもって、ヒロインのヘレンことヴァージニア・マドセンが、むっちゃくっちゃべっぴんなわけよ!!
もうまつげなんかばっさばさ!!あのモーレツに澄んだギョロ目でじろっとみつめられて、桜のようなくちびるに語りかけられれば、そりゃキャンディマンだろーがトレヴァーだろうが、運命のひとつふたつ、簡単に狂ってまうよね!!当然、当然!!

というわけで、私の中ではすでにいろんな意味で収拾がつかなくなっていますけど、たぶん私の中限定じゃなく、誰しも同じキモチじゃない?
憂鬱で最悪なトイレのシーンは、吐き気がするほどアートだし、まがまがしい公団のシュールさ、ゴミのオブジェのステージで炎に巻かれるヘレンの悲しくもおぞましくも美しい姿はドラマチック!!音楽もよかったなぁ!

内容の解釈が、見る人によっていろんな方向に育ちそうなところも良かったなあ。
アタイには、解釈、というほどたいそうな洞察はありませんけど、いまのところ、ザックリとした印象はこんな感じ。↓

ヘレンの目には、キャンディマンの犯行が見えている。大事な仲間も殺された。
しかし、実際に殺戮を行っている現場を客観的に見れば、きっと犯人はヘレンなわけで、それが現実の「精神鑑定を要する」ような、犯罪にも通ずる怖さを、如実に表現していると思う。

ともあれ、キャンディマンのアジトの壁面に描かれた女性のことや、さらにはヘレンの末路など、ありがちながら最後に、ふんわりつじつまが合うのがチト嬉しい!

というわけで、多方面から練り込まれた恐怖というやつを、想像力で思う存分増幅しつつ折り合わせつつ、自分仕様にカスタマイズしつつ、みっちり堪能できました。

なにより、とてもホラーらしいホラーだったと思います、満足!!

(2005,10月)

キャンディマン [DVD]

キャンディマン [DVD]

 

「キャンディマン」データ

CANDYMAN 1993年 アメリカ

監督//
  • バーナード・ローズ
出演//
  • ヴァージニア・マドセン(ヘレン)
  • トニー・トッド(キャンディマン)
  • ザンダー・バークレイ(トレバー)
  • ケイシー・シモンズ(バーナデット)
  • ヴァネッサ・ウィリアムズ(アン・マリー)
  • デファン・ガイ(ジェイク)
  • マリアンナ・エリオット(クレア)
  • テッド・ライミ(ビリー)
  • リア・パヴィア(モニカ)
  • マーク・ダニエルズ(学生)
  • リサ・アン・ポッジ(ダイアン)
  • アダム・フィリップソン(ダニー)
  • エリック・エドワーズ(ハロルド)
  • キャロリン・ロウリー(ステーシー)
  • バーバラ・オルストン(ヘンリエッタ)
  • スタンリー・デサンティス(ドクター)