ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

マチュー・カリエール

Mathieu Carriere

マチュー・カリエール

過去は究極の美少年、今は絶世のイケオジ

1950年生まれだそうです。今は66歳 ぐらいかな。

なんせ、初めての出会いが衝撃でした。テルレス君……もぅなんたる美しさなのですか。

seicolin.hatenablog.com

私はビデオを床の間(ないけど)に奉って、狂ったように拍手打っちゃいそうになりました。
ともかく、普通の人は大体タンパク質でできているもんだと思うんだけど、テルレス君はかなり陶器で出来ていました。毛穴ないよね?すべすべ~~~!!

それに目よね。奥ゆかしく控えめにみつくろっても、1000カラットは下らんのとちゃう?
でも品がいいからぜんぜんギラギラしてないのだ。静かに清んだふかーーーーい湖、なカンジ!(詩人!アタイ詩人!)
そして、トドメが瞳をふちどるやわらかそうなまつげ!
まぶたを伏せれば、アートな翳りをかもしだす!

 

やっぱり、等身大ビスクドールなんじゃない?ジュモー入魂の会心作?
それとも、オリンポスの神さんか?と見まごうばかりの神々しさです。

し、し、しかも驚け、動くんです!
まさか人間?すると祖先は、アタイたちと同じアウストラロピテクス?
うっそーーー!!そうだとしたら、腰抜けますよね!

でもその動き方、やっぱりぜんぜんふつーじゃない!

すらりとした手足の身ごなしにいちいち、気品ちゅーものが宿っております。一歩あるけば「気品」、二歩歩けば「洗練」と、動くだけでモレなくついてくる形容詞!

 

 ■続き

 

マチュー・カリエール

ほらねほらねほらね!

冗談じゃなく、「見た目」だけでも、歴史にぽこんと残っちゃうんじゃない???

しかしこれほど美しい少年が、もしご近所に住んでたりしたら?
ほか弁屋さんあたりでアルバイトとかしてたら?
スマイル0円?う、うそだ!
ブルル。緊張しすぎて、息もクシャミも買い物も、大盛りゴハンの追加もできやしない。
おつりなんか貰おうもんなら、その場で脳溢血起こすでしょうよね!!!

 

ああ、美しさとは、一歩まちがえば凶器。
これほどまでに美しすぎると、ワレワレ庶民は怖気づくしかなさそうだけど、幸いなことに、今のマチューはこうなりました!!

年をとったおかげで、親しみ、出たよね?んーにゃ、・・・あんまし出てないか・・・。
だっていまだに美しすぎる!!

 

f:id:seicolin:20170210115737j:plain

しぶい、イケオジ!!
なんなら、007のラスボス役とか、どうですか?ってぐらいのイケオジ!

ただ、少なくとも今となっては、ホカ弁屋さんで、アルバイトしているとは思われないので、アタイたち、まくらを高くして眠りましょう!!

 

エゴン・シーレ?愛欲と陶酔の日々? [DVD]

エゴン・シーレ?愛欲と陶酔の日々? [DVD]

 

 

悶絶の動画貼っておきますね!

鼻血出たらゴメンゴメン。 

 

 

 

「マチュー・カリエール」DATA

  • 1950年8月2日 ドイツ
Filmography
  • ケイジ (2005)
  • ルパン (2004)
  • ハイスピードレーサー (2002)
  • ハイスピード・バトル (2002)
  • 欲望の華 (1994)
  • コロンブス (1992)
  • マリーナ (1990)
  • シャドー・オン・ザ・ガーデン (1989)
  • 欲望のトライアングル (1988)
  • 凶弾 (1988)
  • ヴィナーワルツ/激しくも愛に燃えて… (1987)
  • 歌声を撃て!/そして最後に一人残った (1986)
  • キーファー・サザーランドの ベイ・ボーイ (1985)
  • 地獄の暗号指令 (1985)
  • マリー・ワード (1985)
  • ベートーヴェンの甥 (1984)
  • 愛の化身 (1984)
  • エスケープ・トゥ・フリーダム/自由への道 (1983)
  • 別れの朝 (1983)
  • サン・スーシの女 (1982)
  • 飛行士の妻 (1980)
  • エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々 (1980)
  • ビリティス (1977)
  • 真夜中の刑事/PYTHON357 (1976)
  • とどめの一発 (1975)
  • インディア・ソング (1974)
  • ドンファン (1973)
  • 青ひげ (1972)
  • 別れの朝 (1970)
  • 風の季節 (1970)
  • テルレスの青春 (1966)