読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ミスティック・リバー

MYSTIC RIVER  / クリント・イーストウッド

ミスティック・リバー

映画を見た、というずっしり感

むー重い。とてつもなく重い映画。娯楽ではないよなぁ。シンドかったぁ。でもいい映画だったなぁ。
劇場にわざわざ足を運び、お一人様1800円を払い、じっくりと腰を据えて見ることに満足できるような、映画らしい映画だと思いました。
奇抜なものはないんだけど、安定感のある映像は、観客の質を問わず(私でもオッケー!)、登場人物一人一人を重く確かに印象づけてくれます。


うーん、凄いなあ。イーストウッドって天才だったんだなぁ。あたりまえか。
なんせ、上手いなぁ~って思うんだけど、その上手さが気に障らないんだもん、すごい。

私もえー年こいてきて、より実感するんだけど、どんな人生にもふつ~に光と陰があり、クローズアップされる部分もあれば、決して誰の目にも触れることなく終わる闇もあるんですよね。

デイブの心は、あの時すでに死んでいた。心が死んだ人間の日常は、しんしんと重く湿気っていて、しずしずと深く、妻の心をもむしばんでいます。そのことが結局、もう一度デイブを殺すのだ。
歴然とした被害者は、誰の目にもデイブなのだけど、視点をわずかずつずらしていけば、全ての人物が何かの形で、被害者でもあり、加害者でもあるのかなぁ。
新聞やテレビ、あるいは人づてに起こったことが伝わる。それぞれの人がそれぞれの目線で、独自の解釈をしていく。情報と、真実はまた別ものなのだけど、いちど深く刻まれた印象はもう誰にも動かせない。


ある一面だけをクローズアップし、何かを断定する恐ろしさ。けれども、それが社会というものであったりする。もっとも、それぞれの立場に立った優柔不断なものわかりの良い社会なんて、収集がつかなくて最悪だもんね。
ともかくそんなこんなの中で縦糸横糸を巡らせ、人それぞれ、独自の人間関係を作っているんでありましょう。

なんだかね~、飛躍しすぎかもしんないけど、一人の人間を構成するものの壮大さを思うと、遠近感がおかしくなって、めまいがするような感じになります。
たんぱく質のかたまりの中に、まるまる宇宙が入っているような。
そしてそんな壮大なものが、命を終えるとコロっと朽ちるんだからねぇ。肉体も、心の旅もひっくるめて、すべてなかったことになるんだからねぇ。命を完結させるって、なんと豪気なことなのだろう。

それでも、デイブの人生が豪気や壮大からかけ離れ、最も悲惨に見えるのは、誰にも愛されなかった者の末路だからなのかなあ。


どーでもいいけど、何かと色々ある昨今、パレード前にアナベスがジミーを励ますシーンでは、「ジミー=アメリカ」に見えました。結末が明確じゃないのは、そういう誘導があるのかな?
「強いものが正しい。」その理屈は正しくないけど、現実なんだよね。

それにしても、ケビン・ベーコンの声が凄かった。この人はこんな声だったっけ?
映像と共に、それぞれの声が、とても印象に残っていました。

2004年2月

「ミスティック・リバー 」データ

MYSTIC RIVER  2003年 アメリカ

監督//
  • クリント・イーストウッド
出演//
  • ショーン・ペン
  • ティム・ロビンス
  • ケビン・ベーコン
  • ローレンス・フィッシュバーン
  • マーシャ・ゲイ・バーデン
  • ローラ・リニー
  • エミー・ロッサム
  • イーライ・ウォラック