ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ベルサイユ シーズン2

Versailles Season 2

BBCドラマ ベルサイユシーズン2

 

BBCドラマのヴェルサイユ 、待望のシーズン2を完走しましたのでメモします。
ぶっちゃけ、ミーハーが騒いでいるだけなんですが、それゆえ忖度なしに感じたことをそのまま言う、という習性が、わたくしにはございます。
そんなわけでいつもながら、強いてネタバレもしませんがわざわざ回避もしませんので、さまよえる未見の方は、どうぞご用心くださいまし・・・。

 

さて。
Netflixでの配信を今か今かと楽しみに待ってたベルサイユシーズン2。
今回も、シーズン1以上のめくるめくおスケベを、高級レースとおリボンづくしで煙にまくような、豪華絢爛なるドラマでした。
しかも、ストーリー的にも粘度が5割ぐらい増しております。
例えて言うなら、高級珍味をドカドカ入れて、めっちゃ煮詰まった寄せ鍋かってぐらい。
折りしも今、酷暑ですから鍋を囲めばナイアガラレベルの汗も出ます。

このバラエティ豊かな世の中には、汗をかく健康法というものもあると聞きます。
今まさに、発汗健康法に気分がビンゴの子羊さまは、ベルサイユチャレンジ健康法などいかがでしょうか。

 

 ■続き

 

感想メモ

なんせ今回は攻めてましたよね・・・。
もしや、このシーズンで打ち切りが決まった終わりなのかなぁ?
製作の、続きを意識してなさそうな、ふっきれた息吹を感じました・・・。

(いやでも微妙な情報があるにはあって、シーズン3ありそうな気もする!)

なかでも第一話が、いきなりはじけていて凄かったです。
前回からわざわざ持ち越した部分は、もっと引っ張るのかと思ったら、一話にて全てアッサリ解消され、新しいエピソードに移行しました。

 

あっ、それにしても、前回のラスボスの断末魔は、ことのほかえげつなかったですよね。
まぶたを閉じさせないパターンは、時計仕掛けのオレンジや、オペラ座血の喝采などでおなじみですけど、その後がエグかった!
アタイ的には、いろんな処刑パターンの中でも、1~2を争う嫌さ加減!!
やっぱ、UV怖いよ、UV!
アタイふとん掃除機のUVライトをまともに見て、網膜に穴あいちゃったことあるからね!くれぐれもたかをくくっちゃいけません。

一方、次のスパイの末路なんかは超アッサリ!
なんぼなんでも、不公平っちゅーモンなのではないのでしょうか・・・。

 

フィリップとシュヴァリエ

 

フィリップとシュヴァリエ

 

のっけからイケメンたちの尻、尻、尻。素晴らしかったですねぇ~。

シュヴァリエのいない心の穴を、こー埋めんのか!破廉恥な!!・・・っていうフィリップ殿下の可愛らしさですよね。

今全10話見終わって思うのは、このシーズンぶっちぎりのラブストーリーは、「フィリップ殿下とシュヴァリエ」で、間違いないのではないでしょうか。
めくるめく痴話げんかの中にも、深いきずなを感じるあたりののっぴきならなさ。

今回は特に、フィリップのもとに、ドイツからキュートなお妃のお輿入れがあって、フレッシュな新風が吹きまくり!

妃を迎えた以上は、ゲイであろうが子作りに励まねばならないという一大事!
ここに、おだやかならぬ中にもほのぼのとほほえましい三角関係が勃発し、やいのやいのと面白いコトになりました。

妃殿下との出会いは野ション。リーゼロッテさん最高です。

ちなみに、アタイ的に最大のヤマ場(萌え場)は、フィリップが女装で結婚式しちゃうとこ。
陛下はじめ周囲の貴族たちも、殿下の女装を「しょーがねーなー。」って顔をしながらも、「美しい」とか言って認めちゃってるおおらかさ。

もうひとつの萌えポイントは、別々のシーンにもかかわらず、鼻から血を吹くフィリップ殿下とジュヴァリエでした。やだもう~、二人揃って鼻血似合いすぎ~。鼻血ペアじゃん。ツンツンでデレデレじゃん。

 

ファビアンとクロディーヌ


でも、ベストカップル賞はファビアンとクロディーヌに捧げたいと思います。
ドライに汚れ仕事をこなす一匹狼的キャラのファビアンが、クロディーヌに心を許すくだりは、まるで少女マンガでございます!ロマンチック!

なんせ、ファビアンがニッコリ微笑みましたよね!ウソじゃありません、本当です!

唯一少女マンガとの隔たりは、クロディーヌさんご収集の、ビン詰め人体パーツに囲まれて、ロマンスが進行するというとこぐらいです!

ファビアンとクロディーヌ

 

だからして、あの展開は驚きました。
アタイのアイドルになんてことすんの!!!

 

モンテスパン夫人

気になるモンテスパン夫人の黒魔術エピソードは、なんと事実が下敷きになってるとのこと。

ともあれ、アタイは、モンテスパン夫人・・・演じるアンナ・ブルースターの、あっぱれな脱ぎっぷりを讃えたいです!
よくある、逆効果モザイクもまるでなし!ネトフリの良心を感じますよね。

どうでもいいけど、モンテスパン夫人のYゾーンが、キレイな▼三角形にお手入れされすぎてて笑うw。

 

あと、この時代、トイレというものは特になかったようですので、おまるで用を足したり、間に合わなければ部屋の隅で用を足したりする、という男前なシーンがままあります。
ほかの映画ではなかなか見られない描写なんだけど、正直この時代への理解を深めるのに欠かせないところですよね。

ぶっちゃけこれまで、ベルサイユ宮殿こんな豪華なとこなのに、実は排泄物の悪臭にまみれてた、と聞かされても、いまいちピンとこなかったけど、このドラマによってリアルに想像できるようになってしまった。
そりゃ香水の需要が高まるわけだ・・・。

でも悪臭と香害がまじゃこじゃになったら、より地獄感が増す気もする・・・。
ブルボン朝のみなさんは、どやって耐えていたんだろう?

 

ファッション

可愛いファッション

 

やっぱ、宮廷もののお楽しみは、ファッションや建築、インテリアや調度品でございますよね。
ベルサイユ宮殿は、貴族の共同生活場・・・シェアハウスみたいなモンなので、主要キャスト以外のモブ様方が、常にゾロゾロいるんですけど、どんな壁際のすみっこの人も、きっちり華麗ですてきでした。

 

 

 

ちなみに、恥ずかしながらシーズン1でもはしゃいでおります・・・。

 

seicolin.hatenablog.com

  

キャスト

 

  • ジョージ・ブラグデン(ルイ14世)
  • アレクサンダー・ブラホス(フィリップ)
  • タイ・ランヤン(ファビアン・マーシャル)
  • スチュアート・ボウマン(ボンタン)
  • エバン・ウィリアムズ(シュヴァリエ・ド・ロレーヌ)
  • アンナ・ブルースター(モンテスパン夫人)
  • リジー・ブロシュレ(クロディーヌ・マッソン)
  • アナトール・トーブマン(モンコート)
  • ジョー・シェリダン(ルーボア)
  • マディソン・ジェザニ(ソフィー)
  • エリサ・ラソウスキ(マリー・テレーズ・ドートリッシュ(王妃))
  • スティーヴ・キュミン(コルベール)
  • アレクシス・ミハリーク(ローハン)
  • ハリー・ハッデン=パトン(ガストン)
  • マーク・レンドール(トマ・ボーモント)
  • スザンヌ・クレマン(アガット夫人)
  • ジョージ・ウェブスター(オラニエ公ウィレム)
  • ピップ・トーレンズ(カッセル公爵)

 

 
字幕なしはつらいかな・・・Metflixの配信では字幕あったヨ。