ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

『映画』サムライ

Le Samouraï(1967)

映画「サムライ」のジェフ・コステロことアラン・ドロン

 

 無表情で無口なアラン・ドロンにミーハーも震える!

 

アタイ、年に1~2ヶ月はU-NEXTに入るんですが、なんでかっていうと、こういう名作のラインナップがいいからなんですよね。
なんせ、ノワールの金字塔の「サムライ」が最高画質ですよ、これが描かずにいられましょうか!

 

映画については、今更私があらすじやらなにやらとって付けても、たぶん誰も読みたくないし、特に書かなくてもいいですよね?

 

ただ、ただでさえこのクッッッソ暑い中、あまりにもハァハァいたしましたので、蓄熱が続くと私とて命にかかわります。
どうか、オツムの高熱だけ発散させてください・・・。

 

スポンサーリンク  

 

サムライのアラン・ドロン

 

アラン・ドロンって、基本ギラギラした印象がある人・・・っていうか、表情による印象変化が、ひときわ強く出ることないです?


「太陽がいっぱい」のリプリーの表情とかには、どこか卑屈さをぶん投げてくる一瞬があったし、いくつかの映画では、このドスケベが!と思わせられたりしたんですけど・・・。

ところがこの映画では、無表情のアラン・ドロンがこの上なく劇的で、はかない美しさに満ちている!!

 

よくいますよね、「黙っていればいい男(女)なのに・・・」とことごとく言われてしまうタイプの人が。
アラン・ドロンはきっとそのカテゴリ中、最高峰に位置する人なのではないでしょうか!

しかし、カッコいいということは往々にして、やりすぎるとギャグになります。
ところがこの劇中のアラン・ドロンは、決めショットのオンパレードにもかかわらず、決してギャグにならないんです!

奇跡、イッツミラクル。

 

あと、なんつってもナタリー・ドロンですよね。
この、ちょっと目をつりあげるメイクとか、あまりにもツボ刺激が強力すぎて、「強力なツボ刺激=ケンシロウ」という脳内構図が出来上がってるアタイとしては、もはやこれまでかと観念したほど。

そして、ナタリー・ドロン以上に存在感が素晴らしかったピアニストのキーパーソン、ヴァレリーを演じたカティ・ロシェ!!
スケッチしてないけど、さすがクールな殺し屋の運命を狂わせるだけのことはあります!

 

映画「サムライ」のナタリー・ドロン

 

いや~、ひさびさに見る名作は、ほんとうにイイもんですね!

個人的には、負傷したジェフ(ドロン)が、傷口を消毒する時、クールな表情を維持しつつ、ピクってなるシーンが最高に好き。

あと、スーツフェチとしてはこたえられんシーンがわんさかあって、特に帽子とコートとっかえシーンとか、ああ、解熱どころか、思い出したらまたもや発熱してしまう!!

これ以上理性がおいしく茹で上がったら、おろしポン酢で一杯やって、踊りだすしかないのでは!

 

youtu.be

サムライ [Blu-ray]

サムライ [Blu-ray]

 

 

↓ ぶっちゃけ、私はこのトワレの匂いを嗅いだことがございませんが、ブルーレイより先にこっちがヒットしまくりましたので、モノはついでということでまぎれこませてみます。と書いたら、

CHUFF!! チャフで行こうよ。

の8マンさんが教えてくれました!!

8マンさん曰く「ドストレートな線香の匂い」だそうですwww

線香って、線香って・・・!逆に嗅いでみたくなりましたがな!
確かよく行くドラッグストアにテスターがあった気がするな・・・うん。

サムライ オードトワレ 100mL

サムライ オードトワレ 100mL

 

 

 「サムライ」データ

  • (Le Samouraï)1967年(フランス/イタリア)

監督

  • ジャン=ピエール・メルヴィル

出演

  • アラン・ドロン(ジェフ・コステロ)
  • フランソワ・ペリエ(警部)
  • ナタリー・ドロン(ジャーヌ)
  • カティ・ロシェ(ヴァレリー)
  • ミシェル・ボワロン(ウィーナー)
  • ジャック・ルロワ(殺し屋)