ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

『映画』レザーフェイス-悪魔のいけにえ

Leatherface(2017年)

レザーフェイス-悪魔のいけにえ

※臓物まみれのヴァネッサ・グラッセはとてもツボにビンゴしました。
やっぱ、俗に水もしたたるいい男とかいいますが、血液したたる美女の破壊力ときたら、それどころじゃないですよね。

 

「飛び出す悪魔のいけにえレザーフェイスの一家の逆襲」の前日譚?

 

とりあえず、ソーヤー家の3男(?)ジェドのバースディイベントのシーンから、お話の火蓋が切って落とされました。

ママからのプレゼントは当然のごとくチェーンソー。
いや早速すぎるだろ。
5歳の子供にいきなりマイ凶器として、ドス重そうなチェーンソーを与える香ばしさは、ソーヤー一家ならではだなぁとほほえましい!

 

もちろんチェーンソーはうなりをあげてナンボですので、家族愛に満ちた家族から、試し切りの練習台(豚泥棒)もセットでプレゼントされるのです。

ただ、ジェド的にそのプレゼントは、あましうれしくなかったりした!

そんな息子の反応が、ママにとっては晴天の霹靂!
しかもまさかの、殺し拒否!!
もちろんいくら末っ子だとて、ソーヤー家の一員として、そのような態度は許されません!

家族一同はジェドのふがいなさにがっかりしつつも、泉のごとくあふれる愛で、ジェドが立派な殺人鬼として家風に順応できるよう、指導に余念がなかったのですが・・・。

 

スポンサーリンク  

感想(ネタバレあるよ)

 

まぁ、飛び出す悪魔のいけにえのレザーフェイスの名前がジェディダイアだったことから、いろいろこじつけて何が何でもこのあたりに

seicolin.hatenablog.com

・・・つなげたくなりますけど、どう考えても随所にムリが発生し、結局数あるいけにえシリーズの、パラレルワールドのひとつなのかな、という仕様なのです。

ぶっちゃけどのいけにえとも、しっかりつじつまを合わせることはできません。

レザーフェイスの化粧の意味も、初代「悪魔のいけにえ」 と今作では、もう全然違います。

 

ただ、そこらへんさえ気持ちの折り合いをつけることができれば、ひとつの映画としてなら、結構面白いんじゃない?と思いました。

まぁ、リーアーメイもデニスホッパーも残念ながら故人になってしまわれました。
ブットビ保安官たる人材が不足してるというより、二人が偉大すぎたのです。
なので、スティーヴンドーフのハートマン保安官が多少物足りなかったとしても、そこは長い目で見なくては。
そのかわり補佐官役に、ミーハーおすすめ、フィン・ジョーンズが出ております。
確かにまったく活躍はいたしませんが、「男前」という価値がございます。

 

それに、牛(?)の顔面を装着したジェド少年は、ビジュアル的にもそそります。

けど、施設にはいって成長してから、「この面子の中でジェドは誰?」という疑問が発生して、こいつかな?どっちかな?というお楽しみがせっかく用意されてんのに、グーグルがめっちゃネタバレしてんのは困りましたね!!

顔写真入りの俳優名の下に、「レザーフェイス」とかつけちゃって!
そこは、「レザーフェイス」じゃなくて、「ジャクソン」と記しなさいよね~~。

え?え?あ?あ?
ゴ、ゴメン!グーグルはともかく、アタイのネタバレまずかったです?

レザーフェイス-悪魔のいけにえのハートマン

 

まぁ、ホラーでストーリーのネタバレとかは、余興、吹けば飛ぶような余興にすぎないのでございます。
モンダイは、ネタバレうんぬんなどよりも、スプラッタシーンが超ぬるい!ってところにあるのではないでしょうか。

今にもスプラッタシーンが来るぞ来るぞと見せかけて、肝心のとこがはぐらかされてしまうので、いくら時代の傾向とはいえ、愛好者にとってはかなりの肩すかしだったことは否めません。

まぁその分ホラー耐性なくとも見られる、エンタメと言えるのかもしれません。
ソーヤー一家の家族愛は健在ですし、なんなら家族で見てもOKかも?

 

レザーフェイス‐悪魔のいけにえ [Blu-ray]

レザーフェイス‐悪魔のいけにえ [Blu-ray]

 

 

 「レザーフェイス -悪魔のいけにえ」データ

  • Leatherface(2017年)アメリカ

監督

  • ジュリアン・モーリー
  • アレクサンドル・バスティロ

出演

  • スティーヴン・ドーフ(ハル・ハートマン保安官)
  • リリ・テイラー(ヴァーナ)
  • サム・ストライク(ジャクソン)
  • ヴァネッサ・グラッセ(看護師リジー)
  • フィン・ジョーンズ(ソレルズ副保安官)
  • サム・コールマン(バド)
  • ジェシカ・マドセン(クラリス)
  • ジェームズ・ブルーア(アイザック)
  • クリストファー・アダムソン(Dr.ラング)
  • ロリナ・カンブローヴァ(ベティ)

元祖レザーフェイス

まぁ、このほかに2,3、そしてテキサスチェーンソーシリーズなど、レザーフェイスものはけっこういっぱいありますので、折りしもお盆休み到来ですし、いろいろ見比べてみるのもよろしいのではないでしょうか・・。

seicolin.hatenablog.com