読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

荊の城

ドラマ感想 イラスト

Fingersmith (2005)

荊の城のモード

 

「お嬢さん」と原作を同じくする、イギリスのBBC製作のテレビドラマ版!!

以前に一度見ていたんだけど、内容を忘れてしまっていたのと、「お嬢さん」がDVD化するまで見れそうもない自分の環境に、めでたく踏ん切りをつけまして、ならばこっちを、と以前に録画してあったのをガサゴソ引っ張り出して、改めて見てみました。

見始めたら内容思い出すかな、と思ったら、アタイのオツムの性能では、全くそのようなこともなく、おかげで最後の最後まで、フレッシュにエキサイトできました。

まぁ、二度も見てしまったからには、オチに対する「初見の驚き」は、さすがに失われてしまったけど・・・。

なので、いずれ「お嬢さん」見るときのポイントは、このお話の舞台を東洋に移して、どういったオリジナルな展開がなされるのか、あと、東洋的お耽美がどのように描かれるのか、とか、そんなあたりになるのかな。
もちろんそういうのだけでも、アタイ充分萌えるので、「お嬢さん」への期待が揺らぐこともなく、DVD化を待ちまする。

 

続きを読む

レオナルド・スバラグリア

アクター

Leonardo Sbaraglia

映画10億分の1の男のレオナルド・スバラグリア

目力に圧倒されるラテン系イケメン

ある日のこと、アタイの後頭部に大衝撃が!
フライパン・・・・つーか、中華鍋で殴られた?ってぐらいの一撃です。


目の前の画面では、「10億分の1の男」が映し出されています。
誰!これ誰???レオナルド?スバラグリア?
むむむむっちゃ、カッコいいんとちゃうん~!?!どうすんの!

と、いうわけで、か、な、り、後頭部に食らうダメージの高い美形。
極東の島国のアタイが見ても、インド人が見ても、ニカラグア人が見ても、インドネシア人が見ても、アンドロメダ星人が見ても、ぶっちゃけ誰が見ても満場一致で「美形!」と決定されることは間違いないです。
アルゼンチンとの不仲が囁かれている(定かではないです)ブラジル人にだって、かくれスバラグリアンは、相当いるんじゃないでしょうか!

ともかく全てが甘くてとろけちゃいそうなツクリで、いかにも「女たらし」に大ビンゴ!というか、ぶっちゃけ「男たらし」もいけるよね、ってほどに万人に向けられたセクシーさ。
何が言いたいかというと、世代性別などという区別が全く必要ないほど、全哺乳類がターゲット!!みたいな、規模のデッカイ魅力を備えたお方よね!ってことなんです。

 

続きを読む

ニコライ・コスター=ワルドー

アクター

Nikolaj Coster-Waldau

 

ニコライ・コスター=ワルドー

※「真夜中のゆりかご」より

映画界の曜変天目(本物)

どうぞごらんくださいませっっ!!
この、精悍、かつ丈夫で長持ち間違いなし!と品質保証付きの美貌。
フツフツと湧いて出る、バイオレンスフレーバー入りのフェロモン。

アタイが思うに、ニコライ・コスター=ワルドゥの基本スペックは、コートを着た上からでも確認可能な、骨組みの良さでございます。
その流行に左右されない謹厳実直な土台に、メリハリの効いた筋肉が丹念に盛られ、かつ繊細でビューティフルなパーツが施されているわけですから、10年や20年ではびくともしないであろう、耐久性の高い美貌なのです。

車で言えばベンツね。
ナイフならゾーリンゲン、ようかんで言えばトラヤ?ふとんで言えば西川?
時計で言えばオメガ、ファッションで言えばアルマーニ、フィギュアで言えば海洋堂・・・・え?もういい?

 

続きを読む