ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ウルフ・ホール

Wolf Hall / ピーター・コズミンスキー

ウルフ・ホール

 

 

ヒラリー・マンテルの小説『ウルフ・ホール』と『罪人を召し出せ』を、イギリスBBCがドラマ化したやつ、とのことでございます。

数多あるヘンリー8世もののなかでも、トマス・クロムウェルの視点から描かれているのって、他になくないですか?
同じトマスでもトマス・モアならもっとありがちだと思うんですけど、どっちかっていうと悪役カテゴリのクロムウェルさんが主役だなどとは、逆に新鮮でございますよね!

 

ちなみに、同じトコロが描かれていた「ブーリン家の姉妹」でトマス・ブーリンを演じていたマーク・ライランスが、こっちではクロムウェルを演じているのも、ミーハーとしては興味深いところです。

なんせ、マーク・ライランスという人は、淡々とした表情のなかに「憂い」と「知性」が溶け込んでいるという、賢者的なイメージがある人ですので、「ドラマのせいでクロムウェル萌え!」という現象も充分ありえると思われます。

 

お話は、トマス・ウルジー枢機卿が失脚するあたりから始まり、アン・ブーリンの処刑シーンで幕を閉じる、というメジャーどころ。
ウルジーさんが失脚する以前の描写もあるので、1520年ぐらい~1536年ぐらいの間のお話かな?

日本放送版では全4話と、重厚な内容ながら、そんなに身構えなくてもとっつきやすく、見やすい長さで良かったです。
まぁ、一話につき90分あるけどな!

 

続きを読む

特捜部Q-Pからのメッセージ-

Flaskepost fra P (2016) ハンス・ペテル・モランド

映画特捜部QPからのメッセージ

特捜部Qシリーズ第三弾

 

ユッシ・エーズラ・オールスン原作、特捜部Qシリーズの三作目。
今回、監督が交代した模様で、前二作とは微妙に雰囲気が変わったかも。

まぁ、どっちがどう、って比べることに興味はないけど・・・、つーかシリーズ全部好きなのはまぎれもないけど、少なくとも今回は美形キャスト率があがっていたので、眼福アンド似顔絵描きが楽しかったことを、記しておきます!

もちろん、そんな美形たちの中にあっても、ひときわ眉間のタテジワとむさくるしさを、惜しみなく放つカールとアサドのおっさんペアが、いちばん可愛いのは言うまでもありません。

しかし、ただひとつ詰め寄りたいのは、

前回特捜部入りした猫はどうなった?猫は!

・・・というところですよね。正直、めっちゃ気になります。

 

続きを読む

特捜部Q-キジ殺し-

Fasandaeberne/ミケル・ノガール

 

特捜部Qキジ殺し

 

特捜部Qシリーズ2作め

 

前回の事件の解決により、特捜部Qは、解決済み事件の書類整理という名目の島流し部署から、未解決事件花形捜査班にレベルアップし、しかも秘書と猫まで加わりました!
猫の名前はキャット。訳すれば猫!ミケとかタマですらない!!

うむ、カールらしいです。
たぶん、カールはセンスが良くも悪くもなく、ぶっちゃけ「センスが存在しない」んじゃないかな。や~ね~、んもー可愛いよっっカール!

 

▼前回の事件

seicolin.hatenablog.com


ちなみに、ちょっと出世したからといって、相変わらずナンパに成功しないわ、義理の息子との約束を忘れて関係改善の機会を逃すわ、と、カールの行動パターンは何一つ変わっていないので、前作から、まったく時差を感じません。

ただ、目の前のコーヒーが、ローセ(秘書)の入れたものだと確認してから飲む、という描写があって、ソコは気にとめるべきポインツですよね。

確か前回、アサドのコーヒーを認めたんじゃなかったんかぃ!

 

続きを読む