ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ダークマン2復讐の標的

Darkman II / ブラッドフォード・メイ

ダークマン2復讐の標的

お、お、お、面白くない!

アーノルド・ヴォスルーとリーアム・ニーソンは別人すぎる

いやもぅほんとにぜんぜん面白くないので、ほかに書きようがないんだけど、「イムホテップとギグルス対決」を見てるんだ、とでも焦点を変えれば、ちょっとこみ上げるものがあるかもしんない!!って、こみ上げたのは何か?とか追求すると自爆しそう!!
いやいや、こみ上げたのは「感慨」ですよね「感慨」。でもくれぐれも「感動」とかじゃないから、気をつけてニュアンスを読んでくだされ……。

いやそれはどーでもいいんだけど……。
これが面白くない原因は、やっぱり主役が前作のリーアム・ニーソンとは似ても似つかぬ別人だから!ってことに尽きるんじゃないかな……。続編ものの宿命としてありがちというか、なぜわざわざここまで似てないキャスティングなんだっ?というか。

けどアタイはいちおーアーノルド・ヴォスルーが好きだから、今回に限り、渾身の心頭滅却にて、かろうじて許せる方向です。
まあ、ラリー・ドレイクの続投にて、フル心頭滅却の努力も、ほんの少々報われたことだし、結構心が広がってるのだ。

 ■続き

しかしぶっちゃけ、クワイ・ガン・ジンとイムホテップという、霊長類同士であることさえ疑わしいほどに似ても似つかぬお二人を、「同一人物だってば!」と言い張られても、いくらなんでも冗談にもホトトギスってもんがある!!!……というのが、正しい反応のはずだよね。

お話はもう、前回あんな死に方をしたはずなのに、「デュランが生きてる!」ってことが、すでに最大の山場なので、あとはぜんぜんどうでもいいような雰囲気だ。
お話が進むにつれて盛り下がりに盛り下がって、「デュランが不死身」というゆいいつのツボを、世にもあっさり覆して、終わる。
あんだけ不死身だったのに、おしまいはザコ以下の死に方。たぶん、所要時間10パチクリぐらい……?
一体、誰の都合でこんな展開になってるんだ!!脚本家が食あたりでもしてたのか?
死に方も死に方だ!
ゲロもグロもべっちょりもねっとりもこってりもぐっちょりもひでぶもあべしもなんもない!!!
ペイトン(ヴォスルー)はペイトンでミイラにもならないし、サソリ男と対決もしない!

ハッキリいって、3もあるけど、マッタクと言っていいほど見る気がしないのは、もう見る側の理解力とか愛とかの責任ではナイはず!と最終的にボロカスな心境になってしまうものの、この映画自体べつにどうでもいいので、そこはまあサクっとあっさりあきらめがつきます。

2005年3月

「ダークマン2復讐の標的」データ

Darkman II : The Return of Durant 1994年 アメリカ

監督//
  • ブラッドフォード・メイ
出演//
  • ラリー・ドレイク
  • アーノルド・ヴォスルー
  • キム・デラニー
  • レネ・オコナー

▼1は面白かったんだよ、1は・・・。

seicolin.hatenablog.com