ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヘルレイザー8/ヘル・ワールド

HELLRAISER:HELLWORLD / リック・ボータ

ヘル・ワールド

ティーンズ・ホラー風ヘルレイザー?

2年前、ネトゲ「HELLWORLD」にハマった挙げ句、焼身自殺した大学生アダム。
アダムの死を教訓に、友人たちは、さすがにHELLWORLDから足を洗った……と言いたいトコやけど、2年後もまだ進歩なく、おんなじサイトにいりびたり!!
モニタに向かって、なにやらチョチョイとゲームにチャレンジ。ウオー!!やったぁ!リバイアサンの館での、リアルパーティー招待券をゲット!!

リバイアサンの館では、ヘルレイザーをダシにした、妖しくも楽しい合コンパーティー!!
猟奇なムードに盛り上げられた、ピチピチのフェロモンが、むんむんピンクに渦巻きまくり。
あっちでポロリ、こっちでぶちゅうと、ぶっちゃけ、ティーンズホラーのお約束~~~!!
……って、ヘルレイザーって、ティーンズホラーだったっけ?まさーか、アルマジロとかいないだろうな?キョロキョロ!

 ■続き

でも、そんな軽薄な雰囲気も、 黒づくめのランス・ヘンリクセンに、両手を広げてウェルカム!!ってされちゃった途端、ぐっと重力がかかるからさすが!!

らせん階段を深く下りると、ホルマリン漬けの顔とか顔とか、ずらりのパーツがステキなお部屋。
ホラーフェチなら、もーそんだけで、モレなくラリルと思われる!!!
しかも可動式のフックも完備となれば、そりゃー1人や2人は、これにひっかかって死ぬよな、ムフフ、というスリコミが、否が応でもスイッチオン~~。

スイッチオン後は、まあ、当然ひとりふたりと死んでいくんだけど、なーんかありきたりちゅーか、軽々しいちゅーか、あまり工夫がないちゅーか。
まぁ幻覚ネタなんで、若者の死にざまのライトさは、わざとの演出かもしれません。

でもでもでーーーーも、だったら最後のシーンだけは、もっとがんばらなアカンやろ。
つか、責任者、ホンモノの、ピン坊のお仕事と、「なんちゃってヘルレイザー死」ぐらいは、キッチリ区別してくらさい!

だいたい、セノバイトが出てきて、シュパシュパサックリ切り分けるだけ、って、ありえん!!!!
ネット時代、快楽もぶちぶちメキメキジュワジュワ抜きに、ショートカットで直行か? ムリ!
ホーロー浴槽のバスクリンの湯に入って、登別温泉5泊6日の気分になれるか?ムリ!

だめだめ、だめじゃん!!!!
ヘルレイザーの醍醐味は、ネッコリムシれた肉片にあるのにさ!

私はですね~~、リック・ボータ嫌いじゃないし、幻覚ネタも大好きだし、このオチもぶっちゃけかなーりお気に入り。駄作じゃないと思ってます。
けども、やっぱね~~、1とか、2の、ヘルレイザーの、「ここが、ここが好きなんだよね~~~~っ!」 みたいなもんを求めて見ると、全力で、星一徹直伝の(い、いつ?)渾身のちゃぶ台返しを、披露しちゃうと思います~~~。
ちゃぶ台だけならいいんだけど、ちゃぶ台の上に、納豆やらタコ酢やらが乗っかってると超ヤバイ。天井に納豆や酢ワカメが張り付く恐怖は、何の快楽も伴わないただの苦痛なので、できれば避けたいトコっっすよね。注意しませう。

つーか、たぶん、リック・ボータとクライヴ・バーカーの間には、深くて暗い河があり、ローエンドローかと思われます……。

だから、もういっそのこと、「ヘルレイザー!!」とかって断定しちゃわずに、「リック・ボータの、ヘルレイザー風?ヘル・ワールド~♪」みたいに、謙虚な路線で行ったらどう?とか思うワケよ。

その上で、掘って掘って掘りまくるランスの雄姿を、セノバイト化してくれたら、アタイ的には思い残すことなかったのに……。

(2008.8月)

ヘルレイザー ヘルワールド [DVD]

ヘルレイザー ヘルワールド [DVD]

 

「ヘルレイザー8/ヘル・ワールド」データ

HELLRAISER:HELLWORLD 2005年 アメリカ

監督//
  • リック・ボータ
出演//
  • ダグ・ブラッドレイ(ピンヘッド)
  • キャサリン・ウィンコック(チェルシー)
  • カタリナ・アレクサンドル(シスター・ウルサラ)
  • ヘンリー・カヴィル(マイク)
  • ランス・ヘンリクセン (ホスト)

 ▼シリーズ1~3