ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ビフォア・ザ・レイン

Before the Rain(1994)ミルチョ・マンチェフスキー

歩フォア・ザ・レインのグレゴワール・コラン

あらすじ

グレゴワール・コラン

 

これは、私イチオシ、グレゴワール・コラン出演というボーナスが光る、三部構成のラブストーリーなのです。

 

第一部「言葉」では、マケドニア人と敵対する、アルバニアの超絶美少女ザミラと、沈黙の修行中の若い僧キリルが恋に落ちます。

 

第二部「顔」では、夫と愛人の2人の間で気持ちを揺らすアン(カトリン・カートリッジ)の迷いが、かなしい結果となって語られます。

 

第三部「写真」では、アンの愛人であったアレックス(レード・セルベッジア)がマケドニアに帰って、かつて好きだった女性と再会します。

 

感想

スポンサーリンク  

 

私は、私は、この映画のコランがいっちゃんすっきやぁぁ!
キリルという青年僧はまさにコランの、「もの言いたげに濡れた黒い瞳」の為の役!

風になびく黒衣も、もう卒倒しそうなほどかっこええーーーーーーーーーーーー。
と、いくら吠えても吠え足りぬほどに、 コランに惚れすぎる一品。

 

なんせこのキリルという僧は、かれこれ3年も沈黙の業をやっております。
言葉を発しないからこそ、まなざしや指先から、心を語りかけるのです。仕草や肉体から伝わる思いっつーやつは、ストイックな反面まことにいろっぽいっす。
コランのバヤイ、その点きっと、生まれながらに超天才。

つうか、意外と単純に、長いものには、長いものが似合ってる?
つまり、熱いものは熱いうちに食うとうまい?(ちがう?)毒を喰らわば皿までってやつ?(もう言うな?)

ともかくそのストイックさに胸を鷲づかみにされたもんだから、僧衣を脱いで、着替えたアディダスのナマナマしさはショックでした。
こんな悲劇の似合わない、普通の少女と普通の少年じゃん!と。

ただミーハー的には、ベストなコランを味わう意味において、ゆったりとした白シャツか、いっそ脱いだままとかでも良かったのになぁ・・・とうっすら思ったりしたんですけど。(オイ)

 

と、と、ともかく。

この映画、非常にひきつけられる映画で、どっと重たく絶望的な内容ながらも、キーンと静かで美しく、見終わった後も、あとからあとから余韻がさざ波のように押し寄せて参ります。
というか、ビフォア・ザ・レインの世界から、「帰ってこれない」んですよね。
お話が終わらないから。

でも当座命の危機のない私達には、この映画の、限りないやりきれなさをリアルに理解できるかどうか。せめて、遠い地の紛争にも、ときに思いを寄せること、心がけたいと思います。
かの土地の、絵空事でない流血の輪廻、いつか終わることがあるのでしょうか。

 

コラン鑑賞におけるワンポイント・アドバイス

 

私はこの映画を最初に見たとき、第二部か第三部にも、必ずやコランが出るはず!!と信じきっておりました(涙)。
人間「希望」は大事やし……。映画が終わってしまうまでは、ひとすじの希望を胸に、広い心を保ちましょう。

かれこれエンドロールになりますと、さすがに暴れても良いでしょう。
ということで、もっとたくさんコランを見たかった私やあなたは、あらかじめサンドバックを用意してから、鑑賞するのがよろしいかと思います……。
念を入れたい凝り性な私やあなたは、コメカミにピップエレキバン。

映画の幕が閉じるや否や、争う性の生き物たる、かなしさややりきれなさも、コラン不足の禁断症状もろとも、マットに沈めてしまいましょう。

まあ本当に正しい鑑賞法は、メビウスの輪を体感する意味においても、えんえんと繰り返し見続けることなのかも知れません。

 

ビフォア・ザ・レイン [DVD]

ビフォア・ザ・レイン [DVD]

 

 

「ビフォア・ザ・レイン」データ

Before the Rain, Pred dozhdot 1994年 マケドニア、フランス、イギリス

監督

  • ミルチョ・マンチェフスキー

キャスト

  • キリル:グレゴワール・コラン
  • ザミラ:ラビナ・ミテフスカ
  • アン:カトリン・カートリッジ
  • アレキサンダー・キルコフ:レード・セルベッジア
  • ニック:ジェイ・ヴィラーズ