ミーハーdeCINEMA

ミーハーが映画やドラマを見てはあれこれとつぶやいてます。

『ドラマ』熱血司祭(2017)

열혈사제

熱血司祭キム・ナムギル 

キム・ナムギルが、司祭姿で回し蹴り!

 

血沸き肉躍るノンストップアクション社会派犯罪コメディ。
一人の司祭が腐敗した権力に立ち向かう!仲間も増える。
おまけにB級グルメ(麺、麺、麺、パン)もあるよ。←あらすじ

 

ともかく、ナムさんの司祭姿に尽きます。
ナムさんが熱血アクションを惜しみなくお見舞いしてくれることにより、ナイアガラレベルの鼻血が噴き出すドラマでした。
ミーハーの鼻が、観光名所になる日も遠い話ではなさそうです。

なんせ、飛び蹴り、膝蹴り、後ろ蹴り、いやパンチ寝技に至るまで、繰り出す技のすべてが美しいので、ティッシュごときでは吸水力が足りません。
責任者は早急に、鼻血吸収パッドを売り出すべきです。

 

しかもナムさん、走ります!走るんですよ!いや素晴らしい!

なんつったって、あの長身で司祭服です。
ロングコートから繰り出す足が、「え?え?なっっっが!!!」・・となるわけです!!
その長さ、実在が疑われるレベルですよね!
さらに顔がよろしいので、眼福すぎて枯れ木に花が咲くレベル。
ミーハーが昔話のスターになる日も遠い話ではなさそうです・・・。

つーか、劇中、イ・ハニ演じるパク・キョンソン検事が、ヘイル司祭にむかつきながらも、何度も何度も言ってますしね。
「もっのすご~~~~~~~くイケメン」と。

 

しかも白目はむくわ、パチクリするわ、ナムさん名物顔芸もいちだんとパワーアップしております。
スパークリング変顔絶好調です。
ついでに言うと、なんと女装もございます。(ドス美人)
ようするにミーハー捕獲用の落とし穴が完備なんです。

つーか、穴しかない状況ですよ、落ちないはずなかろうよ・・・。


まぁ、この司祭キム・ヘイルがなかなかわけありで、っつーかぶっちゃけもと国家特殊要員(のなかでも最強クラス)でして、過去にえぐれた心の傷の副作用により、お怒り瞬間沸騰体質となっているんですよね。
それこそ、その後何をやらかそうと、我々に有無を言わさぬ設定なのです。

つまりホラ、沈黙のあれとかランボーの司祭版みたいな感じ。
相手がどんな巨大な腐敗社会の象徴であっても、最後に必ず正義が勝つ(はず!)ので、もうアタイたち大船に乗った殿様気分でOKなんです。

言い換えると、リアリティを追求しすぎてはいけないのです。

 

ちなみに、暴力描写はすこぶる派手で、痛々しいシーンも避けては通れないわけだけど、この効果音はセロリあの効果音は白菜・・・と思えば耐え抜くことができるでしょう。

↓効果音の作り方 

 

サブキャラが魅力的!!

 

そして、さらに盛り上がるのがドラマを彩るドス濃いキャラクター群ですね!

(さっきのセロリつながりで)あえてレタスに例えると、肉眼で見える範囲は盛大に腐ってるんですが、腐った部分を捨てればけっこう食べられる路線・・・ってあたりが絶妙なんです。
そしてそいつらが目に炎をたぎらせ力を合わせてハジケた時、俄然エクスペンダブルス味が出てくるのです。
想像してみて?
かつて腐りかけのレタスだったものが、大輪のフレッシュグリーンサラダとしてよみがえり、夜空に打ちあがるハレルヤを。

このドラマのサブキャラは、いうなればそれです。

熱血司祭 

スポンサーリンク  

もちろん、そのほかにも腐りっぱなしのゲスもいれば、天使のような善人もいます。
あろうことか、そんなキャラクターがすべてミキサーで回されまして、そこに出でたるのが闇鍋現象。
これが、アタリを引いてもよし、ハズレをひいてもまた楽し、というじつに愉快な現象となっております。

ちなみに私の場合、闇鍋からすくい上げたのは、ファン・チョルボム萌えというキャハハでした。
チョルボムはヤクザあがりの実業家でカトリックなんだけど、赤いエプロン異様に似合うし、下衆つながりなりに仁義もあるし、さらにボクシングの達人なんです。
ちょっとぉ~~どんな詰め込みキャラよw愛してるよ!!
しかもチョルボムにはおかっぱの下僕がいまして、その彼がビジュアル含めてめさめさいい仕事するんですよ。

やだもう、ラスボス以外、全員愛嬌があるじゃないの!!!

 

 

ただ、ひとつだけちょっと・・・ってなりかけたエピソードもなくはない。

アタイは、頭に怪我して意識不明、という状況にトラウマがございますため、頭を殴られ長く意識不明だった善人の、意識がやっと戻ったからといって、単なるめでたしみたいな表現には正直抵抗がございます。(後遺症の心配もしてあげて的な・・・)

だがしかし、もう一度言いますがこれはリアリティが優先するドラマではないために、セーフなんだと切り替えました。
怪我が治ればすべてが元通り、もしそうだったら嬉しいじゃないか!!

ともかくめっちゃ面白かったから、哲学的なドラマしか見てはならない、と医者にとめられてる人以外、こぞって見るといいと思います!! 

 

キャスト

  • キム・ナムギル(キム・へイル)
  • キム・ソンギュン(ク・デヨン)
  • イ・ハニ(パク・キョンソン)
  • コ・ジュン(ファン・チョルボム)
  • クム・セロク(ソ・スンア)
  • チョン・ヨンジュ(チョン・ドンジャ)
  • キム・ヒョンムク(カン・ソクテ)
  • チョン・インギ(ナム・ソック)
  • ハン・ギジュン(パク・ウォンム)
  • チョン・ドンファン(イ・ヨンジュン)
  • ウム・ムンソク
  • イ・ムンシク

 

にほんブログ村 映画ブログへ