読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

デス・フロント

DEATH WATCH / マイケル・J・バセット

デス・フロント [DVD]

デス・フロント [DVD]

 

ジェイミー・ベル主演の戦場ホラー

あの「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベル主演?ゴラムなスメアゴル、アンディ・サーキスも出てくる戦場ホラー??うおおおお、キャストだけでも見る価値ありそう!

そうだよ、ジェイミーが成長してアダム・クーパーになるなんて、ゼッタイ!!おかしいと思ってたんよね!正しいジェイミーなら、やっぱりこっちが本当だよね!

で、画面はというと、戦場にえんえんと降りしきる雨また雨、 時々血の雨、憂鬱な光景です。めっちゃ滅入ります。

ぐしゃっとぬかるみに足を取られたと思ったら、腐った死体を踏んづけてたりするんだけど、まぁ足元が汚れることに大差なく、どのみちイヤ~~な感じだし一緒か。

というように、ダークでしんきくさい雰囲気を、大盛りで味合わせてもらえるものの、べつだん怖くはないんですが、

何来んの?何来んの?どわーー!!有刺鉄線か~ぃっ!!
……というまさかのシチュエーションが面白いのだ~~。

 ■続き

襲ってくる相手が、たとぃチンケな有刺鉄線でも、これが結構スリリングで、やっぱ、低予算ホラーでも、作り手のセンスが好きだと、面白く見せてもらえるんだなあと、あまたのホラー鑑賞の、挫折続きでゲッソリやつれた頬に、夢と希望と血の気がよみがえる。

で、ぶっちゃけ、塹壕は死後の世界の待合室みたいなもんで、実は彼らに最後の審判が行われている模様です。地獄に行くのも天国に行くのも本人の行ない次第。

……なんだけど、その振り分け方のベタさは、アタイちょっと気にいりませんぞ!!
まだ若く、てらいもなくキラキラ目で理想を追える年齢のシェイクスピア(ジェイミー・ベル)と、酸いも甘いも経験を重ね、現実ってやつのどうしようもなさに、開き直りつつある真っ最中のおっさんたちじゃー、このラスト以外ないんじゃん!
不公平だよ~。

だいたい魂の質なんて、同じ長さを同じ経験で生き抜いてみないと、比べようがないじゃんか!……などとつい真顔で思っちゃいました。
しかもその善し悪しを、神様の価値観でジャッジ?ナンセンスだよ!などとも言いたくなるだよねぇ。
まあ神様には100歩譲るとしても、ぜったいホラーなんかの心霊もの扱いで、魂を無責任に振り分けちゃったらイカンやろ。
こう見えて現実主義のアタイなんかは、お告げがミョーにそれっぽいほど、信用ならない気がするもんね。

あと、ただでさえ暗い画面に、アンディ・サーキスやらクリス・マーシャルなどとゆー、クセのある個性派が揃いすぎてて、かえって誰が誰やらわけわからんまま、頭数だけが減っていく。
ある意味、だからこそ怖いんだろうなぁとか思いつつ、なんつーか、強い個性もクッキリと引き立つためには、その他大勢的平凡な脇役が必要という、ヨノナカの法則みたいなものを、垣間見れたような気がしました。

2004年1月

 

「デス・フロント」データ

DEATH WATCH 2002年 イギリス

監督//
  • マイケル・J・バセット
出演//
  • ジェイミー・ベル
  • ヒューゴ・スピアー
  • マシュー・リス
  • アンディー・サーキス
  • ローレンス・フォックス
  • ディーン・レノックス・ケリー
  • ヒュー・オコナー
  • クリス・マーシャル