読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヘッケルの死霊

映画感想「は」行

マスターズ・オブ・ホラー12話 ヘッケルの死霊 / ジョン・マクノートン

ヘッケルの死霊

オーソドックスお耽美系!

うひゃーっ!!いいです、いいです!!
のっけから怪しくもお耽美で、ゴシックな幕開け。いくらありきたりとはいえ、ポーの一族をこよなく愛する乙女(誰や!!!)としては、前のめり以外の姿勢はありえない。他人事限定だけど、ブットゲ(※1)ちゃんのおかげで倒錯趣味にも免疫あるし~~。

お話は結構オールドソックス(くさいかも……)!!
とあるおどろな夜、ひとりのハンサム紳士が老女ネクロマンサー・カーネイションのすみかを訪ねます。
そのハンサム紳士、エドワード・ラルストンは、どうにも妻の死をあきらめきれず、「どうか生き返らせてくれっ」と無茶を言いにきたのです。

 ■続き

……ってあらすじは結構どうでもいい。
アタイが、ここでヒトコト言いたいことは、エドワード・ラルストンのハラリの前髪が色っぽ~い~~!!!!ってことに尽きるのです。それだけでDVDのモト取り60%達成!!

その後の展開はまぁ、べつに普通。
主人公はオルフェウスとエウリディケでもなし、イザナギとイザナミでもないので、「一応生き返らせてあげるけど、決して振り向いちゃいけないよ!!」ってネタじゃーなかったです!!!
ぶっちゃけ,死体が生き返ったら、そりゃゾンビやがな!!っという、まったくフツーの展開です!

ただし、ちょくちょく細かい指圧のココロが仕込まれていて、そのツボで経絡を結べば、たぶん整体師さんが発狂する!!!
ヘッケルとドクターのやりとりの間中、胸が開きっぱなしの死体とか、わざわざパンの上にある首吊り死体とか、脇役ゾンビのほほえましい背景っぷりとか、ストーリーに直接影響のない、細かいサービスの盛りが良い!!
けど、死んでも死んでも死んでいる(?)、犬だけはさすがに涙を誘う!!

まぁ、60分のテレビものであるゆえに、本気を出す前に終わるんですが、デザート皿に小高く盛られた、一点豪華な三時のオヤツが、小腹を格調高く満たしてくれるカンジ!!!!

なんつっても、「ゾンビとのエッチじゃないとカンジない美女」に惚れるジレンマ!!つーのはさすがに開いた口がふさがらないほど、ネクロマンティックを越えている!!!……と思います。
アーンド、同じ語って聞かせる物語でも、ビヨンド・ザ・リミットとは偉い違いなのでひと安心!

そんなワケで、ナニはともあれ、あーあ、おもちろかった!!と言っておこう!!

※1 ユルグ・グットゲライト(ネクロマンティック・死の王などを撮って、本国ではことごとく上映禁止処分を受けているヒト)

(2007年5月)

「ヘッケルの死霊」データ

マスターズ・オブ・ホラー第12話 ヘッケルの死霊
HAECKEL'S TALE  2006年 アメリカ

監督
  • ジョン・マクノートン
出演
  • デレク・セシル(医学生ヘッケル)
  • ジェラルド・プランケット(ドクター・ハウザー)
  • ジョン・ポリトー(ネクロマンサー・モンテスキー)
  • トム・マクビース(ウォルフラム)
  • スティーヴ・ベーシック(ラルストン)
  • ミッキー・マウンセル(ネクロマンサー・カーネイション)
  • リーラ・サヴァスタ(エリーズ)
  • ジル・モリソン(レイチェル)