ミーハーdeCINEMA

ミーハーが、盛大にネタバレしながら映画感想をつぶやいてます。

ヘルボーイ

Hellboy(2004)/ギレルモ・デル・トロ

ヘルボーイ

ロン・パールマン大快挙

ギレルモ・デル・トロ監督が好きなんです!

デビルズ・バックボーンのような映画も好きだけど、こおゆうポップにとっ散らかって、イキイキしている映画も撮ってくれるの、めちゃ嬉しい!!

そもそも、ヘルボーイとはアメコミのヒーローなんだけど、特にアメコミとか読んでなくとも、映画を見るだけで面白い。
これって、アメコミ物の映画のなかでは、異色の親切さなんじゃない?


冒頭、魔界の幼児が、あの歴史的に大活躍なラスプーチンさんによってこの世に召喚されるのですが、運よく人の良い博士のもとで、スクスクと成長するのです。
やがて、見てくれは押しも押されもせぬ、おっさんになりました!!
おっさんに見えても、魔界年齢はまだまだオコチャマ!たぶんいま思春期だから恋もするけど、顔は赤いがまだまだケツは青い(?)のでスネたりグレたり、カッコつけたり恥ずかしがったり!


根が赤鬼なので常識がちとズレていて、髪型もちょっと江戸時代!でもデコのツノはちゃんと削って身だしなみには気をつけてるぜ!!という、かなりいなせなキャラなのです。

ゆえに主役はトビー・マグワイアでもベンアフレックでもない!ああ、初主演おめでとう!!!とみんなが心から拍手を送るゴリラ男、ロン・パールマン54歳。
アタイも、アタイも嬉しいよぉぉぉぉぉ!!!

 

スポンサーリンク  

 

ともかく、ヘルボーイというキャラが、正真正銘かわいらしい。
たとえお肌が、おろし金のごとき凶器に見えても、思わずほおずりしてヨシヨシしたくなるようなカワイさです。萌えます。

召還時はまだ幼児だったとは言え、チョコバーひとつちらつかせれば、簡単になつく単純な性格。もちろん、おかあさん手作りのクッキーも大好き(余談)!!

そんな、アメリカンな大はしゃぎキャラを、ロンパールマン自身の個性が、かなり激しくバックアップ!!
おかげで、「色も味も濃くて添加物だらけだらけだけど、みんなが大好きな駄菓子屋さんのお菓子」みたいな、キャラクターが大完成してました。

 

ただ、火の化身のくせに武器は銃だし、敵の倒し方は、意外と地道?
むしろヒロインのリズ(セルマ・ブレア)の方が、いざとなったら豪快でオトコマエ(汗)。青い炎でもって、悪いおんどれらを、モノノみごとにいてもーてまう。

この変な、ヒロインとヒーローのバランスがいいなぁ!
まぁ、ウルサイ女を立てておくほうが、モメゴトなく安心、みたいな万国共通の暗黙の了解もあるのかなぁ。
実際、この映画で、セルマ・ブレアがはじめてすっごく魅力的に見えた!

さらに、今回はネジを巻いて二刀流、なポーズもカメラ目線な「クロエネン」と、殺してもまた居る「サマエル」がツボビンゴ!
おかげで、こんだけ軽薄な映画にもかかわらず、ココロの殿堂入りが決定しました。(どんな基準やねん)

アタイは、アタイは、雨の日も雪の日も、デル・トロ監督についていくよ!!

2004年10月

「ヘルボーイ」データ

Hellboy 2004年 アメリカ

監督

  • ギレルモ・デル・トロ

出演